BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ デプロイ に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftがパブリックプレビュー版としてAzure DNSプライベートリゾルバーをリリース

    Azure DNSプライベートリゾルバーは、VMベースのDNSサーバをデプロイせずに、オンプレミス環境からAzure DNSプライベートゾーンにクエリを実行したり、その逆を実行したりできる新サービスである。この新サービスは、Azure内でフルマネージドでパブリックプレビュー版として提供される。

  • 本番環境でのディープネットワークのサービス提供:生産性と効率のトレードオフのバランス

    最近公開された取り組みは、ディープニューラルネットワークをサービス提供するための、モダリティの選択肢の1つを提供するものである。組み込みのCPythonインタープリタを使うことで、本番処理でeagerモードモデルコードを直接利用できる。目標は、モデルを研究段階からエンドユーザに提供するまでのエンジニアリングの労力を削減し、将来の数値Pythonライブラリを移行するための概念実証(PoC)プラットフォームを作成することである。

  • AWSがスペースの制約がある場所に適した2つの新しいOutposts SKUを提供

    AWS Outpostsは、オンプレミスのコンピューティングとストレージ監視が顧客に提供され、これはAWSによって使い慣れたAWS APIと同じコントロールで管理される。昨年のラスベガスのre:Inventで、AWSは2つの新しい小さなAWS Outpostsフォームファクターを発表した。スペースの制約と低レイテンシなコンピューティング能力にアクセスする必要があるブランチオフィス、小売店、病院、基地局などの場所に適している。

  • AWSはre:Invent 2021でConstruct HubとAWSクラウド開発キットの新バージョンを発表

    最近、AWSは、年次のre:Invent会議で、AWSクラウド開発キット(AWS CDK)のバージョン2.0とAWS Construct Hubの一般向け提供(GA)を発表した。

  • TriggerMeshのCloud Native Integration Platformがオープンソースとしてリリースされた

    先ごろ、クラウドネイティブ統合プラットフォームプロバイダの TriggerMesh は、Cloud Native Integration Platform がオープンソースになり、Apache Software License 2.0 で利用できるようになったと発表した。これにより、クラウドオペレーターと DevOps プラクティショナは、コードによる統合で自由にデプロイできるようにする。

  • Karmada 0.7: 次世代マルチクラウドとマルチクラスタのKubernetesオーケストレーション

    ハイブリッドクラウド時代の有望なKubernetes管理システムのKarmada (Kubernetes Armada) 0.7は、2021年7月12日に利用可能になった。これにより、マルチクラスタサービスの検出、正確なクラスタステータス管理、クラスタリソースに基づくレプリカのスケジューリング、重みリストによるレプリカを分割するためのより便利なAPIが実現した。

  • ClouderaがCloudera DataFlow for the Public Cloudの提供開始を発表

    エンタープライズクラウドデータ企業のClouderaは先日、Cloudera Data Platform (CDP)上でハイブリッドストリーミングワークロードを処理するためのデータフローを提供する、クラウドネイティブサービスのCloudera DataFlow for the Public Cloudを一般供与(GA)開始すると発表した。

  • MicrosoftがAzure Arc対応SQLの一般提供を開始

    Microsoftは先頃、7月末までにAzure Arc対応SQLの一般提供開始すると発表した。Azure SQLインスタンスを拡張し、エッジデータセンタ上やマルチクラウド環境内でのホストが可能になる。Azure Arc対応SQL Managed Instanceは、最新のSQL Serverデータベースエンジンと100パーセントの互換性を備える。

  • MicrosoftがAzure Arcで使用可能な新サービスのプレビュー版を発表

    Microsoftは先頃、毎年開催しているBuildカンファレンスで、Azure Arcで使用可能な新たなサービスセットをプレビュー版として発表した。Azure Arcマルチクラウドサービスの支援により、事実上、CNCF準拠のあらゆるKubernetesクラスタ上で実行することができる。Azure Arcを使うことで、クラウドからオンプレミスデータセンタまで、あらゆるコンテナクラスタを、クラウド内のひとつのサービスで管理することが可能になる。

  • AWSがAmazon ECS Anywhereの一般向��提供を発表

    最近、AWSはAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表した。これは、仮想マシン(VM)、ベアメタルサーバ、その他の顧客が管理するインフラなどのコンテナベースのアプリケーションをオンプレミスで素早く実行し、管理できるようにするAmazon ECSの新機能である。

  • IBM、Red Hat、Cobuilderが建設業界向けのプラットフォームであるOpenBuiltを開発

    IBM、Red Hat、Cobuilderは最近、OpenBuiltを開発するためのコラボレーションを発表した。OpenBuiltは、ハイブリッドクラウドプラットフォームであるRed Hat OpenShift上に構築され、IBM Cloud上で実行される建設業界のサプライチェーン向けのプラットフォームである。

  • Hazelcast Jet 4.4がリリース - 4周年記念リリースについて、Scott McMahon氏に聞く

    Hazelcast Jetは先頃、バージョン4.0をリリースして、その4周年を自ら祝福した。通常のバグ修正やパフォーマンス向上に加えて、このバージョンでは、統合ファイルコネクタやSQLインターフェース初のベータ版など、新機能も提供されている。フィールドエンジニアリングを担当するテクニカルディレクタのScott McMahon氏に、今回の新リリースについて聞いた。

  • Azure Arc対応の機械学習がプレビュー版へ

    Azure Arcは、顧客がAWSやGoogle CloudなどのあらゆるインフラストラクチャにAzureサービスと管理を提供できるようにするためのMicrosoft製品である。今年、仮想Ignite会議中に、同社はAzure Arc対応の機械学習のプレビュー版を発表した。これにより、Azureの機械学習機能が��イブリッド環境とマルチクラウド環境に拡張される。

  • AWS OutpostsがAmazon Elastic Block Storeのローカルスナップショットをサポート

    先頃、AWSは、OutpostsサービスがAmazon Elastic Block Store (ESB) のローカルスナップショットをサポートするようになったと発表した。OutpostsのAmazon EBS Local Snapshotsを使用すると、顧客はAmazon EBS ボリュームのスナップショットをOutpostsのAmazon S3にローカルに保存して、データの常駐とローカルデータ処理のニーズを満たすことができる。

  • MicrosoftがAzure Stack HCIの一般向け提供を発表

    最近のAzureブログ投稿で、MicrosoftはAzure StackHCIの一般向け提供を発表した。これは、Microsoft Azureのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)向けの新しいサブスクリプションサービスである。Azure Stack HCIのGAにより、Microsoftは、オンプレミスの仮想化の親しみやすさと柔軟性と、強力な新しいハイブリッド機能の両方をもたらすことになる。

BT