BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ デバッグ に関するすべてのコンテンツ

  • Amazon CodeGuru ReviewerがGitHub ActionsとのCI/CD統合を発表

    Amazonは先頃、Amazon CodeGuru ReviewerとGitHub ActionsのCI/CD統合を発表した。同クラウドプロバイダは、Java用の問題を特定し、セキュリティのベストプラクティスに従うための20の新しいセキュリティ検出器もリリースした。

  • AWSがAWS Bugbustを発表 - 100万のバグを修正するためのグローバルな競争

    最近、AWSは、AWS BugBustを使って、100万個のバグを修正し、技術的負債を1億ドル以上削減するというグローバルな課題を発表した。このソリューションでは、MLを利用した開発ツール(Amazon CodeGuru ReviewerとAmazon CodeGuru Profiler)を活用して、コードを自動的にスキャンしてバグを取り除く。バグの修正と排除をゲーム化するものである。

  • Sonatype LiftがFacebook Infer、Google ErrorProne等のコード分析ツールを統合

    先頃リリースされたSonatype Liftは、開発者が開発パイプラインのさまざまなバグをできるだけ早く特定するのに役立つ25を超えるツールを含む統合コード分析プラットフォームを提供すると、Sonatypeは言います。InfoQは、詳細について、Sonatypeの製品イノベーション担当副社長であるStephen Magill氏と話をした。

  • Chrome DevTools 89の新機能

    今月初め、GoogleはChrome 89をリリースした。これにはDevToolsに対する重要な更新がいくつか含まれている。例えば、CSP違反処理の改善、Puppeteerの記録、Cookieのデバッグの改善や、他にも多くの機能が追加された。

  • Chrome 88 Devtoolsの新機能

    Chrome 88の最近のリリースでは、Chrome DevToolsの重要な更新があった。例えば、ネットワークデバッグの改善、実験的なCSS Flexboxデバッグツール、フレーム詳細ビューの改善、新しいWASMデバッグ機能、一般的なパフォーマンスの改善がある。

  • 新しいChrome拡張機能で、C++ソースファイルをステップ実行してコンパイル済みWasmコードをデバッグ

    Googleは最近、WebAssemblyファイルのデバッグに関して開発者エクスペリエンスを向上させるためにChrome DevToolsチームが行ったことの進捗状況を発表した。新しい拡張機能(ベータ版)を使用すると、開発者はオリジナルのソースコードをステップ実行することで、WebAssemblyにコンパイルされたCおよびC++アプリをデバッグできる。

  • .NETのOverOps: Tal Weiss氏とのQ&A

    2020年1月、OverOpsは、.NETエコシステムへのサポートを拡大すると発表した。OverOpsは、開発者が実行時にコードを分析および最適化できるようにする継続的な信頼性プラットフォームだ。InfoQは、OverOpsの共同創設者、CEO、およびCTOであるTal Weiss氏に、エンジニアがOverOpsを使用することでどのように利点を得ることができるか、および.NETのプロダクションデバッグプロセスを自動化する将来についてインタビューした。

  • zero-bugポリシを実践する - Redgateの例

    zero-bugポリシは単純だが効果的なバグ管理システムだ。数か月、時には数年前のバグに埋もれてしまう事態を回避する上で、有効に機能する。修正の必要があると合意した重要なバグは即座に修正し、そうでないバグは修正せずにクローズするのだ。Tom Walsh氏はLean Agile Exchange 2020で、氏の属するRedgate Softwareにおいてzero-bugポリシを適用した方法について講演した。

  • CircleCIがAPIバージョン2をリリースし、Insightsエンドポイントを改善

    CircleCIは、そのAPIのバージョン2リリースでインサイトエンドポイントの安定性が向上した。インサイトエンドポイントを使用すると、ジョブとワークフローのステータスを追跡し、ジョブの期間を監視し、リソース消費を最適化する可能性を調査できる。

  • Chrome 83 DevToolsでは視覚障害とロケールをエミュレート

    今後、Chrome83リリースではDevToolsに対する重要な更新がある。例えば、視覚障害とユーザロケールのエミュレーション、クロスオリジンオープナーポリシー(COOP)デバッグ、クロスオリジンエンベッダーポリシー(COEP)デバッグ、Cookieパスのネットワークリクエストフィルタリングである。

  • New LiveRecorder for Java Enables Software Failure Replay

    LiveRecorder for Javaは、新たにリリースされたソフトウェア障害再生アプリケーションだ。これにより、開発者はアプリケーションの障害を記録し、IntelliJ で再生して障害の原因を見つけられる。特に間欠的故障を伴うデバッグ時間の短縮に役立つ。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • WebAssemblyでホットリローディング、リモートデバッグ、統一的なハードウェアアクセスを実現する

    先頃発表されたWARDuinoは、マイクロコントローラをターゲットにしたWebAssemblyの拡張である。ライブコードアップデート、リモートデバッグ、マイクロコントローラのハードウェアモジュールへのアクセスといった機能を加えることにより、開発上の一般的な問題に対処する。WARDuinoの仮想マシンは、一部のベンチマークにおいて、Espruino(一般的なマイクロコントローラ用JavaScriptインタプリタ)の5倍の速度で動作している。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • Live Recorder: 非決定的データのキャプチャとリプレイを使用したC++、Rust、Goのデバッグ

    今年初めにUndoチームは、C、C++、Goアプリケーションを対象として、デバッグ目的で実行されたアプリケーション内のすべての非決定的データのキャプチャを可能にする、同社の”ソフトウェア・フライトレコーダ・テクノロジ”であるLive Recorder 5をリリースした。バグの調査および修正作業では、生成された記録によってその時間内のイベントの再生、後退、前進をサポートする。

BT