BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • レッドハットでのOpenJDKの未来

    レッドハットは、OpenJDK開発の開始時から第一線に居続けている。Rich Sharples氏が、プロジェクトへの関与と、次に来ることを説明する。

  • Javaの未来がここに - Code One(née JavaOne)基調講演より

    先日のJavaOneに続いて、第1回となるOracle CodeOne 2018が米国サンフランシスコで開催された。“The Future of Java Is Today”と銘打った月曜日夜の基調講演では、新たなJava/JDKリリースケイデンスが順調に進んでいること、Oracle(とその他多数の組織)が今後もJavaのサポートを継続すること、などが発表された。

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

  • Micronaut 1.0への道 - JVMベースのフルスタックフレームワーク

    1年の開発期間を経たMicronaut 1.0への道程は、この3週間、Object Computing(OCI)がリリース候補RC1、RC2、RC3を公開することで勢いを増している。Micronautは、マイクロサービスベースのクラウドネイティブなアプリケーションをJavaやGroovy、Kotlinで記述可能な、JVMベースのフルスタックフレームワークである。OCIのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるGraeme Rocher氏が、Micronaut 1.0について説明してくれた。

  • Oracleが軽量JavaマイクロサービスフレームワークHelidonを公開

    Oracleは先頃、マイクロサービスベースのアプリケーション開発用にデザインされたJavaライブラリのコレクションであるProject Helidonを新たに公開した。HelidonはMicroProfileファミリに属し、MicroProfile 1.1仕様を実装している。Oracleの上級ソフトウェア開発マネージャであるDmitry Kornilov氏が、この新しいプロジェクトについて話してくれた。

  • KotlinについてのQ&A - PinterestのChristina Lee氏に聞く

    InfoQは先日、PinterestのCore UIチームのAndroidエンジニアであるChristina Lee氏と席を共にし、PinterestでのKotlinの採用状況、採用に際してPinterestが直面した組織的課題、最大の教訓、Javaから移行する際のヒント、KotlinConf 2018で予定されている氏の講演 “Representing State: the Kotlin Edition” の内容などについて話を聞いた。

  • RSpcket - SpringOneで発表された、リアクティブアプリケーションのための新たなアプリケーションネットワークプロトコル

    ワシントンDCのSpringOne Platformカンファレンスで発表されたRSocketは、言語に依存しない、新たなレイヤ7アプリケーションネットワークプロトコルである。Reactive Streamsバックプレッシャをベースとして、双方向で多重化が可能な、メッセージベースのバイナリプロトコルだ。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Payara FoundationがPayara ServerとPayara Micro 5.183をリリース、MircoProfile 2.0をサポート

    Payara Foundationは先頃、MicroProfile 2.0とJava EE 8のフルサポートを含み、多数の新機能やアップグレード、バグフィックスを備えた、Payara ServerとPayara Microのバージョン5.183をリリースした。新たな機能としては、MicroProfile APIとAdmin Consoleのアップデート、OpenID仕様のサポート、新しくなったアプリケーションデプロイメントディスクリプタスキーマなどがある。

  • Java 11をサポートするSpring Framework 5.1が提供開始

    SpringOne Platformカンファレンスが今週、ワシントンDCで開幕した。新たなリリースや発表が目白押しだ。火曜の朝の基調講演では、Pivotalのプリンシパルエンジニアで、Spring Framework開発者のひとりでもあるJuergen Hoeller氏が、Java 8やJavaの新たなリリースケイデンス(cadence)とともに、昨日リリースされたJava 11のSpring Framework 5.1でのサポートについて語った。

  • WildFly Swarmからの自動マイグレーションを備えたThorntail 2.2.0

    6月下旬にWildFly Swarm 2018.5.0からThorntail 2.0.0にブランド変更したRed Hatが、Thorntailのバージョン2.1.0と2.2.0を、8月中旬の3週間のタイムフレームでリリースした。多くのバグ修正の他、特にMicroProfileに関連して、新たなコミュニティ指向の組織であるespeciallyによるMicroProfile 1.3準拠、自動マイグレーションプロセスなどの新機能が含まれている。

  • Reactive SummitでMarketoのキャンペーンエンジンをスーパーチャージ

    Marketoはマーケティングオートメーションソフトウェアで、毎月20億件以上の顧客が定義したアクションを実行している。MarketoのエンジニアリングチームのApurva Pawar、Daniel Pugliese、Dennis Bronnikov、およびPei-Chiang Maは、Reactive SummitでシステムのコアをAkkaとリアクティブアプローチでどのように書き直したのかを説明した。

  • Pivotalが新しいホスティングツールを備えたSpring Cloud Dataバージョン1.6をリリース

    PivotalがSpring Cloud Data Flowのバージョン1.6をリリースした。Pivotal Cloud Foundry(PCF)やKubernetes、Mesosなどのランタイム上で、リアルタイムデータ処理パイプラインの構築とオーケストレーションを行うためのプロジェクトの新リリースでは、アプリケーションのホスティングツール、PCF用スケジューラ、アプリケーションリポジトリなどが新機能だ。PivotalのシニアスタッフエンジニアのMark Pollack氏が最新リリースについて説明してくれた。

  • Java 11リリース

    Java 11が出た。これは、オラクルが計画した長期間サポート (LTS) のリリースとして初めてのものである。新バージョンの機能リストは、InfoQが今年の始めにリポートしたものから多少進化しただけだ。

  • SpringOneでR2DBCが発表された

    ワシントンDCで開催されたSpringOne Platformにおいて、R2DBCが発表された。これはリアクティブプログラミングの観点からリレーショナルデータベースに対して新たに設計された実験的なAPIだ。ADBA仕様に影響を与えることを最終目標としている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。