BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ エンタープライズアーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • GoogleがAppsheetの自動化機能の一般向け提供を発表

    最近、Googleは、AppSheets Automationの一般向け提供を発表した。これは、同社のノーコード開発プラットフォームであるAppSheetへの追加機能である。自動化により、顧客は反復的なタスクとビジネスプロセスを自動化できる。

  • WebRTCは開始から10年後に公式のWeb標準へ

    Web Real-Time Communications(WebRTC)は、最近、Webの標準になった。これは、WebRTCの長い道のりの主要なマイルストーンである。これは、Googleが主要な通信技術をオープンソース化することで、2011年に始まった。WebRTCワーキンググループが新しいユースケース(オーディオフィードとビデオフィードのライブ処理、モノのインターネットのユースケースなど)の統合に努めると共に、この新しい標準は進化し続ける。

  • Intel CPUのマイクロコードを変更可能な2つの未公開インストラクションが発見された

    セキュリティ研究者のMark Ermolov、Dmitry Sklyarov、Maxim Goryachy3氏が、CPUマイクロコードの修正に使用可能な、文書化されていない2つのx86インストラクションを発見した。これらのインストラクションは、ただし、CPUがデバッグモードで動作している場合にのみ実行可能なので、簡単に悪用できるものではない。

  • 最高裁判所は、GoogleによるJava APIの使用は公正利用であると判決

    アメリカ合衆国の最高裁判所は、GoogleによるJava APIの使用は公正利用であり、Oracleが提起した異議申し立ては却下されたとの判決を下した。InfoQはその歴史と、これがAPIの将来にとって何を意味するのかを振り返る。

  • Netflixは迅速なアプリケーション開発のためにGraphQLマイクロサービスを擁した

    Netflixエンジニアリングは先頃、どのようにNetflixが迅速なアプリケーション開発のためにGraphQLマイクロサービスを擁したかを詳述したブログ投稿を公開した。この投稿では、NetflixのシニアソフトウェアエンジニアであるDane Avilla氏が、プロセスにおける重要な学習と、GraphQLが概念実証の開発にどのように役立つかについて説明する。

  • 価値 対 時間: アジャイル契約モデル

    アジャイル契約モデルは、顧客に提供する価値に重点をおくのに役立つ。そして、チームや人々に報いることを考慮し、共通の目的に向かって継続的改善を行うようにする。Zupit のアジャイル契約モデルの経験について、ZupitのCEO、Andrea Zomer氏にInfoQがインタビューした。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリ��ーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • HashiCorpがHCP Vaultのパブリックベータ版を発表

    最近のブログ投稿で、HashiCorpはクラウドプラットフォーム(HCP)で提供されるHashiCorp Vaultのパブリックベータ版を発表した。Vaultを使用すると、顧客はマネージドクラウドサービスを活用して、シークレットの管理および暗号化機能を使うことができるようになる。

  • ノーコードアプリ開発はデジタルトランスフォーメーションに不可欠

    GoogleのプロダクトマーケティングマネージャーであるJennifer Cadence氏は、最近、ノーコードアプリ開発の現状に関する報告を公開した。Cadence氏は、Google Cloudブログでの投稿で、なぜノーコードプラットフォームがデジタルトランスフォーメーションの不可欠な要素になっているかを説明している。彼女は、スピードと機敏性、生産性とコラボレーション、ガバナンスとセキュリティが、これらのプラットフォームの重要性に関する不可欠な要素であることを示している。

  • Haskellの採用促進を目指すHaskell Foundationが発足、20万米ドルの資金を調達

    Glasgow Haskell Compilerのリードデザイナを務めるSimon Peyton Jones氏が先頃、Haskell Foundationの設立を発表した。Haskell Foundationは、���ールやライブラリ、教育、研究といったHaskellのエコシステムのサポートを通じたHaskellの採用拡大を目的とする非営利組織であり、すでに企業スポンサから20万ドルの資金を集めている。

  • リーンと「LeanとDevOpsの科学 (Accelerate) 」を適用して価値をデリバリする: QCon Plus Q&A

    リーンの原則と実践の背景にある科学と数学を理解することで、エンジニアリングリーダは、職場でそれらを提唱し、実装することができる。このようにして、David Van Couvering氏がQCon Plus 2020で価値を提供するためのリーン原則と実践の適用についての講演で説明したように、従業員のエンゲージメントと士気、そして収益に直接影響を与えることができる。

  • Mock Service Workerライブラリにより、復元力のあるRESTおよびGraphQL APIテストが可能に

    Mock Service Worker (MSW) APIモックライブラリを使用すると、開発者は、実際のバックエンドを使用したり、モックサーバーを設定したり、ネイティブhttp/https/fetch実装をスタブしたりせずにWebアプリケーションをテストできる。MSWは、RestとGraphQL APIの両方をモックする。MSWは今年JavaScriptオープンソース賞を受賞した。

  • AWSはAmazon MQがRabbitMQをサポートすると発表

    AWSは、Amazon MQが人気のあるオープンソースメッセージブローカであるRabbitMQをサポートするようになると発表した。RabbitMQのサポートにより、顧客はコードを書き直すことなく、既存のRabbitMQメッセージブローカをAWSに移行できる。

  • Salesforceで大規模なWebコンポーネント: 遭遇した課題、学んだ教訓

    Lightning Web Components (LWC) の共同作成者で、SalesforceのプリンシパルアーキテクトであるDiego Ferreiro Val氏は、WebComponentsSFで、エンタープライズ規模でWebコンポーネントを活用するプラットフォームを構築する際の課題と教訓について講演した。欠けたところはあるが、Webコンポーネント標準は、Salesforceの相互運用性、後方互換性および上位互換性の目標を大規模に達成するのに役立った。

  • 見積を止めたことで予測可能性が向上したのはなぜか

    ストーリポイントを使った見積が役に立っていないのではないか、と思ったあるチームが、#NoEstimateを試してみることにした。ストーリをより小さなタスクに細分化することで、ベロシティに対する洞察が生まれ、予測可能性を高くすることができる。プロセスに要する時間を低減して、価値の提供により多くの時間を費やすことも可能になる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。