BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ デバッグ に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Step Functions向けの可観測性を提供する新機能

    最近、AWSは、Step Functions向けのステートマシンページの新たなオプトイン機能を発表した。開発者は、新しい実行ページオプションを有効にすることで、標準ワークフローをすばやく分析、デバッグ、最適化することができるようになった。

  • 無限を表現する: 開発者にとって不可能なこと

    開発者は、その日々の業務の中で、不可能なことに直面する場合がある。無限大を直接的に表現することや、あるいは物理的に独立したコンピュータ上に無限大の精度を保持することは不可能だ。ストレージや表現には限界があり、この不可能性を無視するか、あるいは意識するかによって、バグやシステムの挙動が期待とは異なるものになる可能性がある。Kelvin Henney氏はQCon London 2022で、6つの不可能(Six Impossible Things)について基調講演を行った。

  • GitHubが機械学習を使って脆弱性コードスキャンを拡張した方法

    GitHubは、機械学習技術をルールベースのセキュリティコードスキャン機能に適用し、既存のルールから新しいルールを自動的に推測することで、あまり一般的ではない脆弱性パターンにその機能を拡張できることを期待している。

  • コードを読む上での課題とその対処方法

    コードの読むことは、多くの点で混乱を招く可能性がある。コードの読み方は明確に教えられておらず、コードの読み方を練習することはめったにない。ある役割を果たす認知プロセスを認識することは、コードをより適切に読むのに役立つ。

  • ゼロバグポリシを使ってバグを解決する

    ゼロバグポリシ(zero bug policy)を採用すると、バグの優先順位付けが容易になり、チームの可視性とバグへの対応性を向上することができる。ただし、過激な変革なので、意思決定とバグの修正時間に関して、自分自身の状況に合わせることが必要だ。

  • GitHubがプロジェクトを導入、Codespace、Copilot、コードスキャニングなどをアップデート

    Universe 2021カンファレンスで、GitHubは、新たなイシューエクスペリエンスを公開ベータ版として提供すると発表した。プロジェクトとダイナミックテーブル、CopilotサポートをJetbrainsとJavaに拡張、コードスキャニングにRubyのサポート追加など、他にも多数の機能が提供される。

  • FacebookがSuperpackでコード分析を活用してAndroidアプリを圧縮

    最近、記事で、FacebookはAndroidアプリ圧縮の新しい手法のSuperpackについて説明している。これはコンパイラ分析にデータ圧縮を組み合���せたものだ。まだすべての人が利用できるわけではないが、Facebookはオープンソース化を望んでいる。

  • RookoutがLive Loggerを発表し、ログレベルが動的に変更可能に

    Live Debuggerを開発したRookout社は、本番環境のログに隠された豊富な情報にアクセスしやすくすることを目的としてLive Loggerを発表した。アプリケーションのログレベル、ログパイプライン、ログスループットの追跡、テキストおよびコンテキストベースのフィルタリングを動的に切り替えることで、この実現を目指している。

  • Amazon CodeGuru ReviewerがGitHub ActionsとのCI/CD統合を発表

    Amazonは先頃、Amazon CodeGuru ReviewerとGitHub ActionsのCI/CD統合を発表した。同クラウドプロバイダは、Java用の問題を特定し、セキュリティのベストプラクティスに従うための20の新しいセキュリティ検出器もリリースした。

  • AWSがAWS Bugbustを発表 - 100万のバグを修正するためのグローバルな競争

    最近、AWSは、AWS BugBustを使って、100万個のバグを修正し、技術的負債を1億ドル以上削減するというグローバルな課題を発表した。このソリューションでは、MLを利用した開発ツール(Amazon CodeGuru ReviewerとAmazon CodeGuru Profiler)を活用して、コードを自動的にスキャンしてバグを取り除く。バグの修正と排除をゲーム化するものである。

  • Sonatype LiftがFacebook Infer、Google ErrorProne等のコード分析ツールを統合

    先頃リリースされたSonatype Liftは、開発者が開発パイプラインのさまざまなバグをできるだけ早く特定するのに役立つ25を超えるツールを含む統合コード分析プラットフォームを提供すると、Sonatypeは言います。InfoQは、詳細について、Sonatypeの製品イノベーション担当副社長であるStephen Magill氏と話をした。

  • Chrome DevTools 89の新機能

    今月初め、GoogleはChrome 89をリリースした。これにはDevToolsに対する重要な更新がいくつか含まれている。例えば、CSP違反処理の改善、Puppeteerの記録、Cookieのデバッグの改善や、他にも多くの機能が追加された。

  • Chrome 88 Devtoolsの新機能

    Chrome 88の最近のリリースでは、Chrome DevToolsの重要な更新があった。例えば、ネットワークデバッグの改善、実験的なCSS Flexboxデバッグツール、フレーム詳細ビューの改善、新しいWASMデバッグ機能、一般的なパフォーマンスの改善がある。

  • 新しいChrome拡張機能で、C++ソースファイルをステップ実行してコンパイル済みWasmコードをデバッグ

    Googleは最近、WebAssemblyファイルのデバッグに関して開発者エクスペリエンスを向上させるためにChrome DevToolsチームが行ったことの進捗状況を発表した。新しい拡張機能(ベータ版)を使用すると、開発者はオリジナルのソースコードをステップ実行することで、WebAssemblyにコンパイルされたCおよびC++アプリをデバッグできる。

  • .NETのOverOps: Tal Weiss氏とのQ&A

    2020年1月、OverOpsは、.NETエコシステムへのサポートを拡大すると発表した。OverOpsは、開発者が実行時にコードを分析および最適化できるようにする継続的な信頼性プラットフォームだ。InfoQは、OverOpsの共同創設者、CEO、およびCTOであるTal Weiss氏に、エンジニアがOverOpsを使用することでどのように利点を得ることができるか、および.NETのプロダクションデバッグプロセスを自動化する将来についてインタビューした。

BT