BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • 生文字列リテラルを除いたJava 12の機能セットがフリーズ段階へ

    Java SEの次期バージョンであるJDK 12が、機能セットのフリーズに向けた最初の段階に到達した。拡張switch文のプレビューやG1ガベージコレクションのさまざまな改良、そしてShenandoahと呼ばれる新たな試験的ガベージコレクタが提供される一方で,大きな提案のひとつであった生文字列リテラルが削除されている。

  • MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発

    HiveMQは,IoTアプリケーションのために設計された,MQTTベースのメッセージングプラットフォームである。先日リリースされたHiveMQ 4では,MQTT 5サポートが追加され,拡張システムが改善されるとともに,DockerやKubernetes,AWS EC2との統合性が向上している。HiveMQの開発者で、dc-square GmbHのCTOであるDominik Obermaier氏に話を聞いた。

  • IntelliJ IDEA 2018.3がリリース - 次期Java 12のサポート、Spring Boot対応の改善などを提供

    JetBrainsは、同社のフラグシッププロダクトであるIntelliJ IDEAのバージョン2018.3をリリースした。このバージョンには、Java 12のサポート、Spring Bootの拡張、マルチラインTODOコメントのサポートなど、一連の新機能が提供されている。

  • ブックレビュー: Java by Comparison

    “Java by Comparison; Become a Java Craftsman in 70 Examples”は素晴ら���い本だ。一文で表現するならば – より優れた明確なJavaコードの書き方を教えてくれる。

  • AtomistがSoftware Delivery Machine 1.0をローンチ

    ソフトウェアデリバリ自動化の企業であるAtomistが、Software Delivery Machine (SDM) 1.0を発表した。Atomist SDMはクラウドネイティブなソフトウェアデリバリプラットフォームであり、特にKuberneteとSpring用には追加機能を備えている。

  • IBMがOpen Liberty 18.0.0.3をリリース、MicroProfile 2.0をサポート

    IBMが第3四半期にリリースしたOpen Liberty 18.0.0.3は、MicroProfile 2.0をサポートし、MicroProfile Metrics APIに重点を置いている。IBMのWebSphereとLibertyランタイムのアーキテクトであるAlasdair Nottingham氏が、最新リリースについて説明してくれた。

  • ApacheがJava 8とMicroProfile 1.2をサポートしたTomEE 7.1をリリース

    Apache TomEEコミュニティがTomEE 7.1をリリースした。Java SE 8とMicroProfile 1.2のサポートをフィーチャーした重要なアップグレードだ。TomEE 7.1は、Java EE 8/Jakarta EEおよびMicroProfile 1.3準拠を予定している、TomEE 8へのゲートウェイリリースの役割を果たす。Tomitribeの創設者でCEOのDavid Blevins氏が、最新リリースについて説明してくれた。

  • GoogleがAndoirdにKotlin 1.3サポートとフォルダブルデバイス対応を追加

    GoogleがAndroid Dev Summitで、AndroidでサポートされるKotlin 1.3の新機能、フォルダブルフォン(折りたたみ式電話)のサポート、In-app Update API、Android Studioの改善など、一連のニュースを発表した。

  • レッドハットでのOpenJDKの未来

    レッドハットは、OpenJDK開発の開始時から第一線に居続けている。Rich Sharples氏が、プロジェクトへの関与と、次に来ることを説明する。

  • Javaの未来がここに - Code One(née JavaOne)基調講演より

    先日のJavaOneに続いて、第1回となるOracle CodeOne 2018が米国サンフランシスコで開催された。“The Future of Java Is Today”と銘打った月曜日夜の基調講演では、新たなJava/JDKリリースケイデンスが順調に進んでいること、Oracle(とその他多数の組織)が今後もJavaのサポートを継続すること、などが発表された。

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

  • Micronaut 1.0への道 - JVMベースのフルスタックフレームワーク

    1年の開発期間を経たMicronaut 1.0への道程は、この3週間、Object Computing(OCI)がリリース候補RC1、RC2、RC3を公開することで勢いを増している。Micronautは、マイクロサービスベースのクラウドネイティブなアプリケーションをJavaやGroovy、Kotlinで記述可能な、JVMベースのフルスタックフレームワークである。OCIのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるGraeme Rocher氏が、Micronaut 1.0について説明してくれた。

  • Oracleが軽量JavaマイクロサービスフレームワークHelidonを公開

    Oracleは先頃、マイクロサービスベースのアプリケーション開発用にデザインされたJavaライブラリのコレクションであるProject Helidonを新たに公開した。HelidonはMicroProfileファミリに属し、MicroProfile 1.1仕様を実装している。Oracleの上級ソフトウェア開発マネージャであるDmitry Kornilov氏が、この新しいプロジェクトについて話してくれた。

  • KotlinについてのQ&A - PinterestのChristina Lee氏に聞く

    InfoQは先日、PinterestのCore UIチームのAndroidエンジニアであるChristina Lee氏と席を共にし、PinterestでのKotlinの採用状況、採用に際してPinterestが直面した組織的課題、最大の教訓、Javaから移行する際のヒント、KotlinConf 2018で予定されている氏の講演 “Representing State: the Kotlin Edition” の内容などについて話を聞いた。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。