BT
前の記事 rss
人のフォロワー

ビジネス成果に注目するBarclays

作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月28日 午前6時13分

Barclays作業部長のJonathan Smart氏とPMOのMorag McCall氏が、先月ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、アイデアのトリアージから製品としてのリリースに至るまでの作業フロー全体の再考について講演した。具体的な内容は、アプリケーションおよびサービスポートフォリオの管理方法へのアジリティの導入と、PMOおよび財務部門の役割の変更である。

人のフォロワー

IBMのEvan Leyboum氏が提唱する“アジャイル制約の理論”

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 28 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月7日 午後8時42分

Evan Leybourn氏は、間もなく開催されるAgile Indonesiaカンファレンスで講演を行なう。氏はInfoQに、自身のアジャイル制約の理論(Theory of Agile Constraints)について、取り組みにおける価値の定義、アジャイル予算と#NoProhectrsなどについて話してくれた。

人のフォロワー

リーンスタートアップのスケーリング: プロセスの原則

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年5月16日 午前1時38分

大組織はリーンスタートアップのようになろうとするが、アジャイルな組織となるためには、いかにスタッフを雇い、彼らにインセンティブを与え、マネージするかを考え直す必要がある。組織はチームに対して、即座に学習して低リスクの決定を下すことに対して報奨を与え、デリバリーに加えて学習の価値を高めるべきだ。

人のフォロワー

アジャイルな振る舞いを可能にするための契約

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年4月30日 午後9時31分

InfoQはMartin Kearns氏にインタビューし、アジャイル契約がウォーターフォールプロジェクトの契約とどう違うのか、契約がスコープの変更や、開発中の大きな障害や遅延をどう扱えるのか、契約がアジャイルな振る舞いを可能にし、アジャイルマインドセットに基づき、全員を巻き込んで仕事をするのにどう役立つか、そして組織がアジャイルに契約を使いたい場合に、弁護士が持てる役割について聞いた。

人のフォロワー

ビジネスマッピングを使用したアジャイル組織の構築

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年4月19日 午前4時35分

Dan North氏が,ブリュッセルで開催されたScaling Agile for the Enterprise 2016会議で,ビジネスマッピングについて講演を行なった。InfoQでは,組織のIT部門がアジャイルを導入する際の,ビジネス的な見地から見た問題点について氏にインタビューするとともに,ビジネスマッピングとは何か,組織のアジリティ向上にどのように役立つのかを聞いた。

人のフォロワー

アジャイルチームにおける価値の提供とは

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年12月10日 午後9時43分

今回のインタビューではRalph Jocham氏が,アジャイルチームが価値を提供する方法,スクラムマスタとプロダクトオーナにとって最も重要なスキル,提供するソフトウェアの品質を把握することの重要性,より多くの価値を提供するためにチームにできること,などについて語っている。

人のフォロワー

アジャイルチームでのテスターの役割

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2015年11月29日 午後12時1分

Karen Greaves氏とSam Laing氏は、ドイツはポツダムで開催されたAgile Testing Days 2015にて"testers are dying"と題した基調講演を行った。InfoQは、このカンファレンスの内容を取り上げる予定だ。InfoQは両氏にインタビューし、アジャイルがテスターに与えた影響やテストのリードタイムを短くするためにテスターができること、アジャイルチームでのテスターと他のメンバとの協力、テスターがアジャイルチームで貢献できる価値について話を聞いた。

人のフォロワー

アジリティのためのマネジメント意識変革を実現する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年9月24日 午後7時54分

市場のボラティリティ(Volatility, 移り変わりやすさ)は,企業に対して,需要変化への可能な限り迅速な適応と,最大限の価値獲得を同時に要求する。アジャイルを採用する上でマネジメント層は,組織内の障害を取り除くチーム編成を行う必要がある,とAhmet Akdag氏は言う。アジリティへの移行とは,試して,失敗し,そこから学ぶ,という方法の習得そのものなのだ。

人のフォロワー

Jez Humble氏が21世紀のソフトウエアデリバリについて語る

作者: Daniel Bryant フォローする 771 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2015年3月8日 午後7時42分

Jez Humble氏は、現在のソフトウエアデリバリは価値あるソフトウエアを開発するということに対して最適されておらず、イノベーションを起こすには3つの問題を解決する必要がある、と言う。第一に従来のプロジェクトモデルが不適合であること。第二に組織全体の価値の流れを考慮する必要があること。第三に問題が根ざしているのはプロセスや文化であり、組織構造やツールではないということ。

人のフォロワー

個人のムードのチームに対する影響についてGerald Weinberg氏に聞く

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2015年1月2日 午後5時38分

InfoQはチームのムードに影響を与える要因について、調査を進めている。チームのムードはメンバ個々人のムードの統合なので、個々人のムードと、それがチームの働きにどのように影響しているのかを理解することによって、チームのムードについてより理解が高まるだろう。InfoQはGerald Weinberg氏に、個人とチームのムード、個人のムードに影響を与えること、チームのムードについて議論すること、など話を聞いた。

人のフォロワー

どのようにして正しい製品を開発するか

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年7月21日 午後8時59分

顧客がほしがっていない製品や市場がない製品を作ってしまうのは無駄だ。アジャイルは効率的に製品を開発できるが、何をビルドするかは理解しておかなければならない。どのようにして顧客の製品に対するニーズを見つけることができるだろうか。

人のフォロワー

実験と価値提供のバランスをとる

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年2月17日 午後11時33分

リーンスタートアップの実験は顧客について学び、どのような機能に価値があるのかを判別する手助けをしてくれる。しかし、価値は製品を作り、実際に顧客に届けることで生まれるものだ。実験とデリバリのバランスを上手くとる必要がある。

人のフォロワー

スワーミングがアジャイルチームを助ける

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2013年3月6日 午前1時54分

スワーミングはアジャイルチームがこの目的を達成するのを支援する手法のひとつだ。スワーミングとは何か、どんな利点があり、どのように導入すればいいのか。

人のフォロワー

あれから10年、いまアジャイルが熱い。アジャイルサムライ他流試合レポート

作者: 青木 淳夫 - (株)ネクストスケープ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2011年11月9日 午後6時41分

2011年9月18日、アジャイルに熱いサムライ達が東京に集結した。「アジャイルサムライ 他流試合」というイベントに参加するためである。「アジャイルサムライ」はJonathan Rasmusson氏によって執筆されたアジャイルの解説書である。発売以降、日本の技術者の心を掴み続け、各地で読書会が開かれている。そして、その読書会の参加者達が一同に集まるイベントがこの「他流試合」だった。

人のフォロワー

プレゼンテーション: 最悪でないアプリケーションをつくる

作者: Michael Floyd フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 能仁 信亮 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2011年5月30日 午前10時45分

驚きと喜びをもたらすアプリケーションを開発することは、明確に話したり定量化するのが難しい靄の中のゴールのように思われる。しかし、InfoQに投稿された最新のプレゼンテーションの中で、DeliciousライブラリやTap Tap Revenge、Obama氏の2008年のiPhoneアプリケーションなどに取り組んだソフトウェア開発者であるMike Lee氏は、よりよいアプリケーションを構築するためのアルゴリズムを提案した。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT