BT

InfoQ ホームページ グリッドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • Dani Traphagen氏、Apache Igniteで分散システムの次段階へ

    GridGainのDani Traphagen氏がOSCON 2017カンファレンスでApache Igniteプラットフォームについて語った。氏は、ディスク(disk)をボトルネックと見なしてメモリのコスト遁減とキャッシュに対する最適化を行うパラダイムシフト、オープンソースプロジェクトApache Igniteを使ったマイクロサービスアーキテクチャのための活用について話した。

  • Nikita Ivanov氏に聞く - Apache Igniteインメモリ・コンピューティング・プラットフォーム

    Apache Igniteは、キーバリュー型の永続化、ストリーミング、複合イベント処理をサポートするトランザクション機能を備えた、インメモリ・コンピューティング・プラットフォームである。2014年にGridGainによってオープンソース公開され、ApacheにIncubationプログラムとして受け入れられた。 InfoQは、GridGainのCTOであるNikita Ivanov氏にインタビューして、Apace Igniteについて詳しく聞いた。

  • ハイパフォーマンスコンピューティング用の新リソースで,科学技術コミュニティへの展開を図る AWS

    Amazon Web Service (AWS) チームは,科学分野におけるハイパフォーマンスコンピューティングへのニーズを対象とするリソースセットを発表した。特に "スポット料金 (spot pricing)" マーケットについて,Amazon クラウド環境における費用対効果の高い大規模コンピューティングの手段として強調している。

  • Oracle Coherence 3.7の Elastic Dataがメモリーからソリッドステート ストレージへの透過的なオーバーフローを提供

    Oracleは、分散型インメモリ・データグリッドであるCoherenceのバージョン3.7をリリースした。新製品は Elastic Dataと呼ばれるフィーチャを導入した。Coherence製品の開発副社長である Cameron Purdy氏によると、ストレージ媒体にも関わらず、データへのアクセス速度をメモリー並にできる。

  • アップグレードと異なるプログラミングパラダイムのためのHadoop再設計

    YahooはHadoopのMap-Reduceのアーキテクチャの中核部分を再設計し、簡単に更新でき、より多くのクラスタで動作し、高速回復をサポートすることを発表した。また、Map-Reduce以外のプログラミングパラダイムもサポートする予定だ。再設計されることでMap-Reduceを制御するHadoopの中核部分はリソースマネージャに切り出される。このリソースマネージャがさまざまな分散処理のパラダイムをサポートする。また、Map-Reduceはユーザが利用できるライブラリになるので、同じクラスタで複数のバージョンのMap-Reduceコードを実行できるようになる。新しい設計はクラスタマネジメントプロジェクトであるオープンソースのMesosに似ている。Yahoo!とMesosは両者の違いと利用機会についてコメントした。

  • NASAのOODTがApacheトップレベルプロジェクトに選出

    Apacheソフトウェア財団はObject Oriented Data Technology(OODT)アーキテクチャをトップレベルプロジェクト(TLP)に選出した。OODTはもともとPasadenaにあるNASAのJet Propulsion Laboratory(JPL)でつくられたもので、地理的に分散した異種のコンピューティングとメタデータミドルウェアによるデータリソースの透過的な統合を実現する。

  • JavaOne プレビュー:Javaの関数プログラミングについて、GridGainのCEOであるNikita Ivanov氏とインタビュー

    今月、San FranciscoのJavaOneで、GridGainのCEOであるNikita Ivanov氏が関数プログラミングについて講演する。リリース3.0で、APIを再設計して、その製品にもっと関数型の感じを加えた。InfoQは、Ivanov氏に関数型プログラミングの経験について、より詳しく聞いた。

  • Amazon ウエブサービス用 新Java SDK

    Amazonは、今年3月に新たなAWS SDK for Java(Java用Amazonウェブサービスソフトウェア開発キット)を 発表した。新ソフトウェア開発キットの目的は、Amazon EC2をホストとしたJavaアプリケーション開発を簡単にすることである。Eclipse用AWS ツールキットは、デプロイ、デバッグ、インスタンス起動、Amazonクラスタ上でのネットワークアクセス管理など開発サイクルで必要なステップの大部分を自動化する。

  • GigaSpaces XAP 7.1 EA:弾力的なミドルウェア、データクエリそしてSpring 3.x

    GigaSpaces XAPは、分散アプリケーションサーバで、インメモリでデータグリッドを持っている。XAP 7.1のリリースは、いくつものテーマを含んでいる:弾力的なミドルウェアサービス、仮想化互換性の強化、データクエリ、アップデートされたwebベースの管理アプリケーション、組込みのSpring 3.0、とパフォーマンス改善。InfoQは、このEAリリースを深く調べた。

  • WebSocket と Bayeux/CometD

    ブラウザベースのアプリケーションで通信を行うためのテクノロジは,現在のところ2つある。Bayeux (別名 CometD) と,それより新しい WebSocket だ。どちらが優れているだろうか,あるいは,共存できるのに十分なだけの違いがあるのだろうか?

  • Plura - SETIに似た分散グリッド

    Plura Processingは、SETIに似た数万のコンピュータのパワーを分散ネットワークで束ねる仕組みだ。

  • 分散コンピューティングを容易にするDryadLINQ

    DryadとDryadLINQはコンピュータクラスタやデータセンターでの大規模データ処理を容易にする、C#開発者のためのMicrosoft Researchプロジェクトである。

  • AmazonがEC2向けHadoopベースのMapReduceをリリース

    ポピュラーになったApache Hadoop MapReduceフレームワークをAmazon EC2上で実行する方法を詳しく述べているチュートリアルが、かなり長期に渡り利用可能になっている。Amazonは4月2日にAmazon Elastic MapReduceによる公式サポートを提供し、そのレベルアップを行った。

  • Cloudera、パッケージ配布でHadoopをさらに利用しやすく

    昨年、MapReduceのオープン・ソース実装として普及しているHadoopに関する数々のプロジェクトが著しく進行した。そこでCloudera は、企業がより簡単にHadoopの使用を開始できることを目的としたオープン・ソース製品のCloudera Distribution for Hadoopをリリースする。

  • EucalyptusプロジェクトによるEC2インターフェイス互換性のあるオープンソースクラウドコンピューティングの提供

    Eucalyptusは、クラウドコンピューティングを実装するためのオープンソースなインフラストラクチャーである。機能の1つは、EC2とのインターフェイスの互換性(WebサービスとQueryインターフェイスの両方)である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。