BT

InfoQ ホームページ ニュース

  • Ionic Capacitor - JavaScriptによるネイティブアプリケーションの開発

    Capacitorは、Ionicが開発したハイブリッドアプリケーションのための新しい開発フレームワークである。2009年に初めてリリースされ、ソリューションとして定評のあるApache Cordovaの代替を提供する。

  • AWSがDeep Learning AMIおよびAIサービスのSageMakerとRekognitionを強化

    Amazon Web Services (AWS)は、Deep Learning仮想マシンイメージのアップデートと、AIサービスSageMaker Ground TruthとRekognitionの改善を発表した。

  • AWSユーザにMLを提供するAmazon Personalizeが一般利用可能に

    昨年11月のAWS re:Inventで初めて発表されたAmazon Personalizeが、すべてのAWSユーザを対象に一般公開された。このサービスを使用すれば、マシンラーニングの経験がなくても、パーソナライズされたプロダクトレコメンデーション、検索結果、ダイレクトマーケティングなどのモデルを含む、独自のマシンラーニングモデルをアプリケーションに加えられるようになる。

  • Service Mesh Interface(SMI) - MicrosoftのLachlan Evenson氏とのQ&A

    先日のKubeConで発表されたService Machine Interface(SMI)について、MicrosoftのプリンシパルプログラムマネージャであるLachlan Evenson氏から話を聞いた。氏との議論はさらに、Kubernetes上のサービスメッシュのエコシステムにまで及んだ。

  • ビジネスアプリケーションにAIを - MicrosoftがAI Builderをプレビューリリース

    先日のBusiness Applications Summit in AtlantaでMicrosoftは、AI Builderという名称で、Power Platformの新たな人工知能(AI)サービスを発表した。この新サービスはローコードアプリケーションやワークフローサービス、エンタープライズクラスのデータストアであるCommon Data Service(CDS)上で実行されるMicrosoft PowerAppsやMicrosoft FlowなどにAI機能を提供する。

  • Solo.ioがサービスメッシュハブとカオスエンジニアリングツールを発表

    クラウドネイティブソフトウェア企業のSolo.ioは、業界初となるサービスメッシュハブをローンチした。このハブは、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境へのサービスメッシュテクノロジの導入を支援するリソースとして、Istio、Linkerd、Envoy、AWS App Mesh、HashiCorp Consulといったツールを提供する。

  • JCPのディレクタHeather VanCura氏、JCP20周年をInfoQに語る

    Java Community Process(JCP)のディレクタでJCP Executive Committee(EC)の議長でもあるHeather VanCura氏は先日、ピッツバーグとニューヨーク市のBNY Mellonのキャンパスを訪れて、JCP20周年の記念講演を行った。このイベントには、NYJavaSIGとACGNJ Java Users Groupの2団体も協賛している。氏はInfoQに���JCPと20周年について話してくれた。

  • サイバー心理学の研究を積極的なインターネットエクスペリエンスに活用する

    我々がインターネットをどのように利用しているか、我々の生活にインターネットがどのような影響を与えているかについて、意見はたくさんあるが、十分な事実はない、サイバー心理学(cyberpsychology)の目標はその事実を確立することにある、とOonagh O'Brien氏は言う。氏はRebelCon.io 2019で、インターネットの利用が学生の健康や学業成績に与える影響、インターネットの積極的利用、インターネットにおける積極的発展に関する自身の研究について講演した。

  • .NET Core - 過去、現在、そして未来

    先回のMicrosoft Buildで、同社.NETプログラムマネージャのScott Hunter氏が、.NET Coreが.NETの未来である(.NET Core is the future of .NET)と題した記事を発表した。

  • サーバレスアーキテクチャの特徴

    サーバーレスアーキテクチャを扱った最近の文献は、その多くがクラウドプロバイダによって書かれているため、メリットを強調し過ぎている — Wisen Tanasa氏は先日のブログ投稿で、このように書いた。新たなテクノロジが現れた時には、それを採用することの意味について理解することが重要である。Tanasa氏がサーバーレスアーキテクチャの特性について、より客観的な理解を提供しようとしているのは、そのような理由からだ。

  • Android React Ntiveアプリの起動時間とメモリ使用量の大幅な削減が可能なFacebook Hermes

    先頃Facebookがオープンソースとして公開したJavaScriptエンジンのHermesの目標は、Androidデバイス上でのReact Native Appsのパフォーマンス向上にある。特に重視されているのが、起動パフォーマンス、ダウンロードサイズ、メモリ消費量だ。Facebookの主張は、Microsoft Officeと、Slackに代わるオープンソースの代替品であるMattermostを使った最初のベンチマークで裏付けられている。

  • GitHubは継続的な脆弱性検出のためにSemmleコード分析を統合する

    GitHubはスタートアップのSemmleを買収し、継続的統合/継続的デプロイサービスの一部として、継続的脆弱性検出を目指している

  • Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSオペレータのサポートを加えたRook v1.0

    KubernetesのストレージオーケストレータであるRookが、コンテナ内のファイル、ブロック、オブジェクトなどのストレージを使用する実稼働ワークロードを対象としたバージョン1.0をリリースした。Rook 1.0のハイライトのひとつは、Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSといったオペレータによるストレージプロバイダのサポートである。例えば、PodからのNFSファイルシステムの要求に対してRookは、手作業による介入のないプロビジョニングが可能だ。

  • Pulumi Crosswalk - AWSのインフラストラクチャ・アズ・コード

    Pulumi CrosswalkはAWSインフラストラクチャ・アズ・コードをサポートするコンポーネントの、オープンソースライブラリだ。AWSリソースのプロビジョニングと管理に関するベストプラクティスを提供することで、AWSにおけるアプリケーション開発時の開発者エクスペリエンスの向上を目的とする。

  • 品質と文化:別の分野、業界からの学び

    航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io 2019で語った。航空には失敗から継続的に学ぶ歴史がある一方、医療では文化とバイアスが、学びと継続的な改善の障壁であるように思われる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。