BT

InfoQ ホームページ エンタープライズアーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • AirbnbにおけるGraphQLマイグレーション

    Airbnbは、APIの大半をGraphQLに移行して、ページロード時間の短縮とより直感的なユーザエクスペリエンスを実現することに成功した。GraphQL Summitで行われたプレゼンテーションでは、Brie Bunge氏が、同社の多くのチームで使用されたマルチステージのマイグレーションプロセスについて説明した。

  • OracleがCloud Native Servicesを拡張し、Kafka Streaming、API Gateway、ログサポートを追加

    先日のブログ記事で、Oracleは、同社Oracle cloud Native Servicesプラットフォームで3つの新サービスを限定的に公開すると発表した。Kafka Compatibility for Oracle Streaming、サーバレスコンポーネントやコンテナとの接続を管理するAPI Gateway、複数のリソースやアプリケーションのログ管理と分析をサポートするLoggingサービスがその内容だ。

  • オープンソースのCNCF CloudEvents仕様、バージョン1.0のマイルストンに到達

    CloudEventsは、イベントデータを標準的な方法で記述するためのオープンソース仕様だ。サービスやプラットフォームなどの間で配信されるイベントを、容易に定義できるようにすることを目的とする。仕様を推進しているのはCloud Native Computing Foundation(CNCF)である。そのCNCFが先日、同仕様がバージョン1.0のマイルストーンに到達したことを発表した。

  • デジタル文化によるデジタル変革の促進

    デジタル文化(Digital Culture)は、デジタル変革の重要な要素だ、最先端の競争力を維持するために生産性と革新性を高めてくれる — Aisling Curtis氏は言う。Women in Tech Dublin 2019で氏は、仕事の未来と、デジタル変革においてデジタル文化が果たす役割について講演した。

  • USCISはITとビジネスとの橋掛けをいかに行ったか - DOES 2019での講演より

    USCISIチームとビジネスチームは、2019年のDevOps Enterprise Summitで、自らの経験について発表した。2017年、手作業だった裁定プロセスの最適化を目標として、彼らのチームはデジタル化の旅に乗り出した。解決しなければならない最も大きな問題は、手作業のプロセスで毎日処理される書類の山だった。困難を乗り越えた彼らは、ビジネス成果の提供とDevOpsテクノロジの改善に成功することができた。

  • IoT仮想プログラミング環境Node-REDがバージョン1.0に到達

    2年間の開発サイクルを終えて、多くの変更が加わったNode-REDがついに、バージョン1.0に到達した。1.0での主要な新機能の中には、新しくなった非同期メッセージパッシングモデル、新しい補完API、デフォルトでのメッセージクローニングなどが含まれている。ビジュアルエディタも改良された。

  • Microsoft、ExFATのLinuxカーネルでの実装方法を明確に

    Microsoftは、exFAT公式仕様を自由に利用できるようにする。これにより、exFATドライバをLinuxカーネルに直接含めることが可能になる。さらに、exFAT対応のLinuxカーネルの公開に合わせて、Open Invention NetworkのLinux System Definitionへの登録をサポートする予定である。

  • 高可用性ワークフローエンジンZeebeが実運用対応に

    Zeebeは、クラウドネイティブおよびイベント駆動アーキテクチャで動作する高性能アプリケーションのスケーラビリティ要件を満足し、複数のマイクロサービスにわたるワークフローを低レイテンシ、高スループットのシナリオでサポートするように設計されたワークフローエンジンだ。実運用対応の可能な無償のコミュニティエディションとして先頃、Zeebe 0.20.0がリリースされた。

  • Service Mesh Interfaceの紹介 - Brendan Burns氏のQCon New Yorkでの講演より

    Service Mesh Interface(SMI) 仕様は、さまざまなサービスメッシュ実装の上に抽象化レイヤを提供することで、プロセスを変更せずに実装を簡単に交換できるようにする。Kubernetesの開発者のひとりで現在はMicrosoftに所属する、著名なエンジニアのBrendan Burns氏は、先日のQCon New York 2019 Conferenceで、新しい仕様と今後のロードマップについて講演した。

  • Celia Kung氏、LinkedInのBrooklinデータストリーミングサービスを語る

    LinkedInチームのCelia Kung氏は、先週のQCon New York 2019 Conferenceで、プラグイン可能なソースとデスティネーションをサポ��トするデータストリーミングサービスであるBrooklinについて講演した。さまざまなデータストアとメッセージングシステムが使用可能になることで、柔軟性と拡張性を備えたソリューションが実現する。Brooklinは、LinkedInで開発されたストリームインフラストラクチャプラットフォームの一部である。

  • DOES London - Mark Schwartz氏の語る”戦争と平和とIT”

    元CIOで因襲打破主義者(iconoclast)を自称するMark Schwartz氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで講演した。Schwartz氏は、IT Revolutionの出版した3つの書籍'The Art of Business Value'、'A Seat at the Table'、'War & Peace & IT'の著者であり、現在はAmazon Web Servicesでエンタープライズストラテジストの任にある。

  • ビジネスアプリケーションにAIを - MicrosoftがAI Builderをプレビューリリース

    先日のBusiness Applications Summit in AtlantaでMicrosoftは、AI Builderという名称で、Power Platformの新たな人工知能(AI)サービスを発表した。この新サービスはローコードアプリケーションやワークフローサービス、エンタープライズクラスのデータストアであるCommon Data Service(CDS)上で実行されるMicrosoft PowerAppsやMicrosoft FlowなどにAI機能を提供する。

  • ディジタルトランスフォーメーションのための持続性と拡張性を備えたソリューション

    "デジタルトランスフォーメーション"という用語を使う時、我々の取り得る変革アプローチは、今日の複雑化した組織を扱う上ではすでに無効となった、従来のリニアな管理手法に制約されるようになる。組織の変化に対して、持続可能でスケーラブルなソリューションを考案するためには、そのコンテキストと組織内部の動作を���解することに意識を集中する必要がある。

  • イベントとマイクロサービスによる実践的ドメイン駆動設計 - QCon New YorkでのIndu Alagarsamy氏の講演より

    コンテキスト境界やメッセージングテクノロジといったドメイン駆動設計(DDD)の概念を使用すれば、ビジネスの変化に合わせて拡張可能な、信頼性の高いシステムを構築することができる。Indu Alagarsamy氏は先日のQCon New York 2019 Conferenceで、明確に定義されたコンテキスト境界とイベントを組み合わせて使用することによって、ビジネスの変化に柔軟に対応可能な、自律的マイクロサービスの開発について講演した。

  • restQL V3がリリース

    マイクロサービスクエリ言語restQLの最新バージョンがリリースされた。コンテンツアグリゲーション、HTTPメソッドのサポート拡張、自己修復機能、node.jsアプリのバージョンアップなどの、注目すべき新機能が提供されている。全体的なパフォーマンス改善により、最新バージョンは、前バージョンに比較して最大2倍に速度が向上した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。