BT

InfoQ ホームページ Agile入門 に関するすべてのコンテンツ

  • プロダクトオーナーは実現可能な仕様をもたらすべきである

    Scrum community leaders recommend Product Owners to deliver an Enabling Specification as a part of a User Story to improve the efficiency of the development team.

  • あれから10年、いまアジャイルが熱い。アジャイルサムライ他流試合レポート

    2011年9月18日、アジャイルに熱いサムライ達が東京に集結した。「アジャイルサムライ 他流試合」というイベントに参加するためである。「アジャイルサムライ」はJonathan Rasmusson氏によって執筆されたアジャイルの解説書である。発売以降、日本の技術者の心を掴み続け、各地で読書会が開かれている。そして、その読書会の参加者達が一同に集まるイベントがこの「他流試合」だった。

  • スクラムの訓練

    スクラムの訓練を行う必要があるだろうか。無味乾燥なプレゼンテーションよりも実際の経験のほうが訓練として効果的だ。この記事ではスクラムの原則と技法を教える訓練を紹介する。

  • マネージャにScrumを売り込むか?

    マネージャにScrumを売り込もうとする? 失敗して、なぜだろうと戸惑う? このようなことは、CSMコースを終えて、世界を変える助けをするつもりでいる人に、よく起きることである。

  • アジャイルを導入するパイロットプロジェクトの選び方

    アジャイルの導入を成功させる最も重要な要因の1つは、アジャイルをパイロットプロジェクトに適用することで学んだことだ。ここで学んだことが、今後アジャイルを推進するのか、それとも従来のプロセスに戻すのか、組織に大きな影響を及ぼすことになる。パイロットプロジェクトに適していないプロジェクトを選んでしまうと、アジャイルという新しいプロセスをうまく宣伝できずに、失敗に終わるだろう。

  • アジャイルの導入: プロジェクトは飛び込み、企業は徐々に踏み込む

    アジャイルの導入は徐々に「新しいことをやってみる」方法がよいのか、すべてを賭けて「頭から飛び込む」アプローチがよいのかという激しい論争が数多くある。Johanna Rothman氏は、プロジェクトは全部飛び込み、企業は徐々に進めるべきだと言う。

  • アジャイル文化への転換は容易ではない

    多くの評論家が、組織のアジャイル文化への転換に関する課題について執筆してきた。Ken Schwaber氏は、スクラム実践の75%では期待する利益を実現できないと予想していた。本稿では、その原因の一部と成功率向上のためにすべきことに着目する。

  • ハイパフォーマンスチーム - チーム殺しを避けるには

    ハイパフォーマンスチームは職場にあるチームの2%にすぎないが、アジャイルプロセスはこうしたチーム作りを促しているように見える。この記事では、こうしたチームがどのようにして職場にはぐくまれるのか、Steve Denning氏の考え方について解説する。また、ハイパフォーマンスチーム作りのための選抜や採用の方法について、Ominlab MediaのStefan Gillard氏による最近の講演についても取り上げる。

  • アジャイルへの移行を正当化するコスト

    「金を見せてもらえないことには…」――アジャイル・マイグレーションの正当化コストは争点の多い問題である。アジャイル・アプローチのほうが成功しており、より迅速に価値を提供し、より良い品質の製品を製造する。だがそれをいかにして証明するか?この記事ではその測定について説明し、アジャイル・メソッド採用の正当化に寄与する結果を提示する。

  • 経営陣によるアジャイル導入へのサポートの三本柱

    ひとたび自分達のチームに対してアジャイルが正当だと説明し、トレーニングにお金をかけると、経営陣の仕事は終わらない。移行を成功させるためには、経営陣が持続的なサポートをする必要がある。Esther Derby氏は少し時間を取り、この継続的なサポートの、3つの最も重要な側面であると彼女が考えていることを述べている。

  • Article: アジリティのためにコンポーネントチームより機能チームを選ぶ

    Craig Larman氏とBas Vodde氏は、どのように、そして、なぜ機能チームがうまくいくのかを説明し、この主要な組織の変化が価値あるものであることを主張します。

  • Article: 改善、成功と失敗: 中国でのスクラム導入

    InfoQ Chinaは中国でスクラム(Scrum)がどのように導入されているかに関する調査を行いました。私たちはこの記事のために5つの事例をピックアップしました。これらの事例は、異なるさまざまな会社によるもので、異なるプロセスが利用され、異なる結果が生じたものです。

  • Minibook: 塹壕より Scrum と XP

    Agileを始めるときは、とても分かりにくいです。一体どこから手をつければいいのでしょう?この物語はそんな皆様の一助になれば幸いです。本書は、スウェーデンにある、とある40人ほどの会社で、どのようにAgileとXPを実行したか、プロセス改善を行ったかを記しています。

  • 2008年度のアジャイル採用に関する調査結果

    2008年2月に、Dr. Dobb'sではアジャイルソフトウェア開発技術の採用に関する調査を行い、642名の回答者から統計を集めた。採用率が昨年と同じく69%であったのは、驚くべきことである。他の統計では、しかしながら変化を見せている。

  • スクラムのスケーリングについて心配しないで

    アジャイルが組織に導入されるとき、最初に聞かれる質問の一つは、スケーリングについてだ。Tobias Mayersは自身のブログに、スクラムのスケーリングについて、組織はあまり心配しなくてよいという、彼の考えを投稿した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。