BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • スクラムとトヨタ生産システム、超強力なチームの構築

    トヨタ生産システムをナレッジ構築システムとして、どのように使うことで、優れたスクラムチームを開発して優れた結果を得るために取り組むべき学習トピックを明らかにするかを説明します。

  • アジャイルマニュフェスト:ソフトウェアアーキテクトの視点

    ソフトウェアアーキテクトの役割と責任はアジャイルソフトウェア開発のためのマニフェストの価値と矛盾していると見えますが、優れたアーキテクトはアジャイル開発チームをサポートするテクニックを見つけています。

  • テストの自動化は予防か、治療か?

    開発チームの多くは、テストの自動化を、ソフトウェアデリバリをスピードアップする手段と考えています。チーム内のボトルネックがそこにある、と思われることが多いためですが、開発プラクティス全体をより深く検討すれば、もっとよい結果を得ることができます。

  • アジャイルアンチパターン:システム思考アプローチ

    アジャイルアンチパターンは、「ソリューション」や「回避策」のように見せかけることがある。この記事では、システム思考アプローチを使用して新世代のアジャイルアンチパターンを認識および分類することの重要性について説明する。アジャイルチームとより幅広いビジネスの間でシステム思考の文化を築くための効果的な手段として、バリューストリームを使用して共有言語を作成および促進する方法を示す。

  • Scrum@Scale: Jeff Sutherland氏(アジャイル憲章の共作者、スクラムの共同創始者)に聞く

    Jeff Sutherland氏はScrum@Scaleを創設して、スケーリングの大きな課題に取り組む組織を支援しています。組織的障害への対処に当たるのは、Executive Action Teamのリーダたちです。

  • アジャイル作業のスケールアップアプローチはなぜ失敗するのか?

    多くの組織がアジリティの拡大に苦慮しています。組織はそれぞれ違いますが,大部分の���織が直面している主な課題には共通のパターンがあります。すなわち,組織デザインの問題,他のコピーをしようとする,”組織規模を問わない”スケールアップ,エンジニアリングプラクティスの軽視です。この記事では,その理由と取るべき手段を論じた上で,3つの主要なスケーリングフレームワークを比較します。

  • サーバサイドJava開発者のためのKotlin入門

    Kotlinは、JVMの新しい言語の1つで、IntelliJを製作したJetBrains社が開発しました。これは、静的型付け言語であり、OOとFPのプログラミングスタイルを混ぜたものを提供することを目的としています。Kotlinコンパイラは、JVMと互換性のあるバイトコードを作成します。そのバイトコードは、JVM上で実行して既存のライブラリと同時に利用できます。この記事では、Java開発者にアピールする主な機能を紹介します。

  • マネージャの視点からのアジャイルの実践

    “完璧は善の敵”、それならなぜうまくいっていることを変えるのだろうか? この記事はアジャイルの実践についての実話に基づいており、あなたは以下の質問に対する答えを見つけるだろう: なぜマネージャはウォーターフォールチームがアジャイルになることを恐れているのか? ウォーターフォールの環境で働くとき、あなたのマネージャはどんなジレンマを抱えるか?さて、変化するべきか、しないべきか?

  • スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • あなたはイノベーションの障害か

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • ソフトウェアアーキテクチャのためのC4モデル

    ソフトウェアアーキテクチャ図は非常に便利なコミュニケーションツールではありますが、多くのチームが図を作成することを縮小しています。また、図を作成したとしても、しばしば混乱と不明瞭さを抱えています。C4モデルは、コンテキスト、コンテナ、コンポーネント、コードといった一連の階層的なソフトウェアアーキテクチャ図で構成されています。

  • Spring Framework 5でのサーブレットとリアクティブのスタック

    Spring Framework 5は伝統的なサーブレットベースのものとリアクティブなwebスタックの2つを同一のサーバアプリケーションにおいてサポートする。これはアプリケーションにおける非同期でノンブロッキングな並行性への大きな、全体的な移行を反映している。この記事ではSpringのコミッタであるRossen Stoyanchevが2つのスタックを調査比較、取り得る選択肢の範囲を説明し、これらのスタックから選択する際のガイダンスを提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。