BT

InfoQ ホームページ ドキュメンテーション に関するすべてのコンテンツ

  • TSDoc - TypeScriptソースコードのドキュメント化フォーマット

    TSDocは、TypeScriptソースコードを文書化するための新たなフォーマットの提案である。既存のTypeScript APIドキュメントパーザはJSDocに基づく構文を受け入れるが、JSDocの拡張部分に関しては実装間で一貫性がなかった。

  • Microsoft、Google、MozillaがWebドキュメントで提携へ

    ブラウザの主要3ベンダが共同で、それぞれのWeb APIリファレンスドキュメントをMozillaのMDNに統一するとともに、今後の取り組みを支援するアドバイザリグループを立ち上げると発表した。このグループではMDNを、Webプラットフォームドキュメントおよびリファレンスのための唯一の正式資料(single point of truth)として運用を開始する。

  • ブログがアジャイルチームに力を与える

    チームの思考と意思決定を各自の受信箱からブログにすることで誰でもアクセスできるようになり、将来見つけられやすくになり、全員が参照できる。ドキュメントを書くよりブログを書いて知識を移行し、コードに文脈を与えるプロジェクトの歴史を文書化することができる。

  • Webドキュメント改善のためMozillaがMDNを一新する

    MozillaはMDN一新計画を発表した。MDNはMDN Web Docsのままではあるが、製品ドキュメントとは分けられる。開発者の間では、MDNは高品質のドキュメントで人気のあ��場所の1つとして知られている。Mozillaは"MDNがWebのドキュメントでもっともよい唯一のリソース"となることを望んでいる。

  • GitHubによるオープンソースに関する調査結果

    GitHubがオープンソースプロジェクトに関する調査を実施し、その分析結果を発表した。GitHubは、開発者がオープンソースとどうかかわっているか、ドキュメントの役割は何か、そして、プロジェクトでみられるネガティブなやりとりのレベルと影響について関心がある。

  • Microsoft、.NETドキュメントの統合を発表

    Microsoftが新しい.NET APIブラウザを発表した。標準化された方法で.NETドキュメントを見つけることができる。ドキュメントに対するコミュニティからのコントリビューションも可能になる。ユーザーはUser Voiceサイトから、改善のリクエストと、どの提案がもっとも重要かの投票ができる。これにどのドキュメントをAPIブラウザに追加してほしいかも含まれる。

  • Stack OverflowがDocumentation Webサイトをベータローンチ

    Stack OverflowはDocumentationというWebサイトを新たにローンチした。開発者を対象とした,さまざまなソフトウェア開発のトピックに関するドキュメントの作成が可能だ。

  • PuppetはDocker向けの機能をBlueshiftプロジェクトでリリースする

    Blueshiftプロジェクトにおいて、PuppetはPuppetを実行するための一連の新しいDockerイメージをreleased to Docker Hubにリリースした。Blueshiftは異種混合のソフトウェアの管理の問題への解のデモであり、Puppetを新しいソフトウェアスタックを管理する統一的な方法として用いるものである。

  • MSDN/TechNetがdocs.microsoft.comとしてオープンスースに

    Microsoftは15年に渡って基本的には同じコードベースで運用されてきたMSDNとTechNetをついに引退させることにした。後継はオープンソースプロジェクトであるdocs.microsoft.comだ。

  • Ilan Goldstein氏のScrum Myth Busterシリーズ

    この記事では,認定スクラムマスタであるIlan Goldstein氏による,スクラムの俗説(Myth)に関する説明を取り上げる。

  • APIドキュメンテーションの将来、Readme.io創業者とのインタビュー

    ドキュメンテーションはソフトウェア開発でかなり軽視されている領域のひとつだが、ようやく注意が向けられるようになってきて比較的新しいツールがたくさん出てきている。APIにとって、ドキュメンテーションは不可欠なものだろう。Gregory Koberger氏は、デベロッパドキュメントをAPIとAPIダッシュボードにもっと直接つなぐためのシステムに取り組んでいる。

  • State of Testing 2015報告書が公開

    “state of testing 2015 report”は,テストに関する今年の調査結果を公開した。PractiTestのJoel Montvelisky氏とTea-Time with Testersを主催するLalit Bhamare氏が取りまとめたものだ。テストの技術やプラクティス,自動化の採用状況に加えて,テスト担当者が直面している課題に関する見識を与えてくれる。InfoQは主催者である両氏にインタビューした。

  • DDDと”生きたドキュメント"

    ドキュメント作成は退屈な作業だ。疎かにされたり,誤った扱いをされることも少なくない。しかしCyrille Martraire氏は,今年ロンドンで開催されたDDD Exchangeカンファレンスでのプレゼンテーションで,ドキュメントとコードをともに改良する新たな考え方として,ドメイン駆動開発(DDD)を使って“生きたドキュメント(living documentaion)”を作る方法を紹介した。

  • ApiaryがApiary for Enterpriseを発表

    API BlueprintをサポートするApiaryが新製品,Apiary for Enterpriseを発表した。定義済みのAPIスタイルガイド標準やベストプラクティスに対するAPI設計評価を行うツーリングによって,API設計のベストプラクティスをプロモートする。InfoQでは同社にコンタクトを取り,新製品にさらなる光を当てることにした。

  • API World 2014が開催

    この記事では、API World 2014の1日目で行われたさまざまな講演を振り返る。特に、効果的なAPIの設計や開発についての講演だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。