BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ JavaScript に関するすべてのコンテンツ

  • Angular v12がリリースされ、Ivyレンダリングエンジンに移行

    Angular TeamのディベロッパーアドボケートであるMark Techson氏は、最近Angular v12のリリースを発表した。Angular 12はView Engine(現在は非推奨)から分離されている。Protractorは、新しいAngularプロジェクトには含まれない。AngularコンポーネントはさらにインラインSassをサポートするようになる。

  • AWSがCloudfront Functionsの一般提供を発表

    先頃、AWSは新しいエッジコンピューティング機能であるCloudFront Functionsの一般提供を発表した。この新しいCloudFront機能を使用すると、顧客は世界中のCloudFrontエッジロケーションでJavaScript関数を実行できる。

  • Grain: WebAssemblyファーストプログラミング言語 - WebAssembly Summit 2021

    Oscar Spencer氏は先頃、WebAssemblyにコンパイルされる新しい強く型付けされた高級言語であるGrainのプレゼンテーションをした。Grainには、可変変数の使用が可能な、関数型プログラミング機能 (型推論、パターンマッチング、クロージャなど) がある。Grainには、複合データ構造 (Option、Stack、Result) とシステムコール (I/O、プロセス処理など) の標準ライブラリもある。

  • Prisma ORMツールスイートが実運用対応に

    Prisma — データベースORM — を開発するNikolas Burk氏は先頃、Prismaのすべてのツール(Prisma Client、Prisma Studio、Prisma Migrate)が実運用環境で使用可能になったと発表した。Prisma Migrateは今年になってプレビューを完了していたが、今回から一般提供されるようになる。

  • GoとJavaScriptでコンテンツ・アウェアな画像サイズ変更

    UberのソフトウェアエンジニアであるOleksii Trekhleb氏は、最近、動的計画法を使って、CPUを消費するコンテンツ・アウェアの画像サイズ変更アルゴリズムを高速化する方法を検討した。開発者は、コンテンツ・アウェアのサイズ変更を使って、画像のキーとなる特徴を維持しながら、画像をさまざまな含みを持つコンテキスト(画面のフォームファクタ、レスポンシブレイアウトコンテナなど)にフィットさせることができる。

  • SentryはフロントエンドをTypescriptに移行 - 教訓

    Mark Story氏とPriscila Oliveira氏は最近、Sentryのフロントエンドコードベース(1年間の作業で100,000行のコード)をTypeScriptに変換するときに学んだ教訓を共有した。この二人は、TypeScriptがJavaScriptを段階的に置き換え、新しいTypeScript言語機能がリリースされるにつれて型が継続的に改良され、複雑な型が段階的に構築される段階的な変換プロセスについて説明した。

  • .NETニュース総まとめ - 2021年5月10日の週

    .NETニュース総まとめ: JetBrains .NET Days Online、TypeScript 4.3 RC、Visual Studio 2019、.NET脆弱性パッチ、Steeltoe、Telerik、およびAkka.NET。

  • 効果的効果 - ソフトウェアコンポーネント間の双方向通信の統合

    Waterloo大学の助教授であるYizhou Zhang氏は、双方向制御フローをサポートしながら、現在の制御フローパターン (例外、promise、generator など) を包含する新しいプログラミング抽象化である双方向の代数的エフェクトを発表した。新しい型付き抽象化により、宣言されたすべてのエフェクトが処理され、間違ったハンドラによって誤ったエフェクトが処理されることはない。

  • CloudflareがCloudflare Pagesの一般提供を発表

    先頃、CloudflareはCloudflare Pagesの一般提供 (GA) を発表した: 高速、セキュア、フロントエンド開発者が無料でできるJamstackサイトの構築、ホスト、コラボレーション。

  • NativeScript 8がリリースされ、Apple M1、Webpack 5、Dynamic Viewをサポート

    最近リリースされたNativeScript 8は、公式のApple M1サポートと、webpack5ビルドを特徴としている。NativeScript 8は、クリエイティブビュー開発用の新しいレイアウトコンテナと、box-shadowとtext-shadowの2つの新しいスタイリングプロパティをサポートしている。

  • WebRTCは開始から10年後に公式のWeb標準へ

    Web Real-Time Communications(WebRTC)は、最近、Webの標準になった。これは、WebRTCの長い道のりの主要なマイルストーンである。これは、Googleが主要な通信技術をオープンソース化することで、2011年に始まった。WebRTCワーキンググループが新しいユースケース(オーディオフィードとビデオフィードのライブ処理、モノのインターネットのユースケースなど)の統合に努めると共に、この新しい標準は進化し続ける。

  • GitHub用にブラウザで長大なログを表示する

    色分けやグルーピング、検索、パーマリンク(permalink)を望むならば、ブラウザに長大なログを表示するのは難しい作業になる、とGitHubのエンジニアのAlberto Gimeno氏は言う。ReactとプレーンなJSライブラリをテストした後、同社が独自開発を決めたのは、このような理由からだった。

  • Cloudflare、ディジタルスキマなどオンラインの脅威からEコマースを保護するサービスを発表

    CloudflareがPage Shieldという新サービスを発表した。Page Shieldは、Magecartのようなサプライチェーンおよびクライアントサイド攻撃からWebサイトのユーザ情報を保護する、クライアントサイドのセキュリティサービスである。CSPやSRIなどと同じく、これらの攻撃に対する防御手段のひとつとなるものだ。

  • Chrome DevTools 89の新機能

    今月初め、GoogleはChrome 89をリリースした。これにはDevToolsに対する重要な更新がいくつか含まれている。例えば、CSP違反処理の改善、Puppeteerの記録、Cookieのデバッグの改善や、他にも多くの機能が追加された。

  • V8 JavaScript Engine 9.0で、JavaScript to WebAssemblyのパフォーマンスを向上

    V8 JavaScriptエンジンの9.0リリースでは、ChromeおよびChromiumベースのブラウザが強化されている。JavaScriptからのWebAssembly呼び出しのパフォーマンスが改善され、正規表現一致インデックスを追加され、そして、スーパープロパティへのアクセスが高速化された。

BT