BT

InfoQ ホームページ インターロップ に関するすべてのコンテンツ

  • OCFがThread上で使用できるようになる

    Thread GroupとOpen Connectivity FoundationはOCFのアプリケーション層がThreadと互換性を持つようにすることで合意した。ThreadはIoTネットワークのプロトコルであり、AlphabetのNestにより初期の開発が行われた。

  • WebAssembly: Webのためのユニバーサルバイナリとテキストフォーマット

    Mozilla, Google, Microsoft, Appleは、Web向けのバイナリフォーマットを開発することを決定した。WebAssemblyと呼ばれ、このフォーマットは、ブラウザや他のエージェントでアプリケーションの実行を可能にし、任意のプログラム言語を対象にする可能性がある。

  • CXXI が Mono に新世代の C++ 相互利用を実現する

    CXXI は,C# と C++ の相互利用を Mono 上で容易に実現する,新しい C++ 相互利用フレームワークである 。C++ オブジェクトのインスタンス生成やメソッド呼び出し,C++ クラスのサブクラス化などが C# から簡単に実行できる。

  • 2つのメトロアプリケーションをURIで疎結合に設計する

    プロトコルは、Webサイトを起動するのと同じように、URIを使ってアプリケーションから他のアプリケーションを起動できるようにする。これにより、小さなワークフロー中心のアプリケーションの集合をシームレスに一緒に動作するように作ることができる。

  • Open Cloud Initiative、オープンなクラウドコンピューティングを促進

    OSCON 2011において、Open Cloud Initiative (OCI) が発表された。これは、ユーザがベンダーを選択し、望むときに別のベンダーに乗り換える自由のあるエコシステムを構築するために、ユーザとベンダーをまとめることを意図して設立された。

  • Microsoft、WCF向けのJavaフレンドリな相互運用バインディングをリリース

    6月、MicrosoftはMicrosoftのWCFと主要なJavaベースのサーバとの相互運用を推し進めるためのオープンソースの構成をリリースした。WCFバインディングがWCFのサービスを実行したり利用したりするためのトランスポートの詳細を定義しているが、これがOracle WebLogic、Oracle Metro、IBM WebSphere、Apache Axis2で利用できるようになった。

  • JNBridgePro 6.0がクラウド上のJavaと.NETアプリを接続

    JNBridgeは相互運用ツールを改善してクラウド上、あるいは地上とクラウド上にデプロイされているJavaと.NETアプリケーション間のネイティブなコミュニケーションを可能にした。

  • マイクロソフトは、PST閲覧ツールとファイルフォーマットSDKを公開した。

    3ヶ月前、マイクロソフトは、開発者にサーバーやデスクトップアプリケーションで、OutlookをインストールせずにPSTコンテンツを作成することを認め、Outlook PST仕様書をリリースした。マイクロソフトは5月24日、アプリケーションの開発をより容易にするPSTデータ構造閲覧ツールとPSTファイルフォーマットSDK2つの新しいオープンソースプロジェクトを発表した。

  • Platform as a Service、ポータビリティとモビリティ

    今のPaaSソリューションは、本当にベンダ ロックインの可能性があるか? 最近の投稿で、Joe McKendrick氏は、アプリケーションのポータビリティとモビリティの点で、この可能性を論じている。彼はまた、このことをSOAの世界に影響する同様な問題とも関連付けている。

  • Marshal.ReleaseComObjectは危険な場合がある

    Visual StudioプラットフォームチームのプリンシパルデベロッパのPaul Harrington氏は、マネージドコードからCOMオブジェクトを破棄するためにMarshal.ReleaseComObject()を呼び出すことが、なぜ危険であり、推奨されていないかについて解説した。

  • MicrosoftがOutlook PSTの仕様を公開

    Microsoftは、OutlookのPSTファイルフォーマットの仕様を公開した。これは、昨年の10月に約束したように、相互運用性を容易にし、顧客やベンダーが様々なプラットフォーム上で,.pstファイル内のデータにアクセス出来るようにするためである。

  • JNBridgeでJavaと.NETコード間の分散トランザクションを実現する

    JNBridgeは、Javaと.NETのコードがクロスコンパイラに頼ることなくオブジェクトを共有できる技術だ。このスキーマのもと、JVMとCLRは別々のマシン、同じマシンの別々のプロセス、または、同じプロセスでさえも実行できる。JNBridge 5.0では、各プラットフォームのネイティブトランザクションをサポートするように、これらの機能を拡張している。

  • Silverlight 4は、.NETとアセンブリを共有する

    Silverlight 2と3に組み込まれていたアセンブリは、.NET Frameworkとのバイナリ互換がなかった。もし、同じコードを使用したい場合、2回のコンパイルが必要だった。Silverlight 4と.NET 4では、.NET 4に含まれているアセンブリは、Silverlightでも使用することができるようになった。

  • VBA と Visual Studio Tools for Officeを使う

    Visual Basic for Applicationsには将来性がなく、Visual Studio for Applicationsは注目されていない。開発者は.NETのコードとレガシなVBAマクロを混ぜるような居心地の悪い開発の中に取り残されている。 Visual Studio Tools for Officeはこの苦しみを少し和らげてくれる。

  • MicrosoftがEclipse開発者のためのツール群を作成

    MicrosoftはWindows Azure Tools for Eclipse、Windows Azure SDK for Java、Eclipse Tools for Silverlightといったいくつかのツールと、EclipseをWindows 7風のルック&フィールに変更したことをアナウンスした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。