BT

InfoQ ホームページ JavaScript に関するすべてのコンテンツ

  • GoogleのMediaPipe機械学習フレームワークがWebAssemblyでWeb対応に

    Googleは最近、WebAssemblyによって実現され、XNNPack ML推論ライブラリによって高速化されたブラウザ用のMediaPipeグラフを発表した。以前にモバイル(Android、iOS)で示されたように、MediaPipeグラフを使用すると、開発者は機械学習(ML)パイプラインを構築して実行し、複雑なタスクを実行できる。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • Reactive Angularライブラリ NgRx v10がコンポーネントのローカル状態管理パッケージを追加

    RxJSに基づくAngularのリアクティブ拡張機能のセットであるNgRxは、ローカル状態管理用の新しいコンポーネントストアパッケージとともにv10が出荷された。新しいパッケージは、アプリケーション全体の状態管理に使用されるNgRx Storeを補完する。新しい実験的なNgRxコンポーネントパッケージは、開発者がAngular Ivy機能を活用してパフォーマンスを向上させるAngular Zonelessアプリケーションを作成することもサポートする。

  • Vest、新しいJavascriptフォームバリデーションフレームワーク

    Vestは、フレームワークに依存しない新しいフォームバリデーションライブラリであり、MochaやJasmineと同様の単体テスト構文スタイルを使用しながら、検証ロジックを機能ロジックから分離する。

  • Snowpack 2.0がO(1)ビルドシステムを発表してWeb開発をスピードアップ

    pikaチームはSnowpackの2番目の大きなイテレーションをリリースした。Snowpack 2.0は、最新のWebのビルドシステムとして自称し、大規模なプロジェクトでも起動時間が50ミリ秒未満であると主張している。Snowpack 2.0は、開発中のバンドルを回避することでその速度を実現する。バンドルは引き続きプロダクション用に生成される場合がある。

  • Node.js 14.0は診断と国際化を改善し、Web Assembly System Interfaceを追加

    Node.jsプロジェクトは先頃Node.js バージョン 14.0.0をリリースし、診断レポート、国際化、実験的な非同期ローカルストレージ、ネイティブN-APIモジュールの改善、ESモジュールの改良、およびNode.js バージョン 12リリース以降のその他の多数の更新を追加した。このリリースでは、実験的なWeb Assembly System Interfaceのサポートも追加されている。

  • React 17では、将来のReactバージョンへの移行の問題を緩和

    Reactチームは、React 16の2年後にReact 17(最初のリリース候補版)を最近リリースした。React 17は、2つの同時バージョンが共存できるようにすることで、Reactの将来のメジャーバージョン間の移行が簡単になるよう努めている。React 17には、イベントシステムとスケジューリングに関連するいくつかの重大な変更が加えられている。

  • ESLint 7.0, 7.1, 7.2 Releases Improve Developer Experience and ES2020 Support

    最近のESLint 7.0、7.1、および7.2リリースでは、開発者エクスペリエンスが大幅に改善され、Node.jsバージョン8のサポートが削除され、ES2020機能のサポートが追加されている。typescript-eslintには、ESLintリリースおよびTypeScriptの更新に合わせて、いくつかの最近のリリースもある。

  • Vanilla JSの108の一般的なDOMタスク:HTML DOMプロジェクト

    オープンソースプロジェクトのHTML DOMは、一般的なDOM操作タスクを実行する100を超えるvanilla JavaScriptのスニペットを提供する。タスクの難易度は、些細なもの(要素のクラスを取得する)から高度なもの(サイズ変更可能な分割ビューを作成する)までさまざまである。このプロジェクトは、教育目的や、低レベルのDOM処理を自分で行う必要があるコンポーネント開発者にとって有益である。

  • Safari 13.1リリース

    Safari 13.1は先頃、macOS Catalina、iPadOS、iOS、およびwatchOS向けにリリースされた。Safari 13.1は、WebKitエンジン、プライバシー、パフォーマンス、およびWeb開発者のエクスペリエンスの向上に努めている。

  • JavaScriptバンドラのEsbuildが10-100倍速いバンドル時間を主張

    JavaScriptバンドラおよびミニファイアであるesbuildは、JavaScriptのバンドルおよびミニファイプロセスで桁違いの速度向上をもたらすことを目指している。esbuildは、ネイティブコードにコンパイルされたGoで記述され、タスクを並列化してマルチコアプロセッサを活用し、データ変換を最小限に抑えることで、その速度を実現する。

  • Denoはプロダクションで利用可能

    JavaScriptとTypeScriptのセキュアなランタイムであるDenoがバージョン1.0に到達した。Rustで書かれたDenoは、Node.jsの多くの設計上の問題に対処するが、開発者が採用することにおいても課題に直面している。

  • メンテナンス性とモジュール化のためGitHub OctoKit JavaScript REST SDKをリファクタリング

    GitHubエンジニアのGregor Martynus氏が、もともと合計6ファイルで約16,000行のGitHub公式REST JavaScript SDKをリファクタリングして、よりメンテナンスしやすくモジュール化したプロジェクトにするまでの道のりについて説明した。

  • Ink 3を備えたインタラクティブターミナルアプリ - 新しい組み込みフック、Suspense、React Dev Toolのサポート

    Inkは、インタラクティブなコマンドラインアプリ用のReactレンダラーだが、新しい組み込みフックを備えたInk 3をリリースし、ターミナルでのフォーカスとストリーム管理(stdinなど)を改善した。開発者はReact開発ツールを使えるようになった。Ink 3ではコンポーネントも更新され、それによって、CLIのスタイリング、組み込みのエラーハンドラーとログのインターセプトが改善され、そして、その他のパフォーマンスと安定性が向上した。

  • JAMstackの紹介

    JAMstackは、CDNから直接サービスを提供できるサイトを構築するための新しいアーキテクチャであり、既存のLAMPまたはMEANソリューションに比べて多くの利点がある。これは、JavaScript、API、および事前にレンダリングされたMarkupの略である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。