BT

InfoQ ホームページ Grails に関するすべてのコンテンツ

  • Grails 1.0 リリース: ORM DSL、フィルタ、RESTおよびその他投稿者

    Grails 1.0がリリースされたことが、プロジェクトのメーリングリストGraeme Rocher氏のブログおよびGrails.orgで発表されている。InfoQでは、Graeme Rocher氏に話を聞いた。Graeme Rocher氏は、Grailsプロジェクトのリードであり、G2Oneの創設者の一人かつCTOでもある。

  • 議論:Mavenはビルドに適したツールか?

    最近、Mavenの実用性についてたくさんの論議がなされている。MavenとはJavaベースの依存性管理ツールのことで、多くのプロジェクトで利用されている。InfoQは、問題の争点が何であるか、またどういった結果をもたらすのかを理解するために、この議論をより詳しく調査した。

  • Webフレームワーク選択の世界ではデベロッパたちは未だ独自のものを作っている

    あまりたくさんのWebフレームワークのチョイスに直面したデベロッパたちは、過去に使用経験のあるものか自分で作るというより簡単な選択をする傾向にある。これはNeal Ford氏が考えているように特にJavaフレームワークにおいて当てはまることである。また彼はこの選択におけるパラドックスを他の言語という観点において考え、興味深い、また議論の余地のある結論をもたらしている。

  • IntelliJ IDEA7がGroovyとGrailsサポートを追加

    動的言語サポートは今やJava IDEの一部分としてどんどん一般的になってきている。NetBeans 6にはRuby統合があり、EclipseにはDLTKとAptanaが、そしてIntelli J IDEA 7はGroovyとGrails同様にRubyへのサポートを提供している。このサポートには次に述べるような要素が含まれている。

  • Raible氏、Webフレームワークの比較を再び議論

    先週、Matt Raible氏は、ApacheConでJavaのWebフレームワークの比較に関するプレゼンを行った。これは、彼が数年前に行ったプレゼンの続きとなるものである。

  • Grails 0.6がSpring Web FlowとJBoss式のRich ConversationからBest of Breed Mixを搭載

    Graeme Rocher氏はGrailsの最新リリース版が”Rails指向の始まり”からかけ離れているものであることを発表した。

  • Grailsにまつわる誤解

    GrailsのコミッターであるMarc Palmerは、「Grailsは自分が使うには未成熟だ」といった開発者がGrailに対して抱く一般的な誤解の一部について投稿した。

  • Grails の 1.0 へ向けての活発な動き

    Webフレームワークは、ここ数年急激に生産性を重視するようになってきた。Ruby on Railsは、高速Web開発の代表的なものと多くの人から考えられており、従来のフレームワークに大きな影響を与えた。Java の市場では、多くのフレームワークがRuby on Railsの動きに触発されて、生産性の向上、高速開発、およびスクリプト言語のサポートを目指すようになった。

  • JavaのWebフレームワークが自動リロードのサポートを強化

    ソフトウェア開発において、コンパイル、ビルド、テストのサイクルは、開発者の生産性を大きく左右するものである。開発者がアプリケーションの再コンパイル、再ビルド、デプロイをしなければならないときに、サーバを再起動しなければならず、開発作業がスローダウンしてしまう。

  • Grails対Railsのベンチマークについて考える

    John Wellsは最近技術評価をしている間に、開発コミュニティに対して"Grailsの全てに関するベンチマークはどこにある?"と大声で質問した。

  • JetBrains IntelliJ IDEA 7 M2 追加 Groovy/Grailsサポート、依存解析

    JetBrainsにおいて、複数の強化および新機能を含むIntelliJ IDEA 7の2番目のマイルストーンをリリースした。それらの中に、Dependency Structure Matrix技術を使用しているプロジェクトクラスの依存を分析するための新しいツールがある。これは開発者にトップ・レベルの潜在的な問題を発見させ、次に、個人詳細にドリルダウンさせる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。