BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • モノリスからマイクロサービスへのマイグレーションで学んだ7つの教訓

    いくつかのマイクロサービス移行で得た経験をもとにした7つの教訓が、共通の課題を克服ないし回避して成功を収めるための一助となることでしょう。

  • マシンラーニングエンジニアとして採用されるには

    マシンラーニングエンジニアになるには採用面接を受けなければなりません。書籍や教育コース、プロジェクトを通じて、関連するスキルを磨くことが必要です。履歴書にはテクノロジ、フレームワーク、プロジェクトを記載しましょう。面接では、技術的な質問や洞察的な質問、プログラム課題などが問われるかも知れません。技術的なタスクを与えられた時には、すでにその仕事を持っているかのようにスキルを発揮してください。

  • 3つの一般的なエンジニアリングの神話を打ち破る

    この記事では、エンジニアを悩ませることが多く、特に現在または意欲的なエンジニアリングリーダである場合に、エンジニアが潜在能力を最大限に発揮できないようにする可能性のある3つの一般的な神話を明らかにします。 また、これらの限定的な信念から離れて自分の人生のシフトを開始するために���ぐに実現できるいくつかの実用的なアイデアを提供します。

  • ロードマップによるアジャイルイニシアチブプランニング

    ほとんどの「アジャイル」イニシアチブは、時間を費やし、前もって予算の設計と計画の1/3を費やしても、その価値、時間、および予算の目標を達成できません。アジャイルイニシアチブロードマップは、製品、プロジェクト、アーキテクチャ、およびUX計画をイニシアチブに追加するので、少ない時間と労力でより長い時間をかけて見ることができます。つまり、低コストではるかに早くメリットを提供できます。

  • Javaに欠けている機能:5年後

    Ben Evans氏は、2015年のJavaの欠落した機能についての見解を再訪し、当時の見解と比較して言語がどのように進化してきたかを比較している。

  • デイリースクラムをゲームで学ぶ - スタンドアップミーティングの5つの機能不全

    あなたのチームのデイリースクラムに”物語り”や”問題解決”、スプリント目標の喪失といった症状はありませんか? 15分以上の時間を要しているのに、関連情報が何も共有できていない、ということはないでしょうか? この記事で著者らは、デイリースクラムを改善する目的で特にデザインされた”Daily Stand-up Game”による治療を処方します。

  • 2020年第一四半期のソフトウェアチームとチームワークのトレンドレポート

    Culture & Methods編集部では、テクノロジーの導入曲線の最前線にあるトピックについてレポートします。例えば、対面でもリモートでも、チームやチームワークをより効果的にする方法にいても紹介しています。新しいツールや技法があり、アイディアの一部は以前からあります。また、勢いを得ているアイディアもあります。プロフェッショナリズム、倫理的な振る舞い、社会や環境に対する配慮です。

  • ソフトウェア開発チームのメンタルヘルスを維持する

    ソフトウェア開発チームで働くということは、しばしばストレスや不安、タイトな締め切りに対処することを意味します。研究によると、開発者は、機械的な作業を行う開発者よりも精神衛生上の問題を経験する可能性がかなり高いことがわかっています。開発者のメンタルヘルスを安定させるための知恵を、Beetroot社の人事心理学者が教えてくれました。

  • 簡単に - ソフトウェア開発のマニフェスト

    たゆまず息もつかずに市場に突進することで、会社を静かに消滅の崖っぷちへと追い込みます。たぶん、それは設計してコードを書く方法を再考する時です。簡単さへの投資は、速さへの投資です。簡単さは知的財産の主鉱脈でもあります。競争上の優位性は、一度失ったら、もう一度手に入れることはほとんど不可能です。

  • アジャイルこそが問題なのか

    "アジャイル"は今や、ありとあらゆる意味を持っています。そしてそれは、何の意味もないのと同義です。多くの組織はアジャイルに疲れており、問題の一部は"アジャイル産業複合体(Agile Industrial Complex)"にあります。アジャイリストは基本に帰り、アジャイル憲章と12の原則の持つ簡明さを取り戻さなくてはなりません。"Heart of Agile"と"Modern Agiile"はその一例であり、シンプルなフレームワークです。社会科学からも、学ぶべきことがたくさんあります。

  • パイプライン駆動型組織 - 真の継続的デリバリの実現

    多くの組織は、継続的インテグレーションまたは継続的デリバリを実装しようとしますが、そのプロセスで行き詰まります。パイプラインの間に存在する人間のボトルネックが多すぎるためです。より良い意思決定を行うようにパイプラインを指導し、人間の判断をパイプラインにオフロードすることで、パイプラインに本番までの意思決定を行わせ、真の継続的デリバリメカニズムを作成することができます。

  • アジャイルチームに対するメトリックの重要性

    この記事では、全体的なパフォーマンスを向上させ、メンバーが継続的に自己改善を目指すチームにとって重要なアジャイルメトリックの重要性を概説します。そこでは、チームメンバーがこれらの指標を民主的に同意し、管理する必要があることを強調しています。また、合意されたメトリックに対するパフォーマンスを経時的に追跡するツールで何を見ていくべきかをアドバイスします。

BT