BT

InfoQ ホームページ JavaScript に関するすべてのコンテンツ

  • グローバルインストールでCLI管理を容易にする新しいRustベースのJavaScriptツールマネージャ

    新しいJavaScriptツールマネージャであるVoltaは、先頃、最初の安定バージョンをリリースした。Voltaは、バージョン情報をローカルに保存して、CLIツールをグローバルにインストールする。Nodeのnvmと同様、Voltaは、プロジェクトを切り替えるときにバージョンを切り替える心配をすることなく、同じツールの複数のバージョンをインストールできる。RustベースのVoltaは、外部依存のないネイティブの高速バイナリとしてリリースされる。

  • 新しいDenoモジュールによるVueアプリケーションのビルドとコンパイル

    vno Denoモジュールは、最近、初の安定バージョンをリリースした。Denoランタイム環境でVue単一ファイルコンポーネントをコンパイルおよびバンドルするための最初のビルドツールとして自らを述べている。vno v1.0は、パーサー、コンパイラー、バンドラー、アダプターを備えている。サーバ側のレンダラーが計画されている。

  • 新しいHaskellベースのWeb App Specification Languageがアルファ版でリリースされた

    Web App Specification Language(Wasp)は最近アルファ版でリリースされた。これにより、開発者はより少ないコードで最新のWebアプリケーションを作成できるようになる。Elmと同じように、WaspはHaskellで書かれたドメイン固有言語である。シングルページアプリケーションのみを扱うElmとは異なり、Waspはマルチページアプリケーションもサポートする。アルファリリース版は現在、React/Node/Express/Prismaスタックを活用している。

  • Stimulus 「すでにあるHTMLのためのJavaScriptフレームワーク」 リリース2.0

    「すでにあるHTMLのための謙虚なJavaScriptフレームワーク」と呼ぶStimulusは、先頃2番目の主要なイテレーションをリリースした。Stimulusは、GitHubのパターンのWebコンポーネントセットであるCatalystに影響を与えた。

  • CloudflareがCloudflare PagesでJamstackサイトを構築してホストする方法を発表

    先頃のブログ投稿で、CloudflareはCloudflare Pagesを使用してJAMstackサイトを構築およびホストするための高速で安全かつ無料の方法を発表した。Gitリポジトリおよび既存のJAMstackフレームワークとシームレスに統合され、現在ベータ版だ。

  • TypeScript4.1にテンプレートリテラルタイプが追加された

    TypeScriptチームはTypeScript 4.1のリリースを発表した。リリースには、強力なテンプレートリテラルタイプ、マップされたタイプのキーの再マッピング、再帰的な条件付きタイプが含まれる。

  • single-spa によるマイクロフロントエンド

    マイクロフロントエンドは、マイクロサービスの概念をフロントエンドに拡張する。目標は、大規模なSPAを、さまざまなテクノロジーを使用し、別々のチームで開発および管理できる小さな独立したアプリケーションに分割することだ。 single-spaは、複数のフロントエンドアプリケーションの構成を単一のプロダクトに簡素化することにより、開発者がその目標を達成するのに役立つフレームワークだ。

  • NativeScriptがOpenJS Foundationのメンバーになった

    NativeScriptは最近、インキュベーションプロジェクトとしてOpenJS Foundationに加わった。NativeScriptは、開発者がJavaScriptとTypeScriptを使用してネイティブモバイルAPIを活用するアプリケーションを作成できるようにするフレームワークである。これは、ガバナンスとコミュニティへの働きかけの点においてOpenJS Foundationのサポートの恩恵を受けることでき、その長期的な生存の可能性を高めることになる。

  • AirbnbがVisxをリリース:Reactを使ったインタラクティブな視覚化のための低レベルでプリミティブなコンポーネントの集合

    Airbnb Engineeringは最近、visxの最初のメジャーイテレーションをリリースした。visxは、インタラクティブに視覚化を構成できる低レベルのReactコンポーネントの集合である。visxは、D3プリミティブ、Reactコンポーネントモデル、React DOM処理をベースに構築されている。visxは、表現力を犠牲にすることなく簡単に習得できるデータ視覚化フロントエンドソリューションを提供することに努めている。

  • Inertia.JSでAPI不要のモノリシックReact/Vue/Sevlteアプリケーションが記述可能に

    Inertia.jsは、従来のサーバサイドルーティングとコントローラを使ったシングルページアプリケーションの記述を可能にする。Inertiaがバックエンドとフロントエンドをしっかり結んでくれるので、APIを書く必要はない。開発者は、十分に実績を積んだサーバサイドフレームワーク(Laravel、Ruby on Rails、Dango、AspNetCoreなど)を使用することができる。クライアント上では、React、Svelte、Vueなどを使ったユーザインタフェースの実装が可能だ。

  • Githubが複雑なアプリケーションでWeb Componentsの開発を容易にするCatalystをリリース

    GitHubは先頃、Catalystの最初の主要なイテレーションをリリースした。これは、複雑なアプリケーションでWebコンポーネントを使用して開発するための一連のパターンと手法である。Catalystは小型化を目指しており、完全にバニラJavaScriptとWebコンポーネントで記述されたGitHub Webサイトに使用されている。

  • Aleph.jsを使用したDenoのサーバレンダリングWebアプリケーション

    Denoのサーバレンダリングアプリケーション用のReactフレームワークであるAleph.jsが、アルファリリースを通じて利用可能になった。Alephは、Next.jsのコア機能の多くをDeno環境で利用できるようにする。ゼロ構成のサーバ側レンダリング、静的サイト生成、ファイルシステムとAPIルーティングなどである。Alephは、標準のEcmaScriptモジュール (ESM) インポート構文を使用しており、開発時にバンドラを必要としない。

  • Next.JS 10は、自動画像最適化、国際化されたルーティング、およびWebバイタル分析をもたらす

    Next.js Reactフレームワークの作成者であるVercel氏は、先頃、最初の年次Next.js ConfでNext.js 10を発表した。Next.js 10は、自動画像最適化、国際化されたルーティング、継続的なWebバイタル分析を備えている。

  • 新しいElectronリリースが新しいApple Siliconチップをサポート

    Electronチームは先頃、人気のあるクロスプラットフォームのネイティブデスクトップアプリケーションフレームワークの11番目のイテレーションをリリースした。Electron 11では、新しいApple Siliconハードウェア(Darwin arm64) のサポートが導入されている。Electron 11は、Chromium、Node、およびそのJavaScriptエンジンのバージョンも更新する。

  • Microsoftは、Build 2020でプレビューのApp Service Static Web Appsを導入

    今年のデジタルイベントのBuildで、Microsoftは、静的Webアプリ用に明白に調整された新しいホスティングオファーでAzure App Serviceを拡張したことを発表した。ホスティングサービスはAzure Static Web Appsと呼ばれ、現在プレビュー中だ

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。