BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ CSS に関するすべてのコンテンツ

  • Minze:Webコンポーネントを作成するためのコンパクトなJSライブラリ

    Minzeは最新のJavaScriptライブラリである。Webコンポーネントを作成する際の多くの難題を抽象化している。最小限のオーバーヘッド(MinifiedかつCompressedで2kb)で提供され、開発者のための優れた人間工学が考慮されている。

  • 11のCSS-in-JSライブラリの比較調査 - Andrei Pfeiffer氏のReact Finland 2021での講演より

    Andrei Pfeiffer氏は先頃、CSS-in-JSライブラリの比較調査を実施し、その結果について講演した。React Finland 2021で行われた講演の中でPfeiffer氏は、静的および実行時(ランタイム)というCSS-in-JSライブラリの違いに注目した上で、それぞれのカテゴリと、ブラウザのキャッシングがパフォーマンスに及ぼす影響について説明した。

  • デザイナと開発者の作業受け渡しを合理的にする - Travis Arnold氏のReact Finland 2021での講演より

    Travis Arnold氏は先日、JSXとコンパイラのテクノロジを組み合わせて使用することによって、デザイナと開発者の作業の受け渡しをより効率的にする方法について講演した。紹介されたアイデアは、公開されているツールやライブラリとしてはまだ実現されていないが、自身をデザイナ兼開発者だと称するArnold氏のアイデアは、コラボレーションの改善方法として有用な可能性がある。

  • FacebookがCSS-in-JSソリューションのStylexをReact Finland 2021で発表

    Facebookのソフトウェア技術者であるNaman Goel氏は、先日のReact Finland 2021でStylexについて講演した。Stylexは新しいfacebook.com Webサイトで使用されたFacebook独自のCSS-in-JSソリューションで、大規模ReactアプリケーションにおけるCSS-in-JSの主な問題点(使用されていないスタイル、CSSファイルの肥大化、CSS-in-JSライブラリのサイズ)を軽減する。Goel氏によると、2021年末までにオープンソースとして公開される見込みである。

  • Ionic PortalsでWebアプリのiOS/Androidネイティブコードへの統合が容易に

    Ionicは、自社の新たなWebビューコンポーネントのIonic Portalsについて、iOSやAndroid上で使用可能なネイティブWebビューコントロールの"スーパーチャージ"バージョンだ、と説明する。その目的は、Webアプリをネイティブコードに効率よく、簡単に統合できるようにすることだ。

  • ピュアCSSチャートライブラリのCharts.CSS

    Charts.cssは、CSSとHTMLのみに依存する新しいデータ視覚化ライブラリである。JavaScript/Canvasの使用を回避することで、既存のソリューションでのアクセシビリティの課題の多くを回避できる。それと共に、縮小化およびgzip圧縮することでバンドルサイズを10kb未満に維持する。

  • Web年鑑 Mega Studyが、人気のあるフロントエンドフレームワークは依然としてWebのごく一部であることを明らかにした

    HTTP Archiveは、Webの状況の年次報告書であるWeb年鑑 2020を完成させた。レポートは、4つのセクション (ページコンテンツ、ユーザエクスペリエンス、コンテンツの公開と配布など) で構成された22の章で結論をまとめている。jQueryは依然としてWebの80%だ。CSS Houdiniはほぼ使用されていない。2020年のWebサイトの中央値は400KBのJavaScriptをリリースし、2019年より14%多くなっている。などである。

  • Vue3のネイティブCSS変数テンプレートとの統合検証

    Vue 3は、2年間の作業に続く大規模なリリースで、昨年9月に出荷された。 Vue開発者は、どのようにコンポーネントの状態がコンポーネントのスタイルに関連するかを単一ファイルのコンポーネントテンプレートで宣言的に記述することができるようになった。実験的な機能はCSS変数に依存するものである。これは、フレームワークに依存しない設計システムを実装するために使用されてきた、最新のブラウザのネイティブ機能である。

  • Tailwind CSS V2.0 - 最初のメジャーアップデート

    人気のユーティリティフレームワークであるTailwind CSSは最近、最初のメジャーアップデートをした。ダークモードのサポート、拡張カラーパレット、フォームサポートの改善、他にコミュニティからリクエストされたの多くの機能など、大幅な改善が提供される。

  • レスポンシブデザインを越える“レスポンシブWebサイト” - Killian Valkhof氏のHalfStackでの講演より

    Web開発者にフォーカスしたPolypaneブラウザを開発したKilian Valkhof氏は、HalfStackカンファレンスで、Web開発者とデザイナがレスポンシブデザインから一歩進むことによって、さらに優れたユーザエクスペリエンスの提供を可能にする、新たな方法について講演した。最新のブラウザ機能を用いることで、ユーザの嗜好や環境、ネットワーク条件、デバイス機能に適応することが可能になるのだ。

  • Vanilla JSの108の一般的なDOMタスク:HTML DOMプロジェクト

    オープンソースプロジェクトのHTML DOMは、一般的なDOM操作タスクを実行する100を超えるvanilla JavaScriptのスニペットを提供する。タスクの難易度は、些細なもの(要素のクラスを取得する)から高度なもの(サイズ変更可能な分割ビューを作成する)までさまざまである。このプロジェクトは、教育目的や、低レベルのDOM処理を自分で行う必要があるコンポーネント開発者にとって有益である。

  • Safari 13.1リリース

    Safari 13.1は先頃、macOS Catalina、iPadOS、iOS、およびwatchOS向けにリリースされた。Safari 13.1は、WebKitエンジン、プライバシー、パフォーマンス、およびWeb開発者のエクスペリエンスの向上に努めている。

  • webhint、Web開発者にベストプラクティスを提供

    新しいMicrosoft Edge開発者ツールのプロダクトマネージャRachel Simone Weil氏は先日、OpenJS worldで講演を行い、webhintがWeb開発者のベストプラクティス実装をいかにサポートするのか解説した。

  • IonicがShadow Partsでカスタマイズを改善

    Ionic Frameworkは最近、CSS Shadow Partsという次期W3C仕様を採用した。これによりコンポーネントのテーマ設定と変更が簡単になる。

  • Electron 8のリリースで、呼び出し元スタックロギング、HTTP解析の代替手段が導入された

    最近のElectron 8.0、8.1、および8.2リリースでは、JavaScript、HTML、およびCSSを使用してクロスプラットフォームデスクトップアプリを構築するためのフレームワークに大幅な改善が加えられた。これらのリリースのハイライトは、メインプロセスとレンダラープロセス間の通信のパフォーマンスの向上、コールスタックの制御の向上、パッケージ化されたElectronアプリでのHTTP解析NODE_OPTIONの追加などがある。

BT