BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ エンタープライズアーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • ITとアーキテクチャ:裏返しの観点

    ソフトウェア業界は、無秩序で、コストは、どんどん高くなり、品質は低下している。ITにおける新しい技術やプロセスや方法論の約束は、いかなる重要な規模においても、今だに実現化されていない。Bruce Laidlaw と Michael Poulinの両氏は、30年以上の経験から、ITの過去と現在関して、考えを比較し、ソフトウェア業界が進歩するために何が必要かについての洞察を提供している。

  • コールバック不要:Javascript に逐次プログラミングを取り戻す StratifiedJS

    StratifiedJS は Javascript に並列性構造を追加したスーパーセットであり,Javascript のコールバック地獄を過去の遺物にします。でも,どうやって? InfoQ ではその方法を,Onilabs の Alexander Fritze 氏に聞きました。

  • アジャイルのまずい考え方

    Christopher Goldsbury氏は、アジャイルに見られるいくつかの「まずい考え方」を取り上げている。マネジメントやドキュメンテーション、テスト、チーム、スケジュールに関してよく遭遇するが、現実に反した主張である。このようなまずい考え方は、誤っているにもかかわらず、アジャイルの中に隠れ場所や正当化の根拠をみつけるのだ。これらの考えがアジャイル方法論を牛耳って、よい動きに陰を落とすようになるまでに、これらの見方に対応することは必須である。

  • Javaと.NETの特許問題への短い紹介

    最近のGoogleとOracleの間の法的な戦いによって、Javaと.NETの特許問題が再び注目されている。Tim Smith氏が、Oracle/Sun と Microsoftによって提供されているライセンスを紹介する。GoogleのAndroid プラットフォームのようなサードパーティの実装にそれらがどう影響するのかに、焦点を当てる。 恐らく、Google Androidのユニークな実装が、動機となったことも取り上げられる。

  • 信頼できるメッセージングは、不要。

    Marc de Graauw氏は、WS-ReliableMessagingのようなトランスポート レベルの信頼性メカニズムが必要だ、という考えに対して、挑戦している。そのために、オランダのヘルスケアのSOAを例に、いかに、順番処理と正確に1度の処理を実現するビジネス論理の方が、ずっとうまくジョブを処理できるかを説明している。

  • ScalaとSpring:両世界のベストを一体化

    Scala, Spring と JPAを使った具体的な例を基に、このアーティクルは、暗黙の変換や traitsのようなScalaの強力な概念によって、いかにSpringを強化するかを説明している。更に、JavaベースのフレームワークとScalaの間の溝がいかにスムーズに埋められるかを示している。

  • 実践RESTful HTTP

    Gregor Roth氏から、RESTful HTTPの基礎に関してオーバービューを提供し、RESTful HTTPアプリケーションを設計する上で開発者が直面する典型的な問題に関して取り上げる。その中で、RESTアーキテクチャスタイルをいかに実践していくかを示す。Gregor氏は、URIの命名の共通して利用されるアプローチや、統一インターフェースをつかったリソースへのインタラクション、PUTとPOSTの使い分け、CRUD以外の操作のサポートなどについてとりあげている。

  • Flex 4の新機能トップ10

    今週(2009年6月1日)AdobeはFlex 4の正式な初ベータ版をリリースしました。Flex 4はGumbo(オクラ)というコードネームで開発されています。今回のリリースには大きな変更が多数含まれています。このRIAフレームワークの最新バージョンにおいて変更された事柄についての概要を以下のリストで見ていきましょう。

  • 私たちに必要なものは情報システムの評価である

    Pierre Bonnet氏は、情報システムがあまりに曖昧で、俊敏でないと主張します。彼は、「健全な」企業が、過剰なリスクを負って数か月のうちに崩壊する原因について説明しています。

  • サーバーの電力消費の問題

    サーバーの性能と電力消費は、時間の経過とともに増加しています。

  • Web開発者が知っておくべき八つの分離レベル

    Web開発者がプログラミング・モデルに与えられる制約をWeb開発者が理解し、システム・アーキテクトと開発者が必要なデータ一貫性を確保しつつ最も効果的な分離レベルを選択するための議論を行うのを助けるため、分離レベルをリスト・アップしました。

  • Groovy 1.6で注目の新機能 - Groovyの開発リーダーによる解説

    SpringSource社におけるGroovy開発トップのGroovyプロジェクトマネージャであるGuillaume Laforge氏が新しくリリースされたGroovy 1.6の注目の新機能について概要説明をおこなってくれます。

BT