BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ヒューマンリソース に関するすべてのコンテンツ

  • ハイパフォーマンスチーム - チーム殺しを避けるには

    ハイパフォーマンスチームは職場にあるチームの2%にすぎないが、アジャイルプロセスはこうしたチーム作りを促しているように見える。この記事では、こうしたチームがどのようにして職場にはぐくまれるのか、Steve Denning氏の考え方について解説する。また、ハイパフォーマンスチーム作りのための選抜や採用の方法について、Ominlab MediaのStefan Gillard氏による最近の講演についても取り上げる。

  • アジャイルへの移行を正当化するコスト

    「金を見せてもらえないことには…」――アジャイル・マイグレーションの正当化コストは争点の多い問題である。アジャイル・アプローチのほうが成功しており、より迅速に価値を提供し、より良い品質の製品を製造する。だがそれをいかにして証明するか?この記事ではその測定について説明し、アジャイル・メソッド採用の正当化に寄与する結果を提示する。

  • オピニオン:プログラマの生産性を査定する

    ソフトウェア開発の分野では、マネージャがプログラマのパフォーマンスおよびプロジェクトの進捗を正しく評価する必要がある。

  • 年功、尊敬、権限とアジャイルチーム

    従来のプロジェクト環境からアジャイルプロジェクトにやってきた先輩チームメンバは、先輩であることが十分に尊重されていないと感じる状況に直面するかもしれない。彼らがアジャイルチームに適応することを難しいと感じる状況というものがあるのだ。

  • アーキテクチャ能力の評価と改善 - SEIの新たな論文

    Carnegie Mellon® Software Engineering Institute (SEI) は最近、「Models for Evaluating and Improving Architecture Competence(アーキテクチャ能力の評価と改善のモデル)」という87ページにわたるレポートを公開した。これは、ソフトウェアアーキテクトやソフトウェア組織が、どのように高品質のアーキテクチャを一貫して生み出す環境を育てることができるかについて検証している。

  • 不満を言わないイテレーション

    完璧なソフトウェア開発プロジェクトがないのと同様、プロジェクトを運営する組織も完璧ということはありえない。もし、読者の関わっているソフトウェアプロジェクトの状況が悪化するとチームメンバーは不満を言い出すだろうか?それとも、立て直すためのアクションを取り始めるか?

  • アジャ��ルチームでボーナスを分けるのはダイナマイトで遊ぶようなもの

    リーン開発グループのSam Bayer氏が始めた興味深い議論の中で、メンバはボーナスを分配するもっともよい方法について話し合った。

BT