BT

InfoQ ホームページ デプロイ に関するすべてのコンテンツ

  • Buzzfeedのデプロイアーキテクチャの進化

    Buzzfeedのエンジニアリングチームが、数日かかる一枚岩のアプリのデプロイから1日に150回もデプロイするようになるまでの進化の物語を共有した。彼らはrigと呼ばれる内製のフレームワークを使って、Docker、AWS ECS、Jenkinsのようなツールを活用し、サービス志向のアーキテクチャとより協力的なエンジニアリングチームに移行した。

  • Kubernetesのデプロイに失敗する10の一般的理由

    先日公開された一連の記事に、Kubernetesのデプロイが失敗する、一般的な10の理由が取り上げられていた。内容としてはミスや入力の誤りからリソース制限の超過にまで及んでいるが、そのほとんどの場合において、根本原因の特定には‘kubectrl describe’コマンドが有効だ。

  • "2017 State of Testing"調査

    “2017 State of Testing”調査は,テスト専門職の進展に関する洞察の提供を目的とする調査である。この調査は2017年1月を通して実施された。

  • 新しいプライベートクラウドで"どこでも計算処理"を提供するWolfram

    MathematicaやWolfram|Alphaなど,計算機能を中心とした製品を提供するソフトウェア企業のWolframが,計算業務の集中管理を望む企業をターゲットとした,新たなプライベートクラウドアプライアンスの提供を開始した。

  • ApigeeとPivotalがハイブリッドクラウドAPI管理で協力

    PivotalのクラウドプラットフォームであるPivotal Cloud Foundryが新たに,ハイブリッド(一部がパブリック/一部がプライベートというような)クラウドのサポートを目的とするApigee API管理ツールに対応した。Apigeeのハイブリッドクラウド管理ソフトウェアであるEdge Microgatewayは昨年リリースされたものだが,Cloud Foundryのユーザは,それをPivotalプラットフォームのApigeeプラグインから利用できるようになる。

  • オンプレミス版Microsoft Azureか? Azure Stackのテクニカルプレビュー版がリリースされた

    Microsoftは先週,最初のMicrosoft Azure Stackテクニカルプレビューを配信した。企業自身のデータセンタ内でAzureサービスを実行可能にする製品である。Microsoftにとって今回は,Azureエクスペリエンスをローカル環境に提供する3回目の挑戦になる。ただし,パブリッククラウドのエクスペリエンスに忠実であった1回目のチャレンジでは,一般ユーザを対象としていた。

  • Herokuがクラウドアプリを分離するPrivate Spacesを発表

    5年前のSalesforceによる買収以来,Herokuは,開発者にフォーカスした��立PaaSとしての発展を続けてきた。先日ベータ版が発表されたHeroku Private Spaces – 新Salesforce App Cloudの一部としてHeroku Enterpriseバンドルに含まれる – は,運用面での重要なセキュリティ問題に対処すると同時に,SalesforceとHerokuの併用という疑問に解決を与える。

  • IBM、ベアメタルPaaSとPrivate APIカタログを発表

    IBMはSoftLayerのベアメタルインフラストラクチャ上に、Cloud FoundryベースのPaaS、Bluemixを提供する。サービスはMQ Series、IBM Watson、Cloudant NoSQLといった他の製品と統合されている。

  • Martin Fowler氏がマイクロサービスの特徴について語る

    サービス指向アーキテクチャ (SOA) は幅広く使われる言葉であり、実際には意味を持たない。 マイクロサービスはSOAの一部であり、SOAの専門用語の中では役に立つ部分だと言えるほど価値があると、GOTO Berlinカンファレンスのオープニングの基調講演でMartin Fowler氏が述べた。

  • VMware、vCloud Airをオーストラリアと日本に展開

    VMwareのハイブリッドクラウドサービスvCloud Airが2015年のはじめにオーストラリアで利用可能になる予定だ。日本では今年の7月にローンチされたが、この数週間のうちに一般利用可能になる予定だ。

  • Appleが企業と教育向けにiOSデバイスの配布と管理を改善

    AppleはDevice EnrollmentとVolume Purchase Programsの変更を発表した。これは、企業や教育向けに大規模にiOSデバイスが配布される状況を改善するためだ。企業が所有しているiOSデバイスが配布される場合もあれば、 "bring your own device"(BYOD)ポリシーを決めている場合もある。

  • モジュールを完全にサポートしたPuppet Enterprise 3.2

    Puppet LabsはPuppet Enterprise 3.2をリリースした。これはPuppetの商用サポート版のリリースだ。モジュールの完全サポート、非ルートユーザのタスクの自動化、新しいサーバを検知し準備する仕組みであるRazorの技術プレビューが含まれている。

  • FutureOpsと不変インフラストラクチャ,ビルトイン障害回復

    Vagrantを開発したMitchell Hashimoto氏が先月のVelocity Conf Londonで,“FutureOps” に対する自身のビジョンをテーマに,不変(Immutable)インフラストラクチャとビルトイン障害回復(Built-in Failure Recovery)の話題を交えながら講演を行った。

  • エンタープライズ開発者のためのツール表集

    VisionMobileは,500以上のツールを掲載したインタラクティブマップを製作した。インテグレーションや開発,テスト,デプロイメント,評価,マーケティングと収益化など,エンタープライズソフトウェア開発のあらゆる面をカバーする。マップには各ツールのメリットを簡単に述べた説明文の他に,開発者が業務に適したツールを選ぶ上でのクイックガイドとなる見解が掲載されている。

  • QConSF2013ハイライト - パート1

    Hyattの提供する魅惑的な施設で行われた3日間のカンファレンスには,どの日も講演や展示,アクティビティなどのスケジュールがぎっしり詰まっていて,どのトラックやイベントに参加するべきかの決断に迷うほどだった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。