BT

InfoQ ホームページ Java に関するすべてのコンテンツ

  • Jakarta EE 9 - Eclipse Foundationによってマイルストン1リリース

    Eclipse Foundationは、Jakarta EE 9の最初のマイルストーンリリースをJakarta EE 9 Milestone Release Partyで祝った。EclipseのTanja Obradovic氏、Shabnam Mayel氏、Ivar Grimstad氏が主催したこのイベントでは、Javaの著名人であるWill Lyons氏、Kevin Sutter氏、Scott Marlow氏、Steve Millidge氏、BJ Hargrave氏による短いプレゼンテーションが行われた。このイベントには、20カ国から155名の開発者が参加した。

  • Apache Netbeans 12 LTS リリース

    Netbeans Java IDEは、Apache Software FoundationがApacheのトップレベルプロジェクトに昇格してから1年後に、初の長期サポート(LTS)版をリリースした。

  • MicroProfile GraphQL 1.0 - MicroProfileファミリの新しいAPI

    MicroProfile コミュニティは新しいスタンドアロン API である MicroProfile GraphQL 1.0 をリリースした。- Reactive Streams Operators、Context Propagation、Reactive Messagingの3つの既存のスタンドアロンAPIに加わることで、MicroProfile GraphQL仕様の意図は「ユーザーが Java でポータブルな GraphQL ベースのアプリケーションを素早く開発できるようにする、『コードファースト』な API のセットを提供する 」ことにある。

  • Micronaut Servlet - サーブレットAPI開発者のための新しいMicronautプロジェクト

    Object Computingは、従来のサーブレットコンテナ上でアプリケーションを実行するMicronautの新しいプロジェクト、Micronaut Servletを発表した。これは、従来のサーブレットコンテナにすでに慣れていて、サーブレットエコシステムに多大な投資をしている開発者に、MicronautのビルトインHTTPサーバの代替手段を提供する。Micronaut ServletはTomcat、Jetty、Undertowをサポートする。

  • Red Hat MandelはJavaをネイティブにする

    Red Hatは、Javaアプリケーションをネイティブコードに直接コンパイルする新しいJavaディストリビューション「Mandrel」を発表した。GraalVMのフォークとして、起動時間とメモリ使用量を減少させる。

  • オラクル オープンソース Coherence インメモリデータグリッド

    オラクルは、Coherence インメモリデータグリッド(IMDG)製品の中核を自由なオープンソースのソフトウェアとしてリリースした。

  • MicroProfile 3.3の新機能

    Eclipse Foundation は MicroProfile 3.3 をリリースし、5 つの API (Rest Client, Config, Fault Tolerance, Metrics, Health) を更新した。その他の改善点としては、仕様とドキュメントの明確化と強化、すべての MicroProfile API 間の統合の改善、異なる MicroProfile 実装間の相互運用性、各 API のための完全な成果物セットなどがある。

  • OCIはMicronaut Data 1.0を特徴とするMicronaut 1.3をリリースした

    Object Computing, Inc.は、Ahead of Timeコンパイルを使用したデータベースアクセスツールキットであるMicronaut Data 1.0プロジェクトのマイルストーンリリースを特徴とするMicronaut 1.3をリリースした。Micronaut Dataは、コンパイル時にクエリモデルをクエリに変換するAPIを提供し、サポートされているデータベースのランタイムサポートを提供する。

  • Quarkus 1.5 新しい拡張機能と迅速なjarパッケージング

    Red Hatは、Picoli、gRPC、MicroProfile GraphQL、Hibernate ORM with Panacheをサポートする新しい拡張機能を備えたQuarkus 1.5をリリースした。また、新しい迅速なjarパッケージ形式とSpring Cache互換性レイヤーもある。超高速 亜原子 Java」と称されたQuarkusは、GraalVMとOpenJDK HotSpot用に設計されたフルスタック、KubernetesネイティブのJavaフレームワークとして2019年3月に初めて紹介された。

  • AdoptOpenJDK は Eclipse Adoptium になる

    AdoptOpenJDKプロジェクトは、オープンソース財団への移行の一環として、Eclipse AdoptiumとしてEclipseの傘下に入ることになった。ベンダー中立なオープンソース財団がAdoptOpenJDKプロジェクトを管理することは、将来に向けての強力な基盤となる。実用的な観点から何を意味するのか、また、この移行がどのように展開されるのかについては、続きをお読みください。

  • New Relic リアルタイムJavaプロファイリングの紹介

    Java 14の正式リリースと同時に、New Relicは、Javaアプリケーションのパフォーマンス・ボトルネックをより効果的に問題解決するためのリアルタイムJavaプロファイリングとJVMクラスタ・タイムライン表示ユーティリティのリリースを発表した。New Relicの主任ソフトウェアエンジニアであり、JVMテクノロジーアーキテクトでもあるBen Evans氏は、これらの新しいツールについてInfoQに語った。

  • Dekorate: JavaプロジェクトのためのKubernetesとOpenShiftのマニフェストの生成

    Dekorateは、以前はAnnotation Processors for Kubernetesの略であったap4kプロジェクトで、JavaベースのプロジェクトでKubernetesとOpenShiftのマニフェストを簡単に生成できるように設計されている。現在ではアノテーションを使用せずに Kubernetes マニフェストを飾ることをサポートしているため、ap4k という名前ではプロジェクトを正確に説明できなくなったため、プロジェクトはリブランディングされた。

  • Java-to-WebコンパイラCheerpJ 2.0によって使われるWebAssemblyはJavaアプリケーションをブラウザへ移植する

    LeaningTechは最近、CheerpJの2番目の主なイテレーションをリリースした。CheerpJ 2.0は、JavaアプリケーションをHTML、WebAssembly、JavaScriptの混合に変換し、開発者がJavaアプリケーション(アプレットを含む)をブラウザで実行したり、JavaライブラリをWebアプリケーションに統合したりできるだろう。CheerpJ 2.0では、WebAssemblyを使用して実行速度を向上させている。

  • Concurnas - 並列およびGPUコンピューティングのための新しいJVM言語

    Concurnasは、並行分散システムの構築を目的として設計された、オープンソースのJVMプログラミング言語だ。オブジェクト指向、関数型、リアクティブなプログラム構造を特徴とし、静的に型付けされている。GPUコンピューティングのネイティブサポートとベクトル化機能を供えたConcurnasは、マシンラーニングアプリケーションやハイパフォーマンスな並行アプリケーションの開発を可能にする。

  • Java 8にバックポートされたTLSの改善

    Application Layer Protocol NegotiationがJava 8で利用可能になったことで、ソフトウェア所有者はJavaの新しいバージョンがなくてもHTTP/2経由で通信できるようになった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。