BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ インターロップ に関するすべてのコンテンツ

  • Silverlight 4は、.NETとアセンブリを共有する

    Silverlight 2と3に組み込まれていたアセンブリは、.NET Frameworkとのバイナリ互換がなかった。もし、同じコードを使用したい場合、2回のコンパイルが必要だった。Silverlight 4と.NET 4では、.NET 4に含まれているアセンブリは、Silverlightでも使用することができるようになった。

  • VBA と Visual Studio Tools for Officeを使う

    Visual Basic for Applicationsには将来性がなく、Visual Studio for Applicationsは注目されていない。開発者は.NETのコードとレガシなVBAマクロを混ぜるような居心地の悪い開発の中に取り残されている。 Visual Studio Tools for Officeはこの苦しみを少し和らげてくれる。

  • MicrosoftがEclipse開発者のためのツール群を作成

    MicrosoftはWindows Azure Tools for Eclipse、Windows Azure SDK for Java、Eclipse Tools for Silverlightといったいくつかのツールと、EclipseをWindows 7風のルック&フィールに変更したことをアナウンスした。

  • Windows 7 API Code Pack for .NET の公開

    Windows API Code Pack for Microsoft .NET Frameworkは、.NET開発者にWindowsの関数を提供するラッパーだ。ラッパーは主にC#で書かれており、C++/CLIで書かれた DirectX関数も伴っている。ソースコードは現在利用可能だが、オープンソースライセンスではない。

  • JAX-WS 2.2およびMetro 2.0 Nightlyが利用可能

    Sun MicrosystemsのJava Web ServicesグループのメンバーであるRama Pulavarthi氏が、JAX-WS 2.2およびMetro 2.0 nightly buildsの可用性について報告している。JAX-WS 2.2は、主に WS-Addressing 1.0 - Metadataスペック向けのサポートの追加を目的をしており、Metro 2.0はGlassFish v3で提供される予定である。

  • .NET用の財務関数

    .NET は一番メジャーなビジネス・アプリケーション・プラットフォームのリストにほぼ確実にのるフレームワークであるのにもかかわらず、財務関数については驚くほどないがしろにしている。

  • .NETプラットフォーム向けJava 1.5

    Ja.NETは.NETプラットフォームへのJava 1.5 SEのポートである。 Ja.NETは、Eclipse JDT compiler、Mono's CecilおよびApache Harmonyのような注目すべきオープンソースプロジェクト上に構築される。.NETで実行する完全なJVMであるIKVMとは異なり、Ja.NETはILに直接コンパイルする。これによりパフォーマンス上の利点が大いに提供される。

  • Web Services Test Forumの発表

    相互運用性は、Web Services標準で必要とされているため、ベンダーによって推進されている主要要素である。それに取り組むために設立された組織さえある。

  • その他のニュース:CPAN作成者向けの無償Windows

    CPAN(Comprehensive Perl Archive Network)は、Perlモジュールおよびスクリプト向けの重要なリポジトリである。

  • Crack.NET – GreasemonkeyのようなWinFormsおよびWPFアプリケーション向け

    Greasemonkeyのようなツールで、サイトのオーナーがそれを望んでいようが、いまいが、ユーザはたくさんのWebアプリケーションを拡張することができる。Crack.NETでは、ユーザ制御の同一レベルはWinFormおよびWPFベースの.NETアプリケーションで実現できる。

  • クラスプラットフォームなDelphiが帰ってきた

    先日のEmbarcadero Technologies社による買収により、Delphiは新たに注目を浴びている。その中核製品であるDelphi 2009は正面からWin32開発に注意を払っている。その一方で、最近のMicrosoftのライセンスプログラムの変更によって、Delphi の.NETバージョンは新しい表現手段を手に入れた。

  • 非.NETライブラリを日々の業務で使用するのは適切か?

    まず初めに、.NETスタックには管理されていないライブラリに対する一流サポートがあった。P/Invokeを使用することで、ほとんどのWin32 APIにアクセスすることができ、COMのサポートにより、デベロッパを豊富なアプリケーションや第三者ライブラリへ開放する。

  • JavaScriptがRubyと出会う:John Barnette氏がJohnsonを説明

    技術の中にはあまりにもユニークで異色のものがあり、そもそもなぜそのような技術が存在するのかと疑問に思うことが時々ある。セグウェイはその一例であり、RubyからJavaScriptにアクセスするRuby's Johnsonライブラリもまたしかり。このライブラリを理解しようと、シアトルにいるJohnsonの作者兼開発リーダーのJohn Barnette氏とオンラインでチャットした。

  • .NET 4の機能を考える:型の埋め込みと同値

    .NETア��リケーションのCOM Interoptで最も一般的な問題は、恐らくデプロイメントとバージョニングであろう。開発者は現在、「Primary Interopt Assemblies」を入れなければならず、Officeのようなアプリケーションの場合は1メガバイト以上になる。.NET 4では、この問題はなくなる。

  • MicrosoftがAMQPワーキンググループに参加

    Microsoft Corp. はAdvanced Message Queuing Protocol (AMQP)ワーキンググループに参加した。AMQPスペックの開発に集中的に取り組む組織である。

BT