BT

InfoQ ホームページ Information Radiators に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • ストーリウォールを作るためのさまざまなアプローチ

    Ryan Mckergow氏がアジャイルチームのために,ストーリウォールを立ち上げるためのさまざまな方法を解説する。今回の記事では,列や行のセットアップ,色の選択やアバターの利用について取り上げる。

  • Heroku Dataclips 2.0 - データ版Gist

    Heroku DataClips 2.0はデータ共有の新しい方法である - GitHubにおけるGistsのように。Postgresデータベースに対して実行したSQLの結果をHTMLやIFrames,CSV,XLS,JSONなどの形式にレンダリングして公開する。リビジョンとバージョン,さらにフォークをサポートし,自己更新機能を備えた独立データビューとして,あるいはシンプルなHTTPベースのデータAPIとして利用可能だ。

  • スプリントバーンダウン - 間違ったことを計測しているのか?

    従来のスプリントバーンダウンチャートはチームの役に立っているのか。多くのスクラムチームが作業時間の追跡がスプリントの本当の状態を隠蔽することを指摘し、他の方法を選択する。

  • バーンダウンチャートを解読する

    バーンダウンチャートはアジャイルチームにおいて最も有用な情報ラジエーターの一つであると考えられている。それは、残された片づけるべき作業の量(y軸)と時間(x軸)のグラフィカルな表現である。興味深い点はバーンダウンチャートの分析によって、チームが��のように活動しているか、そして、何をすればさらに改善することができるのかについて複数の指針が明らかになることである。

  • 注釈付きバーンダウンチャートはふりかえりに役立つ

    スプリントのバーンダウンチャートは、スプリント中のスプリントバックログの大きさを追跡する。スプリントのふりかえりの間、どのようにスプリントが進んだかに関して、バーンダウンチャートによって有用なデータを得ることができる。

  • 情報発信器:アナログの方が本当によい?

    XPのYahooグループで、デジタルツールではなく、タスクボードのようなアナログの情報発信器を使うことへの賛否について議論している。XPのオリジナルではスプレッドシートより物理的なタスクボードがよいと言っているが、上司に自分が説明することができないと分かったそうだ。

  • Snake On The Wall : 壁に並べた付箋紙を使って障害を把握する

    Kevin Schlabach氏が、最近「Snake On The Wall」を使うことについてAgile Commentaryブログに投稿した。「Snake On The Wall」とは、開発プロセスを遅らせるものをチームで把握するのに役立つSchlabach氏が使っていた手軽なアプローチである。

  • レゴはもはや子供たちだけのものではない

    Michael Hunger氏と懸田剛氏は、複数プロジェクトでの作業実績の記録やバグトラッキングにレゴブロックを使った。

  • よく組織されたチーム:単に生き残るのではなく、成功へと導く支援

    業績の良いチームを編成するには何が必要なのか?Doug Shimp氏およびSamall Hazziez氏によると「よく組織されたチーム」は以下の特徴があるらしい。AgileおよびLeanの原則に従う、フィードバックループがある適応システムを使用、ビジネスの展望にフォーカス、そして熱意があり非常に生産的である。

  • 職場を越えたアジャイル

    この業界のわれわれの多くは、作業慣行が自身の家庭生活に影響を与えている-しばしば良い意味で。人によっては、毎日の生活の中でスケジュールを立てたり、優先事項を決めたり、日々の仕事を家族と話し合ったりする際にインデックスカードを使用する。Peter Abilla氏は、彼の子供たちに教えるためにどのようにしてジョブチャート(情報ラジエータの一種)を使用するのかをブログに記した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。