BT

InfoQ ホームページ 顧客要求 に関するすべてのコンテンツ

  • 顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね

    Natalie Warnert氏はAgile 2018で、The customer is not always right, and neither are you!(顧客が常に正しいとは限らない、あなたもね!)というタイトルで講演し、いかにして正しいものを作るようにするかを聴衆に思い出させた。彼女は、チームがはまる3つの落とし穴、不適切な顧客(Incorrect Customer Trap)、早計な解決策(Premature Solution Trap)、データ溺れ(Drowning in Data Trap)と、その回避策を紹介した。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • Googleのコグニティブへの投資:Cloud Speech APIが一般利用可能レベルに到達

    最近のブログ投稿において、Googleは自身のCloud Speech APIが一般利用可能(GA)となったことを発表した。このCloud Speech APIにより、開発者は動的な翻訳に加え、動画、画像、そしてテキストの解析のような、認識処理のための訓練済み機械学習を利用可能になった。Cloud Speech APIは昨年の夏にオープンβの形で開始された。

  • かんばんを用いたイノベーション

    Patrick Steyaert氏がLean Kanban Benelux 2015とLean Kanban Central Europe 2015という2つのカンファレンスで,かんばんを使用したリーンイノベーションについての講演を行った。InfoQは氏とのインタビューで,イノベーションに対する主要な障害,イノベーション管理への"気付きかんばん(discovery Kanban)"の利用,イノベーションのための才能開発などについて聞くとともに,ビジネスモデルキャンバスやリーンキャンバス,あるいはその他の思考ツールとかんばんとの併用事例についても尋ねてみた。

  • インタラクティブなプロトタイプを用いた要求事項の定義と管理

    近年の開発における要件定義と要件管理,アジャイルチームでの要件の扱いと開発業務で直面する問題点,顧客要求の伝達という面でのインタラクティブな図やプロトタイプの利用,インタラクティブなプロトタイピングのリーンスタートアップへの応用,要件定義および要件管理の将来に関するインタビュー。

  • ギリシャにおけるアジャイルとリーンの採用事情

    ギリシャでは,中小規模の企業がアジャイル的な作業方法を導入しているのに対して,大規模な組織の実例はそれほど多くない。その一方で,地元企業のアジャイルに対する関心は高まっている。アジャイルミートアップでは,スクラムとかんばんのどちらを採用すべきか,スタートアップとスクラム,固定価格とスコープ契約,生産性,チームでの幸福感といった話題が議論されている。

  • AXA Digital Agencyのイノベーション

    AXA Digital Agencyは,AXAのディジタル移行をサポートするために,デザイン思考やMVP(Minimum Viable Product, 実用最小限の製品)デプロイメント,グロースハック(Growth Hacking)といった,リーンスタートアップのアプローチを展開している。この記事ではYves Caseau氏とのインタビューから,イノベーションの重要性,リーンスタートアップアプローチの採用,MVPとグロースハックの利用から学んだこと,イノベーションを目指す上でのアドバイスを紹介する。

  • Jørn Larsen氏に聞く; チームワークとユーザ協力

    Tirforkの共同設立者でCEOのJørn Larsen氏がGOTO Amsterdam 2015カンファレンスで,“Waste Is a Crime: Don’t Waste Your Team”と題したプレゼンテーションを行った。InfoQはLarsen氏にインタビューして,ソフトウェア製品開発のための“Perfect World(パーフェクトワールド)”とは,多数のユーザの意向を調整するには,ソフトウェアチームにとってなぜ“Waste is a Crime(無駄は罪)”なのか,フローが重要なのはなぜか,フローを確立するために何ができるのか,などを聞いた。

  • State of Testing 2015報告書が公開

    “state of testing 2015 report”は,テストに関する今年の調査結果を公開した。PractiTestのJoel Montvelisky氏とTea-Time with Testersを主催するLalit Bhamare氏が取りまとめたものだ。テストの技術やプラクティス,自動化の採用状況に加えて,テスト担当者が直面している課題に関する見識を与えてくれる。InfoQは主催者である両氏にインタビューした。

  • アジャイル,DevOps,自社製品の社内利用

    DBmaestro共同創設者でCTOのYaniv Yehuda氏にインタビューした。彼らがアジャイル開発をどのように実行し,DevOpsを利用しているのか,継続的デリバリや困難だと言われるアジャイルプラクティスをどのように実践しているのか,さらにはアジャイルやDevOpsプラクティスを使うことによって,どのようなメリットを得られているのだろうか。

  • 振る舞い駆動開発入門

    振る舞い駆動開発(BDD/Behavior-Driven Development)は,開発対象に対する開発者の理解と,要件によって生じる技術的課題に対するビジネス側の理解とのギャップを克服するために有効だ。その理由は,2つのグループ間のコミュニケーション促進にある - Alistair Stead,Konstantin Kudryashov両氏は,BDDの初心者向けガイドの中で,このように説明している。

  • PMIがBusiness Analysis CertificationとPractice Guideをローンチ

    先日のProject Management Institute Global Congressで,Business Analysis Practice Guideが発表された。今年11月にローンチされた,PMI-PBA(Professional in BusinessAnalysis)を補完するものだ。InfoQではBusiness Analysis and Requirements Program Managerを務めるDave Bieg氏に,今回のPractice Guideと認証について話を聞いた。

  • 定量的かつ正確にソフトウエアの価値を定義する

    製品の本当の要件は必要な機能や提供されるべきユーザストーリーではない。顧客が製品を買うことで得られるパフォーマンスの向上の可能性が本当の要件だ、とMatteo Vaccari氏は言う。XP Days Benelux 2014カンファレンスで、氏はAntonio Carpentieri氏とともに、顧客が必要な価値を定義することについてワークショップを開催した。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄��排除するには、ジャストインタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

  • 自動車システムのためのアジャイルテスティング

    アジャイルテスティング(Agile Testing)は,自動車システムのソフトウェア開発に応用することができる。アジャイル手法を自動車に適用するには,Automotive SPICE-Vモデルをアジャイルに適用することが必要だ。アジャイルとSPICEを組み合わせた成果として,Xavier Martin氏は,QA&Test 2014カンファレンスでのプレゼンテーションで,"集中的な自動テストとクライアントのデモンストレーションが,よりよい製品を生み出し,顧客満足を向上するのに役立っています",と述べている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。