BT
前の記事 rss
人のフォロワー

開発者のためのチャットボット入門

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月16日 午前3時22分

チャットボットは開発者の日々の作業において、テクノロジの動作に関する理解から、よりよいコードの記述に至るまで、ますます重要になってきている。開発者は一般的に、ボットやそれを支える技術に対して自然な好奇心を持っている。会話インターフェースとしてチャットボットを使用して、感情的知性にアプローチする人工知能ツールがある。

人のフォロワー

アジャイル採用におけるマネジメントのサポート

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年6月26日 午前3時37分

ビジネスの運営に関わるすべての人々にとって、ITの日々の業務への影響を理解することが不可欠になっている。上級管理職であれば、サイロやチーム全体を見渡して、システム全体のスループットに影響を与えることが可能だ。ITマネージャや役員は、チームの効率的かつ効果的な活動を、ビジネスマネージャによる積極的な関与に頼っている。マネジメントの関与は、企業全体のアジャイルにおいても重要だ。

人のフォロワー

壊れた人間機械に対処する

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月22日 午前2時36分

ソフトウェア開発や何か大規模なものを作ることを本当に推し進めるには、自分の盲点を探り、人々とのやりとりを学ぶ必要がある。自分たちが作る文化は重要だ。高いパフォーマンスのチームと低いパフォーマンスのチームの生産性と品質は桁違いだ。どのようにやるか、は、何をやるかと同じくらい重要だ。

人のフォロワー

言葉と振る舞いをより包括的にする

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年12月15日 午前1時13分

人を排除しないよう、間違っているときにはより意識を高める必要がある。また、なぜわれわれの言動によって誰かが混乱したり、怒ったりするのかを明らかにするため、内省的になる必要がある。人は排除されることにより、最終的には仕事、コミュニティ、職を離れる。これらは防がなくてはならないものである。Peter Aitken 氏は、包含問題に取り組む際のポジティブなアプローチを提案した。

人のフォロワー

ブログがアジャイルチームに力を与える

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月16日 午前2時26分

チームの思考と意思決定を各自の受信箱からブログにすることで誰でもアクセスできるようになり、将来見つけられやすくになり、全員が参照できる。ドキュメントを書くよりブログを書いて知識を移行し、コードに文脈を与えるプロジェクトの歴史を文書化することができる。

人のフォロワー

レトロスペクティブに関する初の年次報告書を公開

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月10日 午後9時54分

レトロスペクティブに関する初の年次報告書は、レトロスペクティブが現実世界でどのように使われているのかを深く理解できる。世界中から集まった275を越える調査回答を基にして、結果は、レトロスペクティブがチームコミュニケーションと生産性の改善を導き、信頼の環境を作るのに役立つことを示唆している。主な課題には、議論されるトピックがチームによって解決されず、人々が話すことを快く感じないという事実があった。

人のフォロワー

Meetupでの技術的負債の取り組み

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月6日 午前2時3分

継続的に製品の健全性を保つには定期的に一番影響のある技術的負債を優先順位付けして、それらを全体的に解消していくことだ。MeetupのCTOであるYvette Pasqua氏は、技術的負債に対する取り組み方を継続的に繰り返し適用することでより大きな成果を生み出すことを推奨している。最も影響の大きい負債から取り組み、その負債を解消したことで生まれる改善について伝える、というのが氏の主張だ。

人のフォロワー

会話を通じたより良いエンジニアリング

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 2017/07/20 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年7月25日 午前1時19分

敵対することを優しく押し殺すのはオンラインでの議論での真の戦略だ。侮辱や蔑視をする意図はないとを示すような振る舞いは相手の武装を解除する力がある。オンラインのコミュニケーションにはバイアスがあることを受け入れ、事実と道理を使ってバイアスに対処し、バイアスに自覚的になる訓練をして埋め合わせしようとするのが重要だ。

人のフォロワー

金融機関のDevOpsの取り組み

作者: João Miranda フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年7月2日 午後9時27分

ロンドンで2度目のDevOps Enterprise Summit (DOES) Europeが開催され、エンタープライズ分野のDevOpsコミュニティが集まった。中でも金融業界は、規制が強い産業の課題について独自の視点を提供し、DevOpsを活用してどのようにそのような課題を乗り越えたのかを語った。

人のフォロワー

Eric J. McNulty氏 : チームメンバーの脳は会って話すことを求める

作者: Shane Hastie フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年4月3日 午前3時31分

Strategy and Businessの最近の記事で、リーダーシップについての著作があるEric J. McNulty氏が、より効率的に働くために分散チームが面と向かい合った時間を必要とする理由について書いている。氏は分散チームについての研究を引用している。その研究によれば、実際に会って会議をすることの価値はそのコストを大きく上回る。

人のフォロワー

分散開発を成功させるには

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年3月29日 午後8時48分

分散開発には効果的なコミュニケーションが重要である – それには健全で多様なコミュニケーション手段を追求し、フィードバックを促進するための共感を双方向で確立し、モチベーションを注視し続けることが必要だ。分散型チームでは、アイデアから製品までの完全なデリバリに対する当事者意識と責任感を共有することによって、チームメンバがより積極的で創造的になることができる。

人のフォロワー

オピニオン:2017年のCulture & Methods は何が待ち構えている?

作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 3 人のフォロワー , Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , Susan McIntosh フォローする 10 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 23 人のフォロワー , Craig Smith フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年2月26日 午後10時40分

われわれは InfoQ Culture & Methods の編集チームに、2017年のテクノロジー分野で目立ってくるトレンドは何か、世界中の組織に影響するものは何か調査を行った。

人のフォロワー

アジャイルをオフショア開発に拡張する

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年1月4日 午後7時19分

ソフトウェア開発のオフショアとアジャイルを両立するためには,想定されていない環境下でアジャイルプラクティスを機能させるための時間を投資する必要がある。決して諦めてはならない – 原則に立ち返ることでアジャイルプラクティスを拡張(stretch)し,分散環境で効果的に機能するようにスケールアップする方法を共同で見つけることが必要なのだ。

人のフォロワー

分散チームにおけるアジャイル

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月31日 午前2時23分

異文化チーム開発(Cross-cultural team building)は,分離あるいは分散されたアジャイルチーム間のコラボレーションやチームワークを可能にする。しかし,分散されたチームから最大限の結果を得るには相応の投資が必要だ。今回の記事では,分離あるいは分散されたチームがアジャイルを実践する上で必要なものは何かを探る。

人のフォロワー

新技術を使用したプリンタを開発するためにスクラムをスケールさせる

作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年10月12日 午前3時57分

新しい印刷技術に基づいて高速プリンタを開発するとき、ものごとはどんどん変化する。多くの規律が存在する大規模プロジェクトを管理するための効果的で柔軟なソリューションが必要である。Océ Printing Systemsはスクラムをカスタマイズして協調作業を可能とし、進捗を見える化するためにスクラムをスケールさせることを決めた。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT