BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Spring Cloud、プラガブルなサーキットブレーカインタフェースを発表

    Spring Cloudのインキュベーターは、プラガブルなサーキットブレーカーインターフェースを提供するSpring Cloud Circuit Breakerと呼ばれる新しいプロジェクトを導入した。これはシステムが早期にエラーを発生し、連鎖的な失敗とシステムの過負荷を防ぐのに役立つ。

  • Oracle Weblogic Serverにリモートで悪用される可能性のある大きな脆弱性

    セキュリティ研究者がOracle Weblogic Server(WLS)に新たにリモートから悪用可能な脆弱性を発見した。CVE-2019-2725はユーザ認証なしでリモートから悪用される可能性があり、全体のCVSSスコアは10のうち9.3であり、重大な脆弱性となる。Oracleはこの問題の影響を受けるサーバのバージョンが10.3.6.0と12.1.3.0であることを記したセキュリティ警告を発表した。

  • GoogleがCloud Codeを発表:IntelliJとVisual Studio CodeをKubernetesアプリに拡張

    最近のGoogle Cloud Next 2019で、GoogleはCloud Codeという新しい開発者ツールを発表した。Cloud Codeを使用すると、開発者はJetBrains IntelliJ Idea IDEやMicrosofts Visual Studio Codeエディタなどの開発環境用の一連のプラグインを入手できる。

  • Ghidra - Java 11上で動作するNSAのリバースエンジニアリングツール

    Ghidraは、アプリケーションセキュリティエンジニアによるアプリケーションフロー解析を支援することを目的として、、Javaで記述されたリバースエンジニアリングツールだ。多数のシステムアーキテクチャにおいて、逆コンパイルと分析の作業を自動化する。

  • メッセージングとクラスタを改善したWildfly 16

    四半期毎のデリバリモデルを継続して、先月、Wildfly 16がリリースされた。2,000件に及ぶイシューやリクエストやバグが、クローズあるいは解決されている。今回のリリースには、独自のWildglyサーバ構築のためのプロビジョニングツールであるGalleonや、JDK12との互換性に加えて、メッセージングおよびクラスタサポートなど、いくつかの拡張も含まれている。

  • MicroProfileがReactive Streams Operators 1.0をリリース

    MicroProfileは、Reactive Streamのために一連のオペレータを定義した仕様のReactive Streams Operators 1.0 APIをリリースした。このAPIを使用することで、Reative Streamsの生成、ストリームを転送されるデータの処理、結果の蓄積が可能になる。LightbendでLagomマイクロサービスフレームワークの開発に携わったアーキテクトのJames Roper氏が、このAPIについてInfoQに話してくれた。

  • Condé Nastの自然言語処理とコンテント分析に関するQ&A

    2015年の���めにCondé Nastは、自社の22ブランドにわたって作成されたコンテンツに関わるメタデータ改善を目的として、自然言語処理およびコンテンツ分析のエンジンを開発した。新システムによって、クリック率が30%向上したという。Condé Nast USでテクノロジマネージャを務めるソフトウェアエンジニアのAntonino Rau氏に、このHALと命名されたNLP・アズ・ア・サービスの進化について話を聞いた。

  • Googleが新しいJavaロギングFrameworkをリリース

    Googleは、Floggerという新しいオープンソースのJavaロギングフレームワークのリリースを発表した。これは、既存のロギングフレームワークを改善しており、無効化されたログステートメントのコストを削減し、全体的な読みやすさを高め、拡張性を可能にしている。

  • Switch式とShenandoah GCを試験的に備えたJava 12がリリース

    3月19日は,Javaの最新機能リリースとなるJava 12がリリースされた日だ。注目すべき機能や改善が数多く含まれているが,このバージョンは長期サポートリリースではない。

  • Spring Boot 2.2が最初のマイルストンリリースに到達,パフォーマンスとメモリ効率が向上

    Spring Bootチームは先日、Spring Boot 2.2の最初のマイルストーンリリースとなるv2.2.0 M1をリリースした。パフォーマンスやメモリに関する改善の他、Kubernetesの検出、サードパーティのライブラリ更新などが行われている。さらに今回のリリースでは,140を超える問題が解決されている。また,今回のリリースから。JMXがデフォルトで無効になった。

  • RedHatがJava 8および11の幹事になる

    RedHatはJava 8と11で主導的な地位を占め、最初の4月のリリースをリードしている。

  • Quarkus - KubernetesネイティブなJavaフレームワーク

    Red Hatは,GraalVMとOpenJDK HotSpot用に開発されたKubernetesネイティブなJavaフレームワークのQuarkusをリリースした。反応型(reactive)と命令型(imperative)を統合したプログラミングモデルの提供により,JavaをKubernetesとサーバレス環境のリーディングプラットフォームとすることを目指す。

  • JUnitプロジェクトがビルド環境をAzure Pipelinesに移行

    Java用のユニットテストフレームワークであるJUnitは,Java開発者が使用する最もポピュラーなライブラリのひとつである。JUnitチームは先頃,継続的インテグレーション(CI)にAzure Pipelinesを採用すると発表した。

  • Payara Platform 5の2019年のロードマップ

    PayaraのCEOであるSteve Millidge氏は先頃,Payara Platform 5の2019年のロードマップの概要を公開して,2019年のPayaraの目標について説明した。2018年の成果に関する簡単なレビューで特に取り上げていたのは,2018年3月のPayara 5.181のリリースに伴うPayara Platform 5の提供開始だ。2019年にはPayara Server 5とPayara Micro 5の四半期リリース(5.191〜5.194)が計画されている。

  • SAPがJava SCAツールのソースを公開

    SAPは,Java/Pythonアプリケーションにある既知の脆弱性を,ソフトウェア構成分析を通じて検出するツールをオープンソースとして公開した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。