BT

InfoQ ホームページ CSS に関するすべてのコンテンツ

  • JetBrains、ReactベースのRing UI 1.0 Web UIコンポーネントをリリース

    Ring UI 1.0がリリースされた。ライト環境およびダーク環境におけるコンポーネントの新しいビジュアル言語を導入し、CSSプロパティとモジュールのサポートを追加し、新しいMessage、Tabs、Toggleコンポーネントを追加する。

  • macOSのダークテーマ、可変フォントなどをサポートするMozilla Firefox 62

    MozillaがFirefox 62をリリースした。このバージョンでは、可変フォントやMacOS Mojaveでのダークテーマ自動対応、Androidでのスクロールの改善などが提供されている。

  • WebhintオープンソースLintingツール

    webhintプロジェクトは、アクセシビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに関する問題をチェックするためのオープンソースのlintingツールを提供する。 WebサイトやWebアプリの作成には、詳細まで完璧なものが増えている。webhintは、開発者がこれらの詳細を覚えておくのに役立つ。

  • Bootstrap 4がリリース、しかしその必要性に疑問も

    3年の開発期間を経て、フロントエンドフレームワークのBootstrap 4がリリースされた。しかしながら、Mark Otto氏が最初にコミットしていた頃とはWebの世界がまったく変わっていることから、その必要性には疑問が持たれている。

  • Google Chrome DevToolsのアップデート

    Chrome DevToolsの次のバージョンには、開発者が高速なWebページを構築するのを助け、複雑な非同期コードのデバッグを容易にする、数多くの新機能が含まれている。Google I/O 2017で、Paul Irish氏がこれら数多くの新機能について紹介した。

  • Next.js 2.0リリース

    ZeitがユニバーサルReactフレームワーク、Next.jsのバージョン2.0をリリースした。新バージョンはバージョン1のシンプルさを保ちながら、最近のアプリケーションでよくある必要な機能を追加している。さらに彼らは、Reactコンポーネント用のCSSを書くための新たな方法を作り出した。開発者は再び標準のCSSを書けるようになる。

  • JavaScript関連ツールの2016年状況調査

    Ashley Nolan氏が4,715名のフロントエンド開発者に、2016年に使ったツールについて質問した。多くの開発者はjQueryを使い続けているが、ReactとWebpackがエコシステムを支配しはじめているようだ。

  • Next.js: ReactベースのシンプルなUniversal JavaScriptフレームワーク

    Next.jsはReactベースのUniversal JavaScriptフレームワークだ。シンプルなセットアップを持ち、Reactコンポーネントモデルを拡張して、サーバーベースのコンポーネントレンダリングにクライアントでレンダリングを継続できる機能を提供する。

  • Bootstrap v3の定期的メンテナンスが終了

    人気の高いフレームワークであるBootstrapのメンテナが,現行バージョンであるBootstrap v3のメンテナンスを終了すると発表した。バージョン4の最初のアルファ版がリリースされて1年以上経つが,ベータ版にはいまだ到達していない。開発をスピードアップするためにMark Otto氏(Bootstrapの開発者)は,バージョン3の定期的メンテナンスの全面終了を決定したのだ。

  • Bootstrapバージョン4のαリリースが発表される

    Web UIフレームワークBootstrapのバージョン4が発表され、そのα版がリリースされた。これはメジャーアップデートであり、よりモダンなWebテクニックを取り入るとともに、古いブラウザのサポートをドロップする。

  • 優れたWebフロントエンド開発者になるには

    この記事では、二人のエンジニアが書いたWeb開発者のためのアドバイスを紹介する。一人はおすすめの有用なツールとテクニックについて、もう一人はブラウザ向けに書くときに遭遇する課題への対処についてアドバイスしている。

  • 待望のFirefox 39リリース,安定性の問題で予定に遅れて

    MozillaがFirefox 39をリリースした。サードパーティアプリに起因する当初の安定性の問題が解決されている。待望久しい今回のリリースには,CSSスクロールスナップポイントのサポート,新しい共有機能,改良された開発ツールなどが含まれるとともに,クリティカルなバグがいくつか修正されている。

  • GoogleがCSS、HTML、JavaScriptにマテリアルデザインを導入

    Google マテリアルデザインライト (MDL) は、ウェブサイトでマテリアルデザインのルック&フィールを利用できるようにするものだ。マテリアルデザインは、Android標準のビジュアル言語であり、Googleによるとクロスプラットフォームでの利用が可能だ。

  • MozillaはFirefox Developer EditionのCSSアニメーションインスペクタをメジャーアップデートリリースした

    Mozillaは、Firefox Developer Edition 40をリリースにおいて、CSSアニメーションインスペクタをメジャーアップデートした。FirefoxのエンジニアリングのディレクターであるDave Camp氏は、開発者が、ひとつの効果を与えるために複数のWebアニメーションを組み合わせることが一般的であると考え、選択したノードと子ノードのすべてのCSSアニメーションを見えることができるようになる。とInfoQに語った。

  • AndroidとiOSのハイブリッドアプリを実現するSupersonicフレームワーク

    AppGyverはSupersonicを発表した。これは、"真のネイティブパフォーマンス"を実現するAndroidとiOS用のハイブリットモバイルアプリをビルドするための新しいフレームワークだとAppGyverは言う。ハイブリットアプリ設計の新しいアプローチを採用したおかげだ。また、SupersonicはSteroidsに統合されている。Steroidsは、ハイブリットアプリのためのクロスプラットフォームIDEだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。