BT
rss
  • 人のフォロワー

    「Groovy & Grails eXchange 2011」in London 参加レポート(1/3)

    作者: 奥 清隆 フォローする 0 人のフォロワー , 山本 剛 フォローする 0 人のフォロワー , 綿引琢磨 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2012年3月1日 午後3時55分

    2011年12月8日~2011年12月9日に、ロンドンのSkills Matter eXchangeにて開催された「Groovy & Grails eXchange 2011」の参加報告を、日本Grails/Groovyユーザーグループのメンバーが3回に渡って紹介します。

  • 人のフォロワー

    セミナーレポート:「ISO26262セミナー」

    作者: 投稿日  2011年9月27日 午後9時15分

    2011年9月13日「ISO26262セミナー ~車載開発は品質、環境から安全へ ISO26262対応を支援します~」が開催された。本セミナーでは、検査登録機関のSGSジャパン株式会社、管理インフラ・ソリューションを提供するダッソー・システムズ株式会社、ソフトウェアエンジニアリングに基づいてISO26262対応を支援する株式会社豆蔵と、開発を実現するTDIプロダクトソリューション株式会社が、各社それぞれの領域でISO26262対応についての講演が行われた。

  • 人のフォロワー

    セミナーレポート:「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」

    作者: InfoQ 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2011年8月5日 午前1時13分

    2011年7月20日豆蔵グループの主催による「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」が開催された。 本セミナーでは、Androidの業務システム事例や車載等への適用事例の紹介や複雑化するアプリケーションに対応するための設計手法などについて発表が行われた。

人のフォロワー

QCon San Francisco 2008の要点とそこから学んだ教訓

作者 Ryan Slobojan フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年4月8日 午前12時1分

この記事では、QCon San Francisco(2008年11月)の印象とその体験がどのようなものであったかを感じ取っていただけるように、QConについてブログを書いた多くの参加者の視点と見解を紹介します。

人のフォロワー

とちぎRuby会議01報告

作者 渋川よしき フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2009年4月1日 午後6時9分

2/21に栃木県那須塩原市にて、とちぎRuby会議01(サイト)が開催されました。Rubyの学び方や、Rubyを学んだらどうなるか、など「Rubyを通して行う学習」についての発表が集まったイベントとなりました。学習のライフサイクルという観点で、とちぎRuby会議を振り返ってみます。

人のフォロワー

Smooksを使った構造化されたイベントストリーミング

作者 Tom Fennelly フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年3月10日 午前5時10分

Smooksは「データイベントストリーム」を処理するためのオープンソースのJavaフレームワークです。最も一般的には変換フレームワークと考えられており、JBoss ESBを含め、多数のプロダクトやプロジェクトで、変換フレームワークとして使われています。

人のフォロワー

Agile2008チーム参加レポート - 帰国そして変化

作者 懸田 剛 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年12月2日 午前2時36分

Agileカンファレンスに「参加者としてだけでなく、発表者として参加しよう」を掲げたチームgoyattomは、サブミッションを提出し、7つのセッションが日本から選択されました。参加者はカンファレンスで各々の発表や、各セッションへの参加、諸外国のエンジニアとの出会い、ステージ上で DearXPを熱演などの様々な思い出を抱えて、無事日本に戻ってきました。

人のフォロワー

Agile2008 チーム参加レポート - カンファレンス参加編

作者 懸田 剛 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年11月22日 午前6時40分

Agileカンファレンスに「参加者としてだけでなく、発表者として参加しよう」を掲げたチームgoyattomは、サブミッションを提出し、7つのセッションが日本から選択されました。サブミッションが選択された人、そうでない人も含めて、個々の目的意識の確認、膨大なプログラムから聞きたいセッションの選択、旅行の準備、プレゼンテーションの準備の期間を終えて、無事当日を迎えました。

人のフォロワー

Agile2008 チーム参加レポート - 動機/準備編

作者 懸田 剛 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年11月17日 午前2時28分

筆者はアジャイルソフトウェア開発についての年に一度の国際会議であるAgile2008に初めて参加してきました。今年の日本からの参加者の数は14名にも及び、発表者は5名、受け持ったセッションは8つに及び、例年にない活躍を見せました。なぜ今年のAgile2008では、これほど多くの日本人が参加し発表に至ったのか? そのレポートをお届けします。

人のフォロワー

Linda Rising氏による「誰を信頼しますか?」

作者 安井 力 - (株)永 フォローする 0 人のフォロワー , システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年8月29日 午前12時32分

Agile2008の3日目、8/6(水)午前中の、Linda Risingによるセッションです。セッションの冒頭、Linda Risingはとてもゆったりとしたきれいな、わかりやすい英語で話し始めました。 1

人のフォロワー

Jean Tabaka氏による「Collaboration Explained--真のアジャイルチームのためのファシリテーションツール」

作者 安井 力 - (株)永 フォローする 0 人のフォロワー , システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年8月26日 午前2時20分

Jean Tabaka氏の書いた書籍では、会議などのチーム活動において、ファシリテーションの手法とツールについて具体的かつ実践的に説明しています。8/8(金)、Agile2008の最終日の朝のセッションでは、Jean Tabaka氏自身が本の内容をベースとしたセッションを行いました。

人のフォロワー

Hubert Smits氏による「ゲーム・デザイン・ワークショップ」

作者 安井 力 - (株)永 フォローする 0 人のフォロワー , システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2008年8月26日 午前2時0分

Agile2008の4日目となる8/6(木)の8:30から、Hubert Smits氏による「ゲーム・デザイン・ワークショップ」がおこなわれました。ゲームと言っても単なる遊びではなく、「フレームゲーム」と呼ばれる、グループでの情報収集や意志決定、また教育やトレーニングの教材として使えるいろいろなゲームです。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT