BT

InfoQ ホームページ デバッグ に関するすべてのコンテンツ

  • New LiveRecorder for Java Enables Software Failure Replay

    LiveRecorder for Javaは、新たにリリースされたソフトウェア障害再生アプリケーションだ。これにより、開発者はアプリケーションの障害を記録し、IntelliJ で再生して障害の原因を見つけられる。特に間欠的故障を伴うデバッグ時間の短縮に役立つ。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • WebAssemblyでホットリローディング、リモートデバッグ、統一的なハードウェアアクセスを実現する

    先頃発表されたWARDuinoは、マイクロコントローラをターゲットにしたWebAssemblyの拡張である。ライブコードアップデート、リモートデバッグ、マイクロコントローラのハードウェアモジュールへのアクセスといった機能を加えることにより、開発上の一般的な問題に対処する。WARDuinoの仮想マシンは、一部のベンチマークにおいて、Espruino(一般的なマイクロコントローラ用JavaScriptインタプリタ)の5倍の速度で動作している。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • Live Recorder: 非決定的データのキャプチャとリプレイを使用したC++、Rust、Goのデバッグ

    今年初めにUndoチームは、C、C++、Goアプリケーションを対象として、デバッグ目的で実行されたアプリケーション内のすべての非決定的データのキャプチャを可能にする、同社の”ソフトウェア・フライトレコーダ・テクノロジ”であるLive Recorder 5をリリースした。バグの調査および修正作業では、生成された記録によってその時間内のイベントの再生、後退、前進をサポートする。

  • WebAssemblyソースコードがGDB、LLDBを使ってブラウザ外でデバッグ可能に

    Mozillaは先頃、GDBやLLDBなど標準的なデバッガを使用して、ブラウザ外でWebAssemblyバイナリをデバッグするデモを行った。本番環境で使用されるのと同じ実行環境でWebAssemblyコードをデバッグすることで、同じコードのネイティブビルドでは発生しない可能性のあるバグを捕捉し、診断することができる。

  • ElasTestで実現するテスト時の可観測性

    分散アプリケーションでは,非分散アプリケーションで一般的に使用されているデバッグテクニックを使うのは困難である。テスト環境においても運用時のような可観測性を実現すれば,バグの検出が容易になる,とFrancisco Gortázar氏は,European Testing Conference 2019で主張し,可観測性を使って複雑な分散システムのテストと評価を行うツールとして,ElasTestを紹介した。

  • マイクロサービスを実行しているコンテナのデバッグ: KubeCon NAにおけるツールのレビュー

    2018年12月にシアトルで開催されたKubeCon NAにおいて、コンテナ化されたマイクロサービスをデバッグするためのいくつかのツールが、カンファレンスセッションとスポンサーブースのデモを通じて発表された。市場において「アクティブ」デバッグツールと「パッシブ」デバッグツールの間で、注目すべき分離が発生している。これらのカテゴリのそれぞれの例が、RookoutとSquashである。

  • WebhintオープンソースLintingツール

    webhintプロジェクトは、アクセシビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに関する問題をチェックするためのオープンソースのlintingツールを提供する。 WebサイトやWebアプリの作成には、詳細まで完璧なものが増えている。webhintは、開発者がこれらの詳細を覚えておくのに役立つ。

  • Facebook Sonarは、モバイルアプリ向けの可視化されたインタラクティブなデバッグツール

    Facebook Sonarはオープンソースのツール���ットである。開発者が、視覚的にインタラクティブで拡張可能な方法で、iOSとAndroidアプリの構造と動作を検査し理解することの支援を目的としている。

  • DevOps考古学でプロダクションを理解する

    Continuous Lifecycle Londonで、Lee Fox氏は、今日の複雑なシステムとインフラを理解するのに役立つツールと手法について語った。彼はこれをDevOps考古学と呼んでいる。

  • MicrosoftがEdge DevToolsプロトコルを発表

    Microsoftは、Edgeのバージョン17の4月30日リリースでMicrosoft Edge DevToolsプロトコルを使えるようになると発表した。それは、クライアントがMicrosoft Edgeタブと連携できるようにするJSONおよびJSON-RPC APIのセットである。Edge DevTools Protocolにより、Chrome DevTools Protocolのモデルに従って、個々の開発者が標準のWebテクノロジを使ってEdgeとやりとりするツールを構築できるようになる。

  • オブザーバビリティはテストにどう影響するのか

    オブザーバビリティ(observability)は現在のシステム状況を明らかにし、ある種のテストを置き換えることができる。低リスクのアプリケーション分野であれば、オブザーバビリティをテストの代役とすることで、継続的デリバリによる迅速なフィードバックと、短時間の変更リリースが可能になる。

  • Visual Studio CodeがJUnitのサポートを発表

    マイクロソフトのVisual Studio Code(VS Codeとしてよく知られている)サポートチームはJUnitテストケースの実行とデバッグができる拡張機能のリリースを発表した。この拡張機能はレッドハットが出しているJava言語サポートの拡張機能とJavaデバッガと連携し、エディタでJava言語を書く開発者にとって必要な開発用機能をすべて提供する。

  • コンテナ化されたマイクロサービスをデバッグする - Idit Levine氏のQCon SFでの講演より

    QCon San Franciscoで、Idit Levine氏が“Debugging Containerized Microservices”と題して講演し、分散型マイクロサービスベースシステムにおけるデバッグの問題点を概説するとともに、システム固有の課題を克服する上で可能な3つのアプローチを紹介した。講演では、氏が開発中の新たなオープンソースのマイクロサービスデバッガで、VS Code IDEと統合可能なSquashも紹介された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。