BT

InfoQ ホームページ Contracts & Negotiation に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • エンタープライズコンテンツ管理にインテリジェンスを提供するために、GoogleはDocument Understanding AIをリリース

    最近のGoogle Cloud Next Conferenceで、GoogleはDocument Understanding AIと呼ばれる新しいベータ版の機械学習サービスを発表した。このサービスはエンタープライズコンテンツ管理(ECM)の業務をターゲットにしており、人工知能(AI)と機械学習(ML)を使用して、顧客が非構造化コンテンツからキーバリューペアを編成、分類、抽出できるようにしている。

  • リーンにアジャイルを加えるToyota Connected

    リーンプロダクト開発にアジリティを加えることで、Toyoa Connectedでは、より早いデリバリ、より高い品質、より低いコストの実現を可能にした。Nigel Thurlow氏は、Lean Digital Summut 2018で"Lean is NOT enough"と題して講演し、コロケーションチームやアウトソースチームにおけるアジャイルの実践方法、ポートフォリオ計画をエグゼクティブ優先モデルにすることによるビジネスアジリティの向上,などについて話した。

  • アジャイルな振る舞いを可能にするための契約

    InfoQはMartin Kearns氏にインタビューし、アジャイル契約がウォーターフォールプロジェクトの契約とどう違うのか、契約がスコープの変更や、開発中の大きな障害や遅延をどう扱えるのか、契約がアジャイルな振る舞いを可能にし、アジャイルマインドセットに基づき、全員を巻き込んで仕事をするのにどう役立つか、そして組織がアジャイルに契約を使いたい場合に、弁護士が持てる役割について聞いた。

  • ソフトウェア契約における#NoEstimates

    InfoQはVasco Duarte氏にインタビューして,プロジェクト規模の設定と合意,契約の締結,信頼の確立といったニーズに直面する契約環境において,どうすれば#NoEstimatesテクニックを適用できるかを聞いた。

  • フレキシブル・コントラクトのテンプレートが公開,入手可能に

    Agile 2013カンファレンスでアジャイル開発をサポートするフレキシブル・コントラクト(Flexible Contract)モデルを発表したSusan AtkinsonとGabrielle Benefieldの両氏は,ひとつのバージョンをクリエイティブコモンズ・ライセンスの下でリリース,ダウンロード公開した。

  • 変化と永続性

    企業間取引における損失や争議を回避しつつ,アジャイルソフトウェア開発を採用するにはどうすればよいのだろうか。法律専門家はリスクを問題視し,変化を克服するために永続性を求める。しかし複雑なソフトウェア開発では変化に適応することも必要だ。今回の記事はこの議論における見解のひとつを要約したものだ。

  • アジャイル契約プライマをダウンロードしよう

    Tom Arbogast氏、Bas Vodde氏、そして、Craig Larman氏が、近々出版されるリーンとアジャイルに関する本のサンプルを公開した。公開された章では、アジャイル開発のための契約書を書くという難しい話題を扱っている。

  • アジャイル契約

    ほとんどのソフトウェア契約は,固定的なスコープ/コスト/スケジュールという,ウォーターフォール方式のアプローチを念頭において書かれています。 この記事では,アジャイルソフトウェアプロジェクトの契約を記述する方法についてのアドバイスを提供します。以下、RSS feed / longer summary (max 400 chars)です。 従来のウォーターフォールモデル手法,すなわち要件を定義し,サプライヤが価格を提示して,両者が法的拘束力を伴う契約書にサインする,というやり方は,企業が何かを購入する場合にはとても都合のよいものです。しかしこの方法で記述された契約書には,アジャイルアプローチを使った開発に必要な自由がほとんどありません。この記事では,サプライヤと顧客がアジャイル開発の契約を締結するために利用可能な,4つの異なったモデルを検証しています。

  • リーンやアジャイルの契約書の書き方

    アジャイルやリーンのプロジェクトは従来のプロジェクトとは違う。ではこれらのプロジェクトの契約はリーンやアジャイルの概念をサポートしているだろうか。それとも邪魔になっているか。この記事ではリーンやアジャイルプロジェクトの効率的な契約書の書き方についていくつかのヒントを紹介する。

  • アジャイルを採用するためにRFPを使う

    大組織や大プロジェクトではアジャイルではないパートナー/ベンダー/サプライヤーにアジャイルなチームが拘束される事を目にするのは珍しくない。結果として軋轢が起こり、エネルギーを無駄にする。その一方解決策は"よりよいチームを雇う"のように見えるかもしれない。Scott Ambler氏は問題の根を示し、RFPを作るよりもよい戦略を提供している。それはアジャイルなチームを引き込むことである。

  • アジャイル・ソフトウェア開発における契約

    アジャイル・マニフェストには「契約交渉における顧客との協力」と記述されているが、多くの開発者や企業にとって契約とは現実味を帯びるものである。Peter Stevens氏は、10種類の開発契約について分析し、それぞれの形態がどの程度アジャイル・プロジェクトに適合するか明らかにした。また、氏は、固定価格やタイム・アンド・マテリアルよりもはるかにふさわしい組合せを見出した。

  • 再利用可能なアジャイル契約を作成するワーキンググループを結成

    OpenPlansのワーキンググループは、現在、「Money For Nothing, Change For Free」というタイトルのアジャイル契約に取り組んでいる。これは、顧客の参加をかなり重要視するものである。顧客は、機能の優先順位付け、スプリント計画、機能の満足する状態の記述、そして、スプリントレビューに深くかかわることを要求される。

  • アジャイルPMが顧客の靴で一マイル歩いてみる

    Ternary SoftwareのCOOのAlexia Bowers氏は、Ternaryで多数のプロジェクトを率いてきた。昨年、彼女は顧客(プロダクトオーナー)の役割を演じ、そして、それがどのようなものであったのかを、プレゼンテーションで話してくれた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。