BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Deep Java Library - Java開発者のための新たなディープラーニングツールキット

    Amazonはディープラーニングモデルのトレーニング、デプロイ、推論生成を簡単にするオープンソースライブラリのDeep Java Library(DJL)をリリースした。DJLフレームワークは非依存性を備えており、既存のディープラーニングフレームワーク上でJava Native Access(JNA)を使用することで、一般的に使用されているディープラーニング機能を抽象化する。現時点では、Apache MXNetとTensorFlow用の実装が提供されている。

  • Java 14がフューチャーフリーズおよびリリースランプダウンに

    JDK 14は現在、ランプダウン(rampdown)の第1フェーズにある - 機能セットはすべてフリーズされ、今回のリリースを対象とした機能が今後追加されることはない。

  • RedHatがJakarta EEとMicroProfileをサポートしたWildFly 18をリリース

    RedHatは、Jakarta EE 8とMicroProfile 3.0をサポートした、WildFlyアプリケーションサーバのバージョン18をリリースした。その他にもJakarta EE APやJDK 13のサポート、セキュリティの強化、クラスタリングとEEサブシステムなどの機能があるが、注目はEJBに関わる分野とRESTEasyだ。

  • Payara Server: Jakarta EE 8準拠の認証を受けた最新プロダクト

    PayaraがPayara Server 5.193.1をリリースした。これによって同社は、Eclipse FoundationやIBM、Red Hatとともに、2019年9月10日のJakarta EE 8の公式リリース以降にJakarta EE-8準拠と承認されたプロダクトの提供者のひとつになった。PayaraのJavaソフトウェアエンジニアであるPatrik Duditš氏が、今回のマイルストーンについてInfoQに語ってくれた。

  • JakartaOne 2019 - 7:00~13:00 ライブストリームの概要

    初のJakartaOne LivestreamグローバルバーチャルカンファレンスがJakarta EE 8の公式リリースに合わせて開催され、皮切りとして19の1時間セッションが2019年9月10日7:00(EST)から行われた。Jakarta EEとMicroProfileに関連するトピックを取り上げたセッションでは、Java有名人のオールスターキャストによるデモやパネルディスカッションが配信されている。

  • GraalVM 19.3リリースがJDK 11をサポート

    JavaやC、Python、JavaScriptなど、複数の言語で記述されたアプリケーションを実行するための共有ランタイムを提供する多言語仮想マシンのGraalVMが、JDK 11をサポートするバージョン19.3をリリースした。これまでのGraalVMは、JDK 8をベースとしていた。

  • 低レイテンシプロファイリングがJava 8で使用可能に

    Java Flight RecorderがOpenJDK 8上で一般利用可能になり、開発者は2パーセント以下のオーバーヘッドで、製品のパフォーマンスを無償で監視することが可能になった。

  • NetBeansが20周年を祝賀

    NetBeansは先頃、Sun Microsystemsによる買収から20周年を祝賀した。かつてのメンバも集まって、学生プロジェクトからSun、Oracle、最後にApache Software Foundationに移行した、このプロジェクトの旅路を祝った。

  • Eclipseが脆弱性評価ツールを提案

    Eclipse Foundationでは、既知のセキュリティ問題を持つライブラリの識別を支援する、脆弱性評価ツールを取り入れる提案を評価中である。これによって開発者は、自身の開発中の技術が脆弱なコンポーネントを使うことによってダウンストリームリスクに直面するアプリケーションに対して、開発者を支援することが可能になる。

  • ApacheCon 2019基調講演 - James Gosling氏のオープンソースへの旅

    先日ラスベガスで開催されたApacheCon North America 2019で、James Gosling氏が基調講演を行い、オープンソースに関する自身の体験について語った。講演のポイントは、オープンソースではプログラマがソースコードを読んで学習できること、開発者は乱用を防止するために知的財産権に注意する必要があること、プロジェクトは独り立ちが可能であること、の3点だ。

  • Spring Cloud App Broker V1でマネージドサービス開発が容易に

    Spring Cloudは、Spring Cloud App Brokerと呼ばれる新たなフレームワークを導入した。Open Service Broker APIを実装するSpring Bootアプリケーションの開発と、それらアプリケーションのマネージドサービスとしてのプロビジョニングが容易になる。

  • OpenJDKのProject VahallaがLW2プロトタイプをリリース

    Project Valhalla(Open JDK)がLW2のプロトタイプをリリースした。現代のハードウェアに合わせて改造した、ユーザアクセス可能なプロトタイプである。InfoQでは、この新技術を担当するIBMの技術リーダと、新たなプロトタイプについて詳細に議論した。

  • Spring Bootのプロジェクト生成ツールSpring Initializrがアップデート

    Spring Initializrに、これまで要望の高かったプロジェクトエクスプローラなど、いくつかのアップデートと機能追加が行われた。プロジェクト生成APIのリファクタと再設計、デザインを刷新したUIも含まれている。

  • JCPのディレクタHeather VanCura氏、JCP20周年をInfoQに語る

    Java Community Process(JCP)のディレクタでJCP Executive Committee(EC)の議長でもあるHeather VanCura氏は先日、ピッツバーグとニューヨーク市のBNY Mellonのキャンパスを訪れて、JCP20周年の記念講演を行った。このイベントには、NYJavaSIGとACGNJ Java Users Groupの2団体も協賛している。氏はInfoQに、JCPと20周年について話してくれた。

  • Javaのハイフン付きキーワード提案について、Brian Goetz氏が語る

    Java言語の生産性とパフォーマンスの追求を続ける、OracleのJava言語アーキテクトであるBrian Goetz氏は、同社でJava言語とJava Virtual Machineの仕様リーダを務めるAlex Buckley氏と共同で、新機能を追加して言語を進化させる手段として、ハイフン付きキーワードセットの提案を行った。そこで提案したハイフン付きキーワードについて、Goetz氏がInfoQに説明してくれた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。