BT

InfoQ ホームページ フレームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • UberはオープンソースのFusion.jsフレームワークを発表した。

    UberはFusion.jsを発表した。これはオープンソースの「プラグインベースのUniversal Web Framework」である。この発表において、UberのシニアソフトウェアエンジニアであるLeo Horie氏は、Uberは数百のWebアプリケーションを構築し、Webテクノロジは迅速に変化し、ベストプラクティスは絶えず変化し続けていると説明した。何百人ものWebエンジニアが最新の言語機能を活用しながら、Webプラットフォームのダイナミックな性質を維持することは難しい課題だ。

  • PyTorch 1.0が公開、研究および実用AIプロジェクトを対象に

    先日のブログ記事で、Bill Jia氏が、PyTorchの新バージョン1.0を発表した。PyTorchは、Tensor演算とディープニューラルネットワークを備えた、オープンソースのPython用AIフレームワークパッケージである。今回の新リリースで重要なのは、AI中心のプロジェクトを研究フェーズから製品に移行するために必要な時間の短縮と、対象アプリケーションの精度とパフォーマンス向上を両立させている点だ。

  • ThoughtWorks Radarアップデート

    いつものように、ThoughtWorks Technology Radarは、Language & Frameworks、Platforms、Techniques、Toolsという4つの領域をカバーする。それぞれの領域は、Adopt、Trial、Assess、Holdという4つの推奨レベルに分かれている。この記事では、各領域で新しく注目すべきものだけを取り上げる。

  • RedmonkはJavaフレームワークの人気を分���した

    RedmonkのアナリティストであるFintan Ryan氏はJavaのフレームワーク人気についての彼の発見を公表した。Githubのスターや課題、コミットやTwitterのフォロワーにおける詳細な調査研究を完了したあと、Ryan氏は次のように断定している。Springはまだ多数を占め、Spring Bootは急成長のカーブにあり、NettyとPlayは強く成長を続けています。

  • Appleが3つの暗号化ライブラリをオープンソース公開

    Appleは,自社OSのセキュリティサブシステムから,3つの主要コンポーネントをオープンソースとして公開すると発表した。その中のひとつのライブラリにライセンス上の制約が課されていることが,いくつかの論争を引き起こしている。

  • 2015年11月のThoughtWorks Radar

    ThoughtWorksが2015年11月のRadarを公開した。これはテクノロジーを4つのエリア、言語とフレームワーク、プラットフォーム、テクニック、ツールに分けたものだ。

  • FB ComponentKit - iOS用UIの宣言的開発

    FacebookがComponentKitをオープンソースとして公開した。iOSのネイティブビューを開発する宣言型ライブラリ(declarative library)だ。

  • DADフレームワークを用いたアジャイルのスケールアップ

    ディシプリンド・アジャイル・デリバリ(Disciplined Agile Delivery/DAD)フレームワークは,ソリューションを提供するためのエンドツーエンドな戦略を備えた,プロセス定義のフレームワークだ。InfoQではDADフレームワークの展開と継続的デリバリ,DevOpsのサポート状況,スケールド・アジャイル・フレームワーク(SAFe)などに関して,Mark Lines氏にインタビューして聞くことにした。

  • アジャイルのスケールアップを支援する学習文化の実現

    アジャイルをスケールアップしたいのならば,“企業全体としての物事の進め方や考え方,文化”としてアジャイルを理解する必要がある,とChristoph Mathis氏は言う。アジャイルのスケールアップには,学習組織を実現するための,文化の変革が必要なのだ。

  • アジャイルのスケーリング - フレームワークと成功例

    Agile Consortium BelgiumとUNICOMはベルギーのブリュッセルで,Scaling Agile for the Enterprise 2015会議を共同開催する。InfoQはAgile ConsortiumのArie van Bennekum氏とJan de Baere氏から,Agile Consortiumが主導する活動,アジャイルをスケールする上でソフトウェア産業が直面している問題,アジャイルのスケールに成功した企業のストーリなどについて聞いた。

  • リーン/アジャイルリーダシップとSAFe(Scaled Agile Framework)

    SAFe(Scaled Agile Framework)は,企業規模のリーン/アジャイル開発において適用される実践や役割,活動,成果物を規定する。InfoQではDean Leffingwell氏に,SAFeのデプロイ,クロスファンクショナルなアジャイルチームの構築と連携,SAFeの人に関する部分,リーン/アジャイルリーダシップの原則などについてインタビューした。

  • ScALeDについてAndreas Schliep氏が語る

    アジャイルのアプローチを組織に導入し組み込むのは、アジャイルプロジェクトそのものであるように扱う必要がある、とAndreas Schliep氏は言う。InfoQは、氏にインタビューをしてアジャイルをスケールするときの陥穽について、ScALeDについて、ScALeDのAgility PathやLeSSやSAFeやDaDとの比較、継続的改善や振り返りについて話を聞いた。

  • 2015年1月のThoughtWorks Radar

    ThoughtWorksは2015年1月のレーダーのデジタルプレビューを発表し、技術、ツール、プラットフォーム、言語について意見を公表し、ソフトウエア技術に関する現在のトレンドを発表した。

  • 組織の"液体化"によるアジリティ向上

    組織のアジリティを向上して,高い適応性と応答性を備えるための方法が求められている。その新たな波として,組織を管理し,透明性と自己組織化をサポートするための現代的な手法が注目を集めている。LiquidOは,組織の行動や判断を体系化し,組織のメンバを信頼することによって,全メンバがマネジメント活動の一部を担うことを可能にするという,組織的なガバナンスモデルである。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄を排除するには、ジャストインタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。