BT

InfoQ ホームページ データアクセス に関するすべてのコンテンツ

  • SpringOneでR2DBCが発表された

    ワシントンDCで開催されたSpringOne Platformにおいて、R2DBCが発表された。これはリアクティブプログラミングの観点からリレーショナルデータベースに対して新たに設計された実験的なAPIだ。ADBA仕様に影響を与えることを最終目標としている。

  • AppDynamicsが欧州向けに新たなSaaSサービスをローンチ

    アプリケーションインテリジェンスベンダのAppDynamicsは、Amazon Web Services(AWS)のEU(フランクフルト)リージョン上に展開する、新たな欧州向けSaaS(Software-as-a-Service)サービスをローンチした。

  • 統合データAPIとGSQLを備えたPayPalのGimel分析プラットフォーム

    PayPalのRomit Mehta氏とDeepak Chandramouli氏は、先日のQCon.aiカンファレンスで、Gimelデータ分析プラットフォームと、同プラットフォームを用いたデータアクセスのコモディティ化について講演した。Mehta、Chandramouli両氏に、同データプラットフォームのセキュリティ面のサポート、データのバージョニング、将来的なロードマップについて話を聞いた。

  • .NET Core のための ORM

    EF Core がビューやストアドプロシージャのような基本的なデータベースの機能を手に入れようと奮闘する中、開発者たちは自身のデータアクセスのニーズのために他のものを探している。ここではその選択肢の中からポピュラーなものをいくつか紹介する。

  • Apache OpenWebBeansがJava EEベースのマイクロサービスのためにMeecrowave Serverバージョン 1.0をリリース

    Apache OpenWebBeansは先頃、Meecrowaveプロジェクトのバージョン1.0.0をリリースした。MeecrowaveはサーブレットやCDI、JSON-P、JSON-B、JAX-RSなどを活用する既存のApacheプロジェクトの上に構築されたマイクロサービスサーバで、マイクロサービス以外にスタンドアロンのアプリケーションにも使用することができる。

  • マイクロサービスのデータを管理する

    Stitch FixチームのRandy Shoup氏がQCon New York 2017 Conferenceで、マイクロサービスベースのアプリケーションにおけるデータと分離永続化の管理について講演し、マイクロサービスの重要な構成要素としてのイベントにも言及した。

  • データ準備のパイプライン:戦略、オプション、ツール

    データ準備は、データ処理および分析ユースケースの重要な1側面である。ビジネスアナリストやデータサイエンティストは、データの分析や機械学習モデルの開発ではなく、データの収集と準備に約80%を費やしている。Kelly Stirman氏は先週、Enterprise Data World 2017 Conferenceでデータ準備のベストプラクティスについて講演した。

  • Javaリフレクションライブラリの脆弱性が30ヶ月を経て解決

    2013年7月,セキュリティ企業のSecurity Explorationsは,攻撃者がアクセス権を向上可能な脆弱性をJava内に発見した。Oracleがパッチをリリースしたが,依然として攻撃を可能にする簡単な修正方法が見つかっている。この発見により,Oracleは8u77の一部としてパッチをリリースした。この記事では,問題の核心であるクラスローディングについて,その足掛かりとしての調査を行なう。

  • データベースクエリをシンプルにするJinq

    データベースクエリ用のDSLを提供するライブラリのJinqがJavaとScalaに対応した。.NETのLINQにインスパイアされたこのライブラリは,型安全性のサポートを通じてクエリ記述を容易にすることを目的としたものだ。作者のMing-Yee lu氏の説明によると,Jinqの開発は2006年に開始され,当初はQueryllという名称だった。ただし,その潜在能力をすべて現実のものにしたのは,Java 8でのラムダ式の採用だ。

  • LinkedIn、リードオンリーキーバリュー型ストアのPalDBをオープンソース化

    LinkedInhが組み込み可能なリードオンリー・キーバリュー型ストア、PalDBをオープンソース化した。PalDBはLevelDBよりも8倍高速で、HashSetよりも数倍消費メモリが小さいという。

  • Plumbrにスロークエリ検出機能が追加

    JVM監視ベンダのPlumbrは,同社のフラッグシッププロダクトにスロークエリ検出機能を追加した。これによりPlumbrは,メモリリーク,不効率なガベージコレクション,スレッドロック,負荷の高いJDBC操作という,4種類の問題を検出可能になる。

  • カンバンのフローマネージャは変化を触媒する

    企業が仕事の視覚化のためにカンバンを利用するのは、もったいないことだとMatthew Philip氏は言う。フローマネージャという役割を導入することで、チームは反省をし問題に対する解決策を見つけやすくなる。それによって企業に変化が伝播する。

  • あなたのORMの使い方は間違っている

    チームがORM(Object-Relational Mapper)を放棄する場合,多くは使い方の間違いによるものだ -Jimmy Bogard氏は,先日行ったプレゼンテーションで,マッピングやクエリの問題に関して,ORMの正しい使用法と正しくない使用法は何か,ということを詳しく論じた。

  • NHibernateがIesi.Collectionsを削除,SQL Server 2012サポートを改善

    NHibernate 4.0 GAがリリースされた。 .NET 4.0をサポートする一方で,従来のIesi.Collectionsライブラリが外されている。さらにシーケンスやクエリ結果のページングなど,SQL Server 2012機能も部分的にサポートしている。

  • OSGi Release 6仕様,Data Transfer Object,Versioning Annotationを追加

    先月のOSGi DevCon in New YorkでOSGi Allianceは,OSGi Core Release 6をリリースした。Data Transfer Objectの表現の標準化や,インターフェースがクライアントによる参照あるいは実装のいずれを意図するのかを示すアノテーションが追加されている。その他にも osgi.native ネームスペース,拡張バンドルのアクティベータなどが加えられた。本文を読んで,その詳細を確認してほしい。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。