BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Culture Change に関するすべてのコンテンツ

  • DevOpsにおけるAPIとしての共有データベース

    Sabin.ioのプリンシパル・コンサルタントであるSimon Sabin氏は、先日のWinOps 2017カンファレンスで、継続的デプロイメントモデルにデータベース変更を統合する方法について講演を行なった。複数のサーバないしアプリケーションでデータベースを共有する場合に重要なのは、データベース所有者の観点で見たデータベースをAPIとして扱うことだ。

  • Wyndham Vacation Rentals UK社におけるアジャイルとDevOpsの導入

    アジャイルとDevOpsの導入は、Wyndham社におけるQAの役割にプラスの影響を与えた。ライフサイクルの初期段階における取り組みにフォーカスすることで、バグやポストプロダクション問題の少ない、スムーズなリリースに繋がった。テストすることは共同責任となり、ビジネス部門と顧客はこれまで以上にデリバリーサイクルに関わるようになった。

  • DevOpsスーパーパターン - DOES17 LondonでのJohn Willis氏の講演より

    “The DevOps Handbook”の執筆者のひとりであるJohn Willis氏が、6月5〜6日にロンドンで開催された2017 DevOps Enterprise Summitで、新たに登場したDevOpsスーパーパターン(Superpattern)について講演した。

  • Robert Scherrer氏に聞く - スイス金融センタのバックボーン上のDevOps

    少人数のコアチームによる開始、スキル・組織・プロセス・インフラストラクチャ・アーキテクチャの5つに価値観と思想を加えた5+1次元を中心とするDevOpsアプローチ - SIXは、ITとビジネスの協業のあり方として、それまでのサイロを破壊し、バリューストリームを実現する転換を進めている。InfoQはSIXのソフトウェア開発を率いているRobert Scherrer氏に、導入の経緯について話を聞くことができた。

  • アジャイルによる刷新が必要な人事部門

    人材という考え方は時代遅れであり、刷新する必要がある。Dov Sal氏は最近の記事で、アジャイルな組織に置けるHRの目的を吟味し、HRの実務担当者にはアジャイルなHR開発のためのマニュフェストを導入することを推奨している。同じようにDeloit傘下のBersinもAgile Model of HRと題した記事で人事部門のミッションと注力について大きく変えることについて書いている。

  • Criteoにおけるエンジニアリング文化の進展

    シニアマネージャには、エンジニアリング文化を最重要課題とし、優れたエンジニアリング文化を実現するためのフレームワーク構築が求められる。文化を発展させるには価値が必要だ。その価値は、物事の進め方を規定するルールによって支えられる。

  • New RelicのDevOps

    New RelicのリードソフトウェアエンジニアがNew RelicのエンジニアリングチームがDevOpsで使って��ツールや実践している考え方についてサマリを書いている。DevOpsの役割の進化や、自分たちの製品を含む利用しているツール、この文化の目に見える利点について書いている。

  • フィンランド国営放送Yleにおけるリーンとアジャイルカルチャー

    リーンとアジャイルをスケールすることはフレームワークの問題ではない -  価値、原則、そしてマインドセットの問題なのである。Yle の会社経営層は、実験を行うこと、学習して実施することにより、アジャイルトランスフォーメーションに深く関わってきた;フレームワークを実装したことによるのではない。マジックは、あらゆるレベルにいるチームの人々と一緒に作業することで起きる。

  • ティールパラダイムを取り入れる

    ティールパラダイム(Teal Paradigm)の適用は、チームメンバによる関与の向上に寄与し、チームの成長を可能にする。ティール指向の組織は、自らを“生物”と考える – 人を中心として、従業員に解放感を与え、人をリソースと見なすのではなく、彼らの持つリソースを求めるのだ。

  • 従業員エクスペリエンス - 人々が仕事をしたいと願うようにするには

    基調講演でベストセラー作者,そして新たな仕事のあり方を探求する世界最先端組織であり,グローバルイノベーションの協議会であるThe Future of Work Communityの創立者に名を連ねるJacob Morgan氏がCiscoと共同で,人々が出社したくなるような優れた従業員エクスペリエンス(employee experience)を実現する上で,組織の取るべき振る舞いに関するウェビナを行なった。

  • サードパーティ製ツールがAdidasのパフォーマンス(と文化)をいかに損なったか

    靴と服の巨大メーカのIT部門は,パフォーマンスを損なうサードパーティ製ツールのコントロール不能な拡散をいかにして抑え込んだのか。問題はさらに,ビジネスとIT部門の間に生じる非難の文化にも関係する。解決の鍵となったのは,パフォーマンスデータとユーザエクスペリエンスの検証を重視する,新たなサードパーティのガバナンスプロセスだった。

  • QConSF: 基調講演 - 第2幕

    QCon San Fransiscoで2番目に基調講演を行なったのはMichael Lopp氏だ。“The Second Act”と題された講演の中で氏は,企業が単一製品の段階を脱して製品開発ビジネスを構築する時に必要な文化変革について検証した。

  • Esther Derbyの変化を起こすための6つのルール

    Esther Derby氏は変化が必要なときに使える6つのルールを特定した。これにより取り組んだ人が尊重され、変化にある複雑性を認められる。変化を起こすための共感、過去の知識、そして実験への意欲に基づいた環境を作ることが、変化のストレスを少なくする。

  • レトロスペクティブを越える継続的改善

    継続的改善(continuous improvement)を望むならば,まずはレトロスペクティブから始める方法もあるが,マネジメントの変革や文化の改革,イノベーションによって,さらに先に進まなければならない。組織の変革を実現する上で最も重要なのは,新たな習慣を作り上げること,文化を変えること,この2つだ。

  • マイクロサービスとはすなわち分散システムである

    マイクロサービスへの移行はすなわち分散システムへの移行であり,レイテンシや自動化,権限と認証,メッセージの不達といった事態に対処しなくてはならない — Sander Hoogendoorn氏はこのように主張する。マイクロサービスによって大規模なシステムをより小さなコンポーネントに分割することで,アーキテクチャ全体のコントロールを取り戻すことができるのだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。