BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ デプロイ/データセンター に関するすべてのコンテンツ

  • LinkedInのデータ基盤

    LinkedInのJay Kreps氏はどのようにデータを処理しているか、最近のHadoop Summitの発表で詳しく説明した。Kreps氏は、LinkedIn が大量ユーザ/短応答時間でサイトのサービスを提供しながら、1日に1200億もの関連を高速処理し大規模データの計算結果を集計している方法について解説した。

  • FacebookによるHadoop, Hive, HBaseそして A/B Testingへの取組み

    2010年のHadoop Summitでは、数多くのHadoopと関連技術の大規模ユーザから、発表があった。とりわけ、 Facebookは、分析にHiveを使っていることについて、基調講演で詳細に発表した。 FacebookでEngineering のVPである Mike Schroepfer氏がHadoopによるデータ処理の規模について基調講演を行った。

  • Hadoop Summit 2010からYahoo! のアップデート

    2010年の Hadoop Summitが Yahooの Chief Product Officerである Blake Irving氏によるブブゼラの鳴り響きで始まった。 Yahooは、基調講演で、彼らのHadoop の使用規模、貢献の技術的方向、そしてこの技術の応用方法でのアーキテクチャ上のパターンについて要約した。

  • データアーキテクチャの台頭 - GigaOm Structure Conferenceのハイライト

    2週間前に開催されたGigaOM Stucture conferenceでは、クラウドコンピューティングにおける様々な分野に対する取り組みが行われた。このイベントの主要テーマの一つが、新しいデータアーキテクチャの台頭だった。パネル、インタビュー、プレゼンテーションを通じ、多くのスピーカが、データがどのように扱われるかという点についての来るべき重要な変化について語っていた。

  • Adobe が Hadoop のための Puppet レシピをリリース

    Adobe は先日,Hadoop/HBase デプロイメントを自動化するための Puppet レシピをコミュニティ向けにリリースした。InfoQ では PuppetLabs の創設者である Luke Kanies 氏に,その目的について詳しく聞いた。

  • Puppet: Rubyベースのサーバ管理自動化スイート

    Reductive Labsのチームは先日、Unix、Linuxサーバのシステム管理を自動で行うための、Ruby製オープンソースツールPuppet 0.25.2のリリースを発表した。今回はバグフィックスリリースであり、123のチケットが解決された他、メモリ使用量の削減や、エラーレポート、スレッディング、ロック競合の改善などが行われている(後者はシステムハングの原因だったようだ)。

  • 継続的デプロイのプラクティス

    継続的デプロイは、リーン開発の"仕掛排除"運動で最近注目されている。多くの人が、これについて興味を持ち、価値のある目標を見出している一方、これが実際どのように達成されたかをなかなか可視化できていない。Ash Maurya氏は会社で起こった自身の経験を説明することで、このギャップを埋めようとしている。

  • Plura - SETIに似た分散グリッド

    Plura Processingは、SETIに似た数万のコンピュータのパワーを分散ネットワークで束ねる仕組みだ。

  • Clojure総まとめ:Craneによる配布、Incanterによる算術計算、Leiningen 1.0によるビルド

    Clojureインスタンスwの配布と遠隔操作のためのツールであるFlightCasterのオープンソースCraneは、現在EC2に特化されている。IncanterはClojureを使って簡単にR風の統計計算ができるClojureライブラリとツールである。また、ビルドと依存関係管理ツールであるLeiningen 1.0がリリースされた。

  • MySpace,標準負荷サーバ 150 台をソリッドステートドライブ技術でリプレース

    MySpace と Fusion-io は先日,両社がデータセンタの運営コスト低減に協力して取り組んでいると発表した。MySpace は標準負荷サーバの 150 台を Fusion-io 製 ioDrive ソリッドステートディスクでリプレースし,高負荷サーバの台数を 80 台から30 台に削減した。その結果,会社全体で サーバの設置面積の 51% 削減を達成した。さらに残った 1,700 台の 2U サーバについても,現行機の使用期間終了を待って順次リプレースする予定である。

  • Microsoft,2つのデータセンタでクラウドコンピューティング市場に参戦

    Microsoft は2つのデータセンタを新たにオープンすると発表した。アイルランドのダブリンと米国シカゴに設置されたこれらのデータセンタは,Microsoft が PDC 2009 で発表する予定の Windows Azure サービス商用提供開始に向けた準備の一環である。

  • IBMの新たなクラウド戦略とサービス

    IBMは企業におけるクラウドコンピューティング活用のための3つの方法を発表した。標準的なIBMクラウド,(企業またはIBMが管理する)ファイアウォール内で稼動するプライベートクラウドサービス,そしてサービス要求の"オーバーフロー"をセキュアなパブリッククラウドにシームレスに接続する CloudBurstである

  • Rubyプロジェクトで時間節約に役立つ3つのツール:Hoe 2.0.0、YARD、Whenever

    Rubyプロジェクトの効率化に役立つ3つのツールを見ていきます。Hoe 2.0.0はプロジェクトを設定してくれ、最新のバージョンではプラグインを使って拡張可能になっています。YRADは、RDocのようなドキュメント生成ツールで、最新のバージョンでは新しいより高速なパースの方式を利用しています。最後に紹介するWheneverはcrontabファイルを定義したり更新したりしてくれるもので、設定をRubyのコードで行えます。

  • JRuby総まとめ:GitHub:FI、TorqueBoxによるJBoss上のJRuby、EngineYardによるJRubyのサポート

    GitHubは現在、そのサービスのサーバにインストールすることが出来るバージョンを提供している。それは、プライベートネットワークの中にコードを保持しておきたいユーザ向けのもので、JRubyで構築されている。TorqueBoxはJBoss上のJRuby on Railsを動かす新しいソリューションであり、ジョブキューやSIPとの統合機能を備えている。さらに、EngineYardはホスティングオプションとしてJRubyの提供を7月から開始すると発表した。

  • SunのGarbage-First Garbage Collectorが低レイテンシと高スループットのトレードオフを大幅に解消

    SunのGarbage-First garbage collectorはレイテンシが小さな、新しいガベージ・コレクタで、HotSpot JVMにおいてCMSの後継となるよう計画されたものである。これはサーバ・スタイルのコレクタで、大型メモリを備えたマルチ・プロセッサのコンピュータをターゲットとしている。CMSとG1には、2つの大きな違いがある。

BT