BT

InfoQ ホームページ Lean に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • ソフトウェア開発プロセスから無駄を省くための7つの方法

    約2年間、ソフトウエアベンダでリーンソフトウエア開発を実践し、段階的に7つの大きな変化を生み出すことでR&D部門のソフトウェア開発プロセスから無駄を削除しました。

  • かんばん方式を実践する

    Lean KanbanカンファレンスにおいてInfoQはArne Roock博士に,かんばん方式がチームに相応しいツールであるかを知るにはどうすればよいか,キックオフはどうすればよいのか,などを質問しました。それに対して博士は,いくつかの規範的なアドバイスをしてくれました。

  • 日本のアジャイルムーブメントに、何が起きていたのか、何が起きているのか

    日本でアジャイル開発がまだ広く受け入れられていない理由には、日本のソフトウェア業界に特有の構造に問題がある。一方でオンラインサービス系の企業を中心に新たな変革も見え始めてきた。 日本人はアジャイル開発を得意とする文化的背景を持つと考えられ、これからが発展の時期になると期待する。

  • ITとアーキテクチャ:裏返しの観点

    ソフトウェア業界は、無秩序で、コストは、どんどん高くなり、品質は低下している。ITにおける新しい技術やプロセスや方法論の約束は、いかなる重要な規模においても、今だに実現化されていない。Bruce Laidlaw と Michael Poulinの両氏は、30年以上の経験から、ITの過去と現在関して、考えを比較し、ソフトウェア業界が進歩するために何が必要かについての洞察を提供している。

  • 「かんばん」をソフトウェア開発に適用する: アジャイルからリーンへ

    このInfoQの記事において、平鍋健児氏は、日本の製造業者と共に学んだことを適用する。多くのアジャイルチームはバリューストリームの一部だけを最適化するが、平鍋氏は、リーン生産のかんばんによる視覚的なトラッキングシステムから学んだことを適応させるシンプルな方法を提案する。このかんばんシステムは、多くの企業でプロセスを見える化し、よりよいコミュニケーションとプロセスの改善をもたらすものだ。

  • アレグザンダー祭りにて、James.O.Coplienが語るアジャイルとスクラムの源流とは

    「パターン」と呼ばれる設計手法をご存知ですか?この建築の分野ではじまった設計の形式知化手法、および、使う人と作る人の対話のプロセスは、私たちソフトウェアの世界に援用されて1995年に「デザインパターン」という書籍で注目を浴びました。さらに、アジャイルと呼ばれる開発手法には、ユーザーといっしょに対話をしながら設計を進める「パターン」の思想が脈々と引き継がれているのです。この「パターン」の源流は、一人の建築家のアイディアから始まっています - その建築家の名は、クリストファー・アレグザンダー。

  • リーンとアジャイル: この組み合わせは天国か、それとも矛盾か

    Dave West氏は、バックログがリーンコミュニティで現在主張されている「無駄」ではなく、必須の要素であると主張する。

  • ソフトウェアのリーン思考入門

    これは、InfoQ Chinaのアジャイル編集者、Jacky Li氏によるリーン思考とリーン思考をどのようにソフトウェア開発に適用するかについての入門です。

  • 3つのM - リーンの3要素

    リーン主義をソフトウェア開発に適用することについての議論では、主にムダ(無駄:Muda)なものを特定して排除することに関心が向けられてきました。リーン思考は同様に、ムリ(無理:Muri)とムラ(ばらつき:Mura)を削除することも目指しています。ムダ、ムリ、ムラは「3つのM」と呼ばれています。

  • かんばんボードによるプロジェクトの見える化

    アジャイル開発でプロジェクトを進めている現場では、やるべき作業を表す付箋や、進行状況を示すチャートをプロジェクトルームの壁に貼って状況を見える化し、共有している光景をよく見かける。 本稿では、昨今のアジャイル開発プロジェクトで広く浸透している見える化の手法を見ていく。その中で、チーム全体がプロジェクトの今の状況を把握し、開発者の自律的な作業を可能にし、協調作業を促進する、三つの視点(とき、こと、ひと)をうまく使うかんばんボードの利用法を提案する。そして最後に、三つの視点によるプロジェクトの見える化を実現している、かんばんボードのソフトウェアによる実装 “TRICHORD” を紹介する。

  • AgileAdvert Video Winners Announced

    At Agile2007's Google reception, the audience voted to make the (very sad) clip "Developer Abuse" the number 1 video, thereby making "Matthew" (name changed to protect the innocent) this year's AgileAdvert famous Agilist. Five more videos were also recognized, sporting singing, dancing, a beating, "outside the box" thinking, expletives (deleted), and charming children (not all in one video!)

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。