BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ エンタープライズアーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • 大規模データ技術の現状と今後の方向性

    クラウドコンピューティングを前提とした大規模データ技術が利用可能となってきています。Big Dataが一過性のブームで終わるかどうかにかかわらず、スケーラブルな分散アーキテクチャーの基盤はデータベース技術に主導されつつあります。RDBとORM主体のエンタープライズシステムは、HadoopやNoSQLとの組み合わせにより複合的なデータモデルに発展しました。こうしたアーキテクチャーの革新を最適化し、複雑さを隠ぺいするためにデータタイプやデータモデルを導入する新たな動きが起こっています。また、Hadoopの多方面への発展の軸を見ることで、大規模データ技術の発展の方向性を占うことが可能です。

  • 「Groovy & Grails eXchange 2011」in London 参加レポート(1/3)

    2011年12月8日~2011年12月9日に、ロンドンのSkills Matter eXchangeにて開催された「Groovy & Grails eXchange 2011」の参加報告を、日本Grails/Groovyユーザーグループのメンバーが3回に渡って紹介します。

  • SOAP から REST へ - その方法と意義

    REST API の数はここ5年間で急激に増加しています。しかしそこには実装上の矛盾が数多く存在し,多数の開発者がその原因である RESTful アーキテクチャ定義に合意点を見出すための努力を続けています。この記事では iPaaS (Integration Platform as a Service) である Mule iON が,公開 API と API マッシュアップに一貫性を実現している方法について説明します。

  • セミナーレポート:「ISO26262セミナー」

    2011年9月13日「ISO26262セミナー ~車載開発は品質、環境から安全へ ISO26262対応を支援します~」が開催された。本セミナーでは、検査登録機関のSGSジャパン株式会社、管理インフラ・ソリューションを提供するダッソー・システムズ株式会社、ソフトウェアエンジニアリングに基づいてISO26262対応を支援する株式会社豆蔵と、開発を実現するTDIプロダクトソリューション株式会社が、各社それぞれの領域でISO26262対応についての講演が行われた。

  • エージェントは生き残っているか?(後編)

    Javaで実装されたFIPA仕様準拠の代表的エージェント・プラットフォームであるJADEの特徴の簡単な解説と、最近のJADEの適用範囲の広がりについて紹介。

  • LightSwitchの画面項目にSilverlightユーザーコントロールを追加する

    LightSwitchにSilverlightのユーザーコントロールを追加して画面のカスタマイズを行う方法を紹介する。

  • SOAの未来はRESTか

    この記事ではBoris Lublinsky氏がSOAとRESTのアーキテクチャ上の違いを説明し、SOAの実装としてのRESTを使う方法を説明します。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • エージェントは生き残っているか?(前編)

    エージェント・プラットフォームの概略史と、異種エージェント・プラットフォーム間の相互運用性に関わる標準仕様であるFIPA仕様の特徴を簡単に解説する。

  • Oozieの紹介

    複数のMap/Reduceジョブを論理的なひとつのユニットに組み上げるフレームワーク、Oozieを紹介します。

  • アジャイル契約

    従来のウォーターフォールモデル手法,すなわち要件を定義し,サプライヤが価格を提示して,両者が法的拘束力を伴う契約書にサインする,というやり方は,企業が何かを購入する場合にはとても都合のよいものです。しかしこの方法で記述された契約書には,アジャイルアプローチを使った開発に必要な自由がほとんどありません。この記事では,サプライヤと顧客がアジャイル開発の契約を締結するために利用可能な,4つの異なったモデルを検証しています。

  • ITとアーキテクチャ:裏返しの観点

    ソフトウェア業界は、無秩序で、コストは、どんどん高くなり、品質は低下している。ITにおける新しい技術やプロセスや方法論の約束は、いかなる重要な規模においても、今だに実現化されていない。Bruce Laidlaw と Michael Poulinの両氏は、30年以上の経験から、ITの過去と現在関して、考えを比較し、ソフトウェア業界が進歩するために何が必要かについての洞察を提供している。

BT