BT

InfoQ ホームページ JavaScript に関するすべてのコンテンツ

  • Next.js 8静的サイトフレームワークがサーバレスサポートを追加

    Next.jsチームは最近、静的サイト生成フレームワークのバージョン8をリリースした。AWSlambdaやZEIT Now lambdasなどのクラウドサービスで使用するためにアプリケーションを小さな部品に分割することで信頼性とスケーラビリティを向上させた。

  • FlexSearch.js - 依存関係を持たない高速全文検索ライブラリ

    WebブラウザおよびNode.js用フルテキスト検索ライブラリのFlexSearchは,その採用したスコアリングアルゴリズムによって,JavaScript開発者が使用可能な最速のライブラリである,と自らを主張している。

  • Google、V8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3をリリース

    GoogleのV8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3には、JavaScriptパース性能の向上、新しいJavaScript言語機能のサポート、WebAssemblyパフォーマンス改善が含まれている。

  • TNG-Hooks: 通常の関数でステートフルないしエフェクトフルなロジックの再利用と構成を実現

    新しいTNG-Hooksライブラリを使用すると,通常のスタンドアロン関数に対して,リモートデータベースへのクエリやスコープ外のコンテキストにあるデータへのアクセスといった,便利でステートフル,かつ効果的なロジックを加えることが可能になる。Hooksによって実現するコードの再利用と構成は,より小さく,メンテナンス性のよい,堅牢なコードベースの実現に貢献する。

  • ZipSlip,NodeJSのセキュリティ,BBSハッキングについて

    今年初め,人気の高いBowerパッケージマネージャのアーカイブ抽出機能に脆弱性が発見され,ユーザのディスクに攻撃者が任意のファイルを書き込めることが明らかになった。後に明らかになったように,この攻撃で使用されているベクタアタックは,BBS初期の時代から知られているものだ。InfoQはTal氏と話す機会を得て,ソフトウェアのセキュリティ,特にNode.jsのセキュリティについて学ぶことができた。

  • TC39はECMAScript 2019の機能セットを最終化した

    ECMA TC39パネルは最近、JavaScriptのES2019エディション(ECMAScript 2019とも呼ばれる)の機能を最終化した。ES2019は、配列、オブジェクト、文字列、シンボル、try/catchブロック、JSONの新機能または更新された機能で改善される。

  • 共用体型のコールとビルド時間が改善されたTypeScript 3.3

    TypeScriptチームは隔月リリース周期に従って,共用体の呼び出しと複合プロジェクトのファイル追加監視のパフォーマンスを改善した,TypeScript バージョン3.3をリリースした。同時に今後6ヶ月間のロードマップも公開されている。

  • Evan You氏がVue.js 3.0をプレビュー

    VueConf Torontoにおいて,Vue.jsの作者でプロジェクトリーダのEvan You氏は,Vue.jsフレームワークの次期メジャーイテレーションとなるVue 3をプレビューした。

  • Bruck: クイックインターフェースレイアウトプロトタイピング

    Bruckはウェブデザイナーをターゲットにした、新しい lo-fi プロトタイピングシステムである。これにより顧客に向けたレスポンシブでアクセシブルなレイアウトプロトタイピングを素早く構築できるようになる。デザイナーは25個のWebコンポーネントにより、多岐に渡ってプロトタイプできる。また、構成したレイアウトをオンラインインタラクティブプレイグラウンドでリアルタイムに可視化することができる。

  • Google ChromeのNever-Slow Mode

    GoogleはNever-Slow Modeと呼ばれるプロトタイプ機能に取り組んでいる。このプロトタイプ機能はChromium プロジェクトでコミット作業進行中であり、ユーザーエクスペリエンスの向上、一貫性のある迅速なブラウジングの提供を目的としている。

  • MicrosoftがVS Codeで動作するTypeScriptおよびJavaScript用のAI支援IntelliCodeを発表

    開発者が恩恵を受けている一般的なIntelliSenseやコード補完を超越するものとして、Microsoftは今年初め、AI支援開発を提供する機能セットであるIntelliCodeを発表した。そしてVS Codeチームは今回、IntelliCodeをTypeScriptおよびJavaScriptユーザに提供する実験的エクステンションを新たに発表した。

  • TensorSpace.jsがニューラルネットワークの3D可視化フレームワークを提供

    TensorSpace.jsはオープンソースの、ブラウザベースのニューラルネットワークデータ可視化フレームワークだ。TensorFlow.js、Keras、またはTensorFlowで生成されたトレーニング済みモデルをサポートすることにより、拡大を続けるマシンラーニングの適用分野を補完する。

  • Prettier 1.15、AngularとVue.jsのサポートを追加

    Prettier 1.15がリリースされた。HTML、Vue.js、Angular、MDXがサポートされ、様々な構文への対応が改善されている。

  • JavaScript V8エンジンの非同期パフォーマンスが向上

    V8 JavaScriptチームは、非同期機能とPromiseを最適化するための改善を発表した。チームはまた、非同期コードのデバッグエクスペリエンス、つまりJavaScript開発者にとって共通の問題点を改善した。

  • iPhone XSのJavaScriptパフォーマンスについて

    JavaScriptパフォーマンスベンチマークの最初のレビューによると、現実世界のフレームワークのローディングシナリオのパフォーマンスを比較するSpeedometer 2.0ベンチマークにおいて、iPhone XSとiPhone XS maxはiMac Proよりも優れたパフォーマンスを示している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。