BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • あなたはイノベーションの障害か

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • ソフトウェアアーキテクチャのためのC4モデル

    ソフトウェアアーキテクチャ図は非常に便利なコミュニケーションツールではありますが、多くのチームが図を作成することを縮小しています。また、図を作成したとしても、しばしば混乱と不明瞭さを抱えています。C4モデルは、コンテキスト、コンテナ、コンポーネント、コードといった一連の階層的なソフトウェアアーキテクチャ図で構成されています。

  • Spring Framework 5でのサーブレットとリアクティブのスタック

    Spring Framework 5は伝統的なサーブレットベースのものとリアクティブなwebスタックの2つを同一のサーバアプリケーションにおいてサポートする。これはアプリケーションにおける非同期でノンブロッキングな並行性への大きな、全体的な移行を反映している。この記事ではSpringのコミッタであるRossen Stoyanchevが2つのスタックを調査比較、取り得る選択肢の範囲を説明し、これらのスタックから選択する際のガイダンスを提供する。

  • GDPRについてソフトウェアエンジニアは何を知るべきか?

    EU一般データ保護規則(GDPR)は、移行期間を経て、この夏に施行されます。GDPRは、リスクベースの考え方を特に強調します。リスクが許容できるものになるまで、プライバシのリスクを軽減するためのあらゆる手段を取ります。ソフトウェア開発者として、これはあなたに影響します。これはあなたが知っておくべきことです。

  • 引退するメインフレームプログラマたち - その対策は?

    私たちは新しい言語やフレームワークやアーキテクチャに夢中で、メインフレームアプリケーションの価値を忘れています。メインフレームは世界のトランザクションの70パーセントを処理する一方で、そのプログラム要員は退職の進むベビーブーム世代です。ディジタル世代はメインフレームのキャリアに関心を示していません。この記事ではメインフレームアプリケーションの現状と、マネジメントに対する苦言、詳細なソリューションの提言を行なっています。

  • TDDはOCD(強迫性障害)の一種か?

    開発者が自分自身のコードのテストや相互テストを行なう機会が増えています。“評価不安”とは、セルフテストやチームテストによって直接影響を受けることで生み出される、一般的な心理学的症状です。TDDなどのプラクティスは、コーダを批評から保護するための防御メカニズムなのでしょうか。それに対して、振る舞い駆動開発(BDD)のようなメカニズムの台頭は、より感情的に平和なアプローチの出現を表すものなのでしょうか?

  • エンタープライズ向けオープンソースのJava ORMフレームワークReladomoを導入する

    Reladomoは業界をリードする投資銀行であるゴールドマン・サックスで主要なJava ORMとして使われ、現在はオープンソースとして公開されています。 この記事では、ゴールドマン・サックスのテックフェローであるMohammad RezaeiがReladomoについて詳しく説明いたします。

  • コードレビューをより効果的にする方法

    コードレビューは間違いなく品質向上と知識の共有に寄与する。この記事ではコードレビューで確認する幅広い項���を列挙し、パフォーマンスとセキュリティの二分野に関して詳細を掘り下げる。

  • 【QCon Tokyo 2016】マクニカネットワークス株式会社 根本 竜也 氏 セッション紹介:モダン化が進むソフトウェア開発環境に取り入れるべき最新のツール事情

    2016年10月24日のQCon Tokyo 2016にてご講演いただきました根本竜也氏(マクニカネットワークス(株)所属/データインテリジェンス営業部)の講演「モダン化が進むソフトウェア開発環境に取り入れるべき最新のツール事情」について、ご紹介させていたきます。

  • 【QCon Tokyo 2016 エンジニアトラック 鈴木雄介氏 本人による講演レポート】 アーキテクチャ設計のジレンマと拡張構造としてのマイクロサービスアーキテクチャ

    2016年10月24日のQCon Tokyo 2016にてご講演いただきました鈴木雄介氏(グロースエクスパートナーズ(株)執行役員/日本Javaユーザーグループ 会長)の講演「今どきのアーキテクチャ設計戦略」について、以下ご紹介させていたきます。

  • より良いチームを作るためのエクササイズ

    一員になりたいと思えるほど素晴らしい成果をあげるチームに出会ったことはありますか。そのようなチームの価値を調べてみると、メンバと成果の方向性のバランスが完璧であることを見つけるかもしれません。自分のチームがこの状態からどのくらい離れているか調べようとするなら、この記事を読んでエクササイズを実施してみてください。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。