BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Event Stream Processing に関するすべてのコンテンツ

  • Amazon RekognitionがStreaming Video Eventを導入

    AWSは先頃、Amazon Rekognitionの新機能として、ライブビデオストリーム上でリアルタイムなアラートを提供するStreaming Video Eventsの提供を開始すると発表した。

  • 動きのあるデータのイベント処理をシンプルにすることを目的としたQuineとは

    thatDotで開発されたQuineは、大量のイベント処理を目的としたオープンソースのストリーミンググラフソリューションである。Quineでは、グラフデータとストリーミングテクノロジーを組み合わせて、リアルタイムで複雑なイベント処理ワークフローを大規模に作成できるとthatDotは言っている。

  • AWSがオンデマンドのAmazon Kinesis Data Streamsをローンチ

    Amazon Kinesis Data Streams は、ストリーミングされたデータを大規模にリアルタイムに処理するための、AWSのフルマネージドのサーバレスのサービスだ。先ごろ、同社はサービスの新しいオンデマンドのキャパシティモードをリリースした。これにより、ストリーミングワークロードのキャパシティプロビジョニングと管理が不要になる。

  • Apache Flink、Kafka、およびPinotを使用したUberでのリアルタイムの正確に1回のイベント処理

    UberEats に広告を導入した後、Uber はいくつかの困難に直面した。生成したイベントは、迅速、確実、正確に処理する必要があった。これらの要件は、広告イベントのストリームを正確に1回のセマンティクスでリアルタイムに処理する、Apache Flink、Kafka、および Pinot をベースにしたシステムによって満たされた。このアーキテクチャを説明する記事が最近 Uber Engineering ブログに公開された。

  • MicrosoftがEvent Hubs Premiumのプレビューを発表

    Azure Event Hubsは、クラウドでの要求の厳しいビッグデータのストリーミングやイベント収集のニーズに対応すべく設計された、Microsoftのリアルタイムイベント収集マネージドサービスである。そのMicrosoftが毎年開催するBuildカンファレンスの期間中に、弾性と高いパフォーマンス、予測可能なレイテンシを必要とする、ハイエンドなイベントストリーミングシナリオに最適な新しいプロダクトSKUとして、Event Hubs Premiumの公開プレビューが発表された。

  • Hazelcast Jet 4.4がリリース - 4周年記念リリースについて、Scott McMahon氏に聞く

    Hazelcast Jetは先頃、バージョン4.0をリリースして、その4周年を自ら祝福した。通常のバグ修正やパフォーマンス向上に加えて、このバージョンでは、統合ファイルコネクタやSQLインターフェース初のベータ版など、新機能も提供されている。フィールドエンジニアリングを担当するテクニカルディレクタのScott McMahon氏に、今回の新リリースについて聞いた。

  • ConfluentがMicrosoftとの戦略的提携を発表

    Apache Kafkaを創設した企業であるConfluentは最近、Microsoftとの間の新しい戦略的提携を発表した。Confluent CloudとAzureプラットフォーム間のより統合されたエクスペリエンスを可能にするためである。

  • GoogleがEventarcをプレビュー版で発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはEventarcを発表した。これは、顧客が60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runをトリガーできる新しいイベント機能である。Eventarcを使用すると、顧客はイベント駆動型アプリケーションを構築し、イベントの取り込み、配信、セキュリティ、承認、可観測性、およびエラー処理を扱うことができる。

  • Amazon Kinesis Data FirehoseでHTTPエンドポイントへのデリバリが可能に

    Amazon Kinesis Data Firehoseに先頃、ジェネリックなHTTPエンドポイントへのデータストリーミングのサポートが追加された。これにより、Amazon API Gatewayのサービス統合を通じて、新たなAWSサービスをデスティネーションとすることも可能になる。新機能の一部として、Datadog、MongoDB、New Relicなど、新たなサードパーティサービスプロバイダ用のインテグレーションも用意されている。

  • AWSがAmazon Timestreamの一般提供をリリース

    AWSは先頃、SQLを通して時系列データを公開するサーバレス専用データベースであるAmazon Timestreamの一般提供を発表した。Amazon Timestreamを使用すると、顧客は、最近のデータをメモリに保持し、ユーザ定義���ポリシーに基づいてコストが最適化されたストレージ階層に履歴データを移動することで、時系列データのライフサイクルを管理する時間とコストを節約できる。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

  • Confluent Cloud での Apache Kafka のための Infinite Storage と Retention

    Confluent, Inc. はこのほど、同社の標準および専用クラスタ向けの Infinite Storage オプションを発表した。この提供は、Kafka を最新のクラウド特性で実現することに焦点を当てた Project Metamorphosis イニシアチブの一環として行われる。組織は、すべてのイベントデータを一元化したプラットフォームで、無限のストレージと保持を備えたリアルタイムのアクションや履歴分析ができる。

  • Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

    最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスのSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

  • KSQLがConfluent Cloudで利用可能に

    KSQLは、Apache KafkaのストリーミングSQLエンジンであり、現在、Confluent Cloud Platform上でフルマネージドサービスとして、利用量ベースの料金プランですべての顧客が利用できる。最近のブログ投稿で、ConfluentはConfluent Cloud KSQLの提供を発表した。

  • Spotifyにおけるイベント配信システムのクラウド運用

    イベント配信はSpotifyにおける重要なコンポーネントである。配信されるイベントには、ユーザに関する重要な情報、ユーザの行動、運用ログが含まれている。クラウドでのイベント配信システム運用が2年半を経過したことから、Bartosz Janota、Robert Stephenson両氏は、同社のこの成果と、スタックをクラウド上に移行したことによって同社が達成したシステムの革新と単純化について論じたブログ記事を公開した。

BT