BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • 新しく改良されたパーサを備えたGroovy 3.0への長い道

    Apache Foundationは、Groovyのバージョン3.0をリリースした。これには、新しいパーサ、パッケージ名の変更、拡張されたエルビス演算子、do/whileループ、配列の初期化、ラムダ、メソッド参照などのJava構文のサポートが含まれる。Object Computing (OCI) のプリンシパルソフトウェアエンジニアであり、GroovyコミッターであるPaul King氏は、この最新リリースについてInfoQに話した。

  • JBangでJavaをスクリプト実行する

    JBangは、JShellと同じように、Javaコードをスクリプトとして実行する手段を提供する。しかしながら、JShellとは違い、JBangはJava 8に対応しており、依存関係ライブラリを自動的にダウンロードして使用することができる。事実としてJBangは、Javaをインストールしなくても実行することができる -- 必要であれば、適切なJVMが単にダウンロードされるのだ。

  • JDK 11 の Shenandoah - Red Hat チームとのインタビュー

    Shenandoah は、Javaアプリケーションを変更することなく迅速に動作させられる低レイテンシのガベージコレクタだ。InfoQ は、Red Hat の Shenandoah チームの Roman Kennke 氏と Aleksey Shipilev 氏にいくつかの質問を投げかけた。それは、このガベージコレクタがどのようにして作成されたのか、またアップストリームの JDK 11 コードベースへの追加にどのような努力がなされたのかだ。

  • OpenJDK が GitHub へ完全に移行

    OpenJDK は 2020 年 9 月に予定通り Mercurial から GitHub への移行を完了した。GitHub はさまざまなメリットを提供する。これはパフォーマンスの向上やコードレビューのサポートなどが挙げられる。InfoQ は 6 月に、より詳細な変更点について報告した。

  • 新しいWeb Client、DB Clientおよびコマンドラインツールを備えたHelidon 2.0

    Oracleは、次のような多くの新しい重要な機能を備えたHelidon2.0を正式にリリースした。リアクティブメッセージングとストリームのサポート。 新しいコマンドラインツール、Helidon SE用の新しいWeb Client API、Helidon MP用のGraalVMサポート、および新しいリアクティブデータベースクライアント。Oracleのソフトウェア開発ディレクターであるDmitry Kornilov氏は、この最新リリースについてinfoQに話した。

  • Helidon2.0で計画されている重要な新機能

    Oracleは、2020年春の終わりに予定されているHelidon 2.0 GAリリースに向けて順調に進んでいる。2月上旬にリリースされたHelidon2.0.0-M1、および3月下旬にリリースされたHelidon 2.0.0-M2は、リアクティブメッセージングのサポート、 新しいコマンドラインツール、Helidon SE用の新しいWeb Client API、Helidon MP用のGraalVMサポート、および新しいリアクティブデータベースクライアントを含む多くの新機能を提供した。

  • Synkが改良された脆弱性優先順位付け機能をリリース

    Snykは、セキュリティ脆弱性の優先順位付けを簡略化する、一連の新機能のリリースを発表した。この中には、特定したイシューを評価してスコアを提供する、同社独自のアルゴリズムが含まれている。このアプローチでは、エクスプロイトの完成度(maturity)を考慮し、影響されたコードがアプリケーション実行を通じて到達可能かどうかを分析することが可能である。

  • Heapothesys - Amazon Corretto によるオープンソース GC レイテンシベンチマーク

    Amazon Corretto チームは、Heapothesys を 導入した 。これは、アプリケーション開発者向けに設計された JVM のガベージコレクション(GC)ワークロードのコレクションであり、GC の代替アルゴリズムや構成の選択を比較し、GC のパフォーマンスやレイテンシのリグレッションを検出するためのものだ。結果として得られる JVM の停止 を使用して、開発者は、アプリケーション内の GC 境界を詳しく調べるために独自の参照点を作成できる。

  • Java 15 リリース

    Oracle は、Java プログラミング言語と仮想マシンのバージョン15をリリースした。

  • NativeScript 6.3、6.4、6.5リリースによってSvelte、WebAssembly、KotlinJS、パフォーマンスが改善

    最近のNativeScript6.3、6.4、6.5リリースでは、TypeScriptまたはJavaScriptを使用してネイティブモバイルアプリを構築するためのフレームワークにさまざまな新機能が追加されている。これらのリリースのハイライトとして、CSS解析とCLIコマンドのパフォーマンスの向上、AndroidとSvelteでのWebAssemblyのサポート、3Dビュー変換、実験的なKotlinJSサポートがある。

  • Microsoft が Windows と Mac の ARM で Java に貢献

    Microsoft は、AARCH64 チップセット上の Windows と Mac ARM への Java の移植を支援するために取り組んでいる。この改善は、Java アプリケーションが今後の商用 ARM ハードウェア上で実行できるようにするのに役立つはずだ。

  • 開発者の観点から見たVMware Tanzu Service Mesh

    VMwareチームのDeepa Kalani、Ramiro Salas両氏が先週のSpringOne 2020 Confereneceで、サービスメッシュプロダクトについて講演し、Global Namespaceによるアクセスコントロールとセキュリティポリシ実装の支援や、アプリケーション中心のメトリクスを表示する可視化ツールなどについて解説した。

  • SpringOne 2020 カンファレンス: マルチクラウドアーキテクチャでの持続的データの実行

    マルチクラウドアーキテクチャで永続的なデータワークロードを管理することは、オンプレミスとパブリッククラウド環境でアプリをホスティングしている組織にとって非常に重要だ。VMware の Aditya Tripathi 氏と Judy Wang 氏は、水曜日に開催された SpringOne 2020 カンファレンスで、マルチクラウド戦略を簡素化するためのアーキテクチャのベストプラクティスについて講演した。

  • Maven 3.7はWrapperがデフォルトで含まれる

    Apache 3.7.0には新しいWrapperユーティリティが同梱され、既存のMavenインストールがなくてもプロジェクトを簡単に構築できる。

  • Theia Framework 1.0でWeb IDEを利用可能に

    TheiaはJavaScriptで多言語IDEを構築するためのフレームワークであり、GitPod.io、Arduinoの新しいPro IDE、およびArmの新しいmBed Studioを強化する。 今週初めに1.0をリリースし、安定に達し、ベンダー中立のオープンソースフレームワークが使用できるようになったことを示している。 Eclipse Theiaが提供するもの、およびVS Codeとの違いについて詳しく読んでください。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。