BT

InfoQ ホームページ グリッドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • ErlangおよびRubyの総まとめ:Vertebra、Fuzedでのスケーリング、Github

    近ごろ、Erlangをさまざまな方法で使用したプロジェクトをRubyチームが開始した。EngineYardのVertebra、PowersetのFuzedそしてGithub がErlangをどのように使用しているのかを検討する。

  • アジャイルなクラウドコンピューティング?

    HPや現在のRed Hat/JBossによるトランザクション技術を元々手がけたArjuna Technologiesが、フォルトトレラントなグリッドインフラストラクチャに取り組んでいると昨年報告した。それから1年弱の時を経てArjunaは先頃、「Arjuna Agility Federated Cloud Platform」という、より具体的なもののリリースを発表した。

  • Appistry Java/C++グリッドファブリックは最大5サーバーまで無料

    Appistryは最近、5サーバーまで無料のEAF製品コミュニティエディションを発売した。Appistryは、商品リソースの集合を、単一の仮想化されたリソースとして見なすことを可能にする。

  • ク��ウドコンピューティングを定義する

    「クラウドコンピューティング」という用語は、大企業におけるエンタープライズアーキテクチャーホワイトボードセッション向けのWeb 2.0のコンファレンスから始動デベロッパのラップトップに至るまで、あらゆる場面で見受けられる。ここで、尋ねられている重要な質問は「クラウドコンピューティングとは何か?」である。

  • Article: TerracottaでMaster-Workerパターンを使う

    本稿では、TerracottaでMaster-Workerパターンを使った事例を紹介しています。

  • JavaOne 2008 2日目 - Oracle Fusion Middleware プレビュー, JSR303

    JavaOne 2008 2日目、朝一番のOracleのゼネラルセッションにて、Thomas Kurian氏と開発チームは、Oracle Fusion Middleware 11gの新機能である、彼らのSOA Suiteに含まれるComplex Event ProcessingとBusiness Activity Monitoring、developing Enterprise 2.0向けのWebCenter Suite、ソーシャルコンピューティングアプリケーションの紹介を行った。

  • WebSphereの新製品: sMash、eXtreme Scale、Virtual Enterprise、Business Events

    IBM はIBM IMPACT で、Smart SOA の構想に加えて、新製品とリブランドされた製品をいくつか発表した。その製品とは、仮想化を扱う Virtual Enterprise、クラスタリングとキャッシングを扱う eXtreme Scale、複雑なイベント処理を扱う Business Events、そして RESTful な WEB アプリケーションを扱う sMash である。InfoQ はこれらの製品についてよりたくさんの情報を得るため、多くの重役やプロダクトマネージャを取材した。

  • HerokuとMorph AppSpaces:Railsホスティングの新しい二つのソリューション

    AppEngineが、先日大きな話題となった。AppEngineはPythonで書かれたウェブアプリケーションを稼働させるのにシンプル且つ簡単な方法を提供している。しかし、Rubyコミュニティは、Googleを待つ必要は無い。なぜならデプロイに対するGoogleに頼らない独自の解決方法があるからだ。我々は、これから独自の解決方法を二つ紹介する。

  • Terracotta 2.6がクラスタ可視化およびTomcat 6の統合をサポート

    オープンソースJVMクラスタリングフレームワークであるTerracottaの最新バージョンには、クラスタ可視化ツールおよびTomcat 6 プラットフォームの公式サポートが含まれる。今週の月曜日、Terracottaチームは、製品バージョン2.6の一般出荷可能日について発表した。製品には共通のユースケースにおけるパフォーマンスの向上も含まれる。

  • 並行処理フレームワークのJPPF1.1、TCPマルチプレクサとJMXモニタリングをサポート

    Javaベースのオープンソース並行処理フレームワークであるJPPFの最新版は、JPPFがセキュアなファイアウォール環境で動作することを実現するための、 TCP port multiplexerというネットワーキングツールを搭載している。JPPFチームは、これに加えてJMXベースのノードモニタリングとマネジメント機能を搭載した、フレームワークのバージョン1.1をリリースした。

  • Presentation: SOAとGrid(マルレク2005 第3回より)

    SOAは、Grid技術と深い結びつきがあります。講演では、Gridの標準技術であるGT4の紹介を、ビジネス分野でのJBIやSCAといったSOA技術との比較を交えながら行ないたいと思います。

  • ロードバランシング、ワークスティーリング、およびデータパーティショニングをサポートするGridGain 2.0

    GridGainの最新バージョンは、Javaベースでオープンソースのグリッドコンピューティングフレームワークで、ロードバランシングとデータパーティショニングの機能をサポートする。GridGain Systems社は先ごろバージョン2.0をリリースした。

  • TerracottaによるPOJOメッセージングアーキテクチャ

    Mark Turansky氏は、彼独自のTerracottaとJava 5を使用した、POJOメッセージバスアーキテクチャの実装の詳細(source)を明らかにした。Mark氏は、POJOメッセージバスを作成するのに、MQまたはJMSベースの配置を使用するのではなく、Terracottaアーキテクチャを利用している。これにより、彼のメッセージが必要とする、簡潔であり、単純であり、さらに安価であるインフラストラクチャソリューションが可能となった。この経緯の一部が、以下のように述べられている。

  • Apache Tuscany Java 1.1リリース:SCA がWeb 2.0と出会う

    先日Java SCAプロジェクト1.1のリリースを発表した。JMSバインディングや改良されたポリシーサポートを含む多くの機能が追加された。また、SCAコンポーネントを実行可能なテクノロジーとして、JSONRPCやAtomバインディングを使用しAjax形式の実装を簡略化するクライアント側のJavascriptアプリケーションを表現する実装拡張機能もサポートしている。

  • MapReduce 一歩戻って: その比較となるのはリレーショナルデータベースでよいのか?

    David J. Dewitt氏とMichael Stonebraker氏が記した最近の記事において、両氏は人気の高まっているMapReduceプログラミングパラダイムをリレーショナルデータベースと比較している。一方ブログスフィアはその比較と根拠においてそれを非難している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。