BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ デプロイ に関するすべてのコンテンツ

  • Hazelcast Jet 4.4がリリース - 4周年記念リリースについて、Scott McMahon氏に聞く

    Hazelcast Jetは先頃、バージョン4.0をリリースして、その4周年を自ら祝福した。通常のバグ修正やパフォーマンス向上に加えて、このバージョンでは、統合ファイルコネクタやSQLインターフェース初のベータ版など、新機能も提供されている。フィールドエンジニアリングを担当するテクニカルディレクタのScott McMahon氏に、今回の新リリースについて聞いた。

  • Azure Arc対応の機械学習がプレビュー版へ

    Azure Arcは、顧客がAWSやGoogle CloudなどのあらゆるインフラストラクチャにAzureサービスと管理を提供できるようにするためのMicrosoft製品である。今年、仮想Ignite会議中に、同社はAzure Arc対応の機械学習のプレビュー版を発表した。これにより、Azureの機械学習機能がハイブリッド環境とマルチクラウド環境に拡張される。

  • AWS OutpostsがAmazon Elastic Block Storeのローカルスナップショットをサポート

    先頃、AWSは、OutpostsサービスがAmazon Elastic Block Store (ESB) のローカルスナップショットをサポートするようになったと発表した。OutpostsのAmazon EBS Local Snapshotsを使用すると、顧客はAmazon EBS ボリュームのスナップショットをOutpostsのAmazon S3にローカルに保存して、データの常駐とローカルデータ処理のニーズを満たすことができる。

  • MicrosoftがAzure Stack HCIの一般向け提供を発表

    最近のAzureブログ投稿で、MicrosoftはAzure StackHCIの一般向け提供を発表した。これは、Microsoft Azureのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)向けの新しいサブスクリプションサービスである。Azure Stack HCIのGAにより、Microsoftは、オンプレミスの仮想化の親しみやすさと柔軟性と、強力な新しいハイブリッド機能の両方をもたらすことになる。

  • 安全で迅速なデプロイを世界規模で - QCon Plus Q&A

    Uberは、ハイブリッドクラウドモデルを使って、サービスのデプロイメントを自動化した。すべてのサービスを同じロールアウトテクニックとワークフローを使ってデプロイすることにより、デプロイメントの安全性を保証し、問題の軽減を図る。さらに、クラウド間の差異を抽象化することで、任意のプラットフォーム上で動作するサービスの構築が可能になる。

  • GoogleはベアメタルでのAnthosの一般向け提供を発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはベアメタルでのAnthosの一般向け提供(GA)を発表した。これは、ハイパーバイザーレイヤーなしで、顧客が用意したオペレーティングシステムにデプロイされた物理サーバでAnthosを実行するためのデプロイメントオプションである。ベアメタル向けAnthosにより、顧客は既存のハードウェア、OS、ネットワークインフラストラクチャへの投資を活用できる。

  • MicrosoftがBuild 2020でAzure Arc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表

    今年のデジタルビルドイベント中に、Microsoftは、AzureArc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表した。これは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)認定のKubernetesディストリビューションのほとんどをサポートする。この機能により、顧客はAzureからKubernetesクラスターを管理および統制できる。これは、データセンター、マルチクラウド構成、Azure Stack Hub全体を対象とする。

  • Platform9が無料のSaaS管理のKubernetesソリューションを発表

    SaaS管理のハイブリッドクラウドプラットフォームであるPlatform9は、ワンクリックアップグレード、セキュリティパッチ、モニタリングなどの自動化されたDay2操作を備えたハイブリッド環境向けの無料のマネージドKubernetesサービスを発表した。新しい無料利用枠により、ユーザはハイブリッド環境でKubernetesのSaaS管理プレーンを利用できる。

  • HashicorpのWaypointは、プラットフォーム間で一貫したビルド・デプロイワークフローを目標としている

    HashiCorpはWaypointを発表した。これは、Kubernetes, AWS ECS、Nomad、Google Cloud Run、Docker、Buildpacks、Azure Container Instancesなどのさまざまなプラットフォーム間で一貫したビルドとデプロイのワークフローを提供することを目的としたオープンソースプロジェクトである。

  • Anthosによるマルチクラウドのサポートが一般提供されることをGoogleが発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはマルチクラウドのAthosサポートが一般向けに利用可能であることを発表した。Anthosを使用すると、顧客は、オンプレミス、Google Cloud、その他のクラウド全体ですべての運用を統合できるようになる。AWSとMicrosoft Azureはプレビュー中である。

  • MicrosoftがAzureのマルチクラウド、マルチエッジ、ハイブリッド機能を刷新

    先日のIgnite仮想カンファレンスで、Microsoftは、Azureのマルチクラウドとエッジのハイブリッドサービスに関連するいくつかのアップデートを発表した。その内容はセキュリティのイノベーションから、エッジの新機能にまで及んでいる。

  • Spectro CloudがKubernetesベースのハイブリッドクラウドプラットフォームを立ち上げ

    エンタープライズのクラウドネイティブインフラストラクチャ企業であるSpectro Cloudは、Kubernetesの複数のディストリビューションを管理するためのプラットフォームを立ち上げた。会社名の付いたプラットフォームは、マネージドSaaSプラットフォームの使いやすさやスケーラビリティなど、Kubernetesスタックに対するきめ細かい制御、柔軟性、マルチクラウド機能を顧客に提供する。

  • Oracleが完全マネージドなクラウドリージョンをCloud@Customerとして発表

    先日のプレスリリースでOracleは、Oracle Autonomous DatabaseやCloud Applicationを含む同社のパブリッククラウドサービスを、カスタマのデータセンタにフルスタックで提供する、完全マネージドな専用クラウドリージョンを発表した。リージョンにはOracleの第2世代クラウドサービスがすべて含まれており、月額500,000米ドルからの価格で提供される。

  • GoogleがCloud VMWare Engineの一般提供開始を発表

    先日のブログ記事でGoogleは、Cloud VMWare Engineの一般提供を開始すると発表した。このリリースにより、VMwareベースの既存アプリケーションを、リファクタやリライトすることなくGoogle Cloudに移行できるようになる。

  • MicrosoftがAzure Stack Hubをアップデート、新たな管理機能やコンテナサポートなどを導入

    今年はネットワーク開催されたBuildカンファレンスの中で、Microsoftは、同社のプライベートおよびハイブリッドコンピューティングサービスであるAzure Stack HubKに関する いくつかのアップデートを発表した。同社はAzure Stack Hubに、Azure Kubernetes Service(AKS) Resource ProviderやFleet Managerなどの重要な機能を多数、プライベートプレビューに追加する予定である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。