BT

InfoQ ホームページ Legacy Code に関するすべてのコンテンツ

  • 複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

    自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

  • Michael Feathers氏の提唱する設計指針としてのエラー処理

    Michael Feathers氏はエラーに関心を持っているが、ほとんどの開発者がエラーに多くの時間を割きたいとは思っていないことは理解している。氏はまた、大部分のエラー処理は一種のギブアップに過ぎない、と考えている。レガシコードでの開発作業に関する著書で知られる氏は、Explore DDD 2018で行った基調講演の中で、エラーを排除することが、いかにソフトウェアシステム設計のドライバになり得るかを論じた。

  • 古いシステムと現代的な技術のギャップを埋める

    手動で時間のかかるやり方で管理されている、長年動かし続けているプラットフォームはコストがかかる。チームは経営陣に対してビジネスケースを作ることで、繰り返し作業やヒューマンエラーで失われた時間に基づいて、自動化ツールやコンテナのような現代的な技術を導入して改善ができる。結果として、配置作業は予測可能で反復的なプロセスになり、配置も頻繁かつ安全に行えるようになり、人間の介在も最小限になる。

  • リーンでEコマースを再構築する

    Auchan Franceのオンライン食料品サービスであるAuchan:Directは、新しいEコマースウェブサイトの開発にリーンを導入することにした。CEOが最初の顧客であり、新しい体験をした顧客からの継続的で高速なフィードバックを使って、ウェブサイトの品質を継続的に改善した。

  • Klaverblad Insuranceにおける継続的デリバリ

    継続的デリバリは,デプロイメントを自動化するためのアジャイルプロジェクトとして実施されるべきものだ。ステップの細分化によるスピードアップ,小さなデリバリによる信頼の獲得,問題の迅速な解決が必要となる。今回の記事ではKlaverbladがアジャイル,DevOps,継続的デリバリ,マイクロサービスを導入した経緯について紹介する。

  • 大規模システムの保守における技術的負債とチームのモラル

    Agile Testing Days 2015において、Thomas Bradford氏はテストがなく大きな技術的負債のあるモノリシックなJavaベースのシステムの保守に関する経験について語った。 InfoQは、システムを保守する上での問題や作りこまれた技術的負債、なぜ別のアプローチをとったのか、どうやってチームのモラルを向上させたのかについて氏にインタビューした。

  • リビルドか,リファクタか

    ソフトウェアはリビルド(再構築)すべきか,リファクタリングすべきか?Wouter Lagerweji氏とのインタビューから,リファクタリングを困難にしているものは何か,ソフトウェアのリビルドがリファクタリングよりリスクが少ないのか,継続的デリバリがソフトウェアのリビルドに対してどのように好都合なのかを考える。

  • スイス郵政におけるスケールド・スクラム

    スイス郵政はレガシーシステムのリプレイスのため、7つのチームでスケールド・スクラムを利用した。InfoQはRalph Jocham氏にインタビューを行い、完了の定義を使ってどのようにスクラムをスケールしてレガシーな問題に対応したか、どうやって計画より3ヶ月前倒しでシステムを納品できるようにしたか、そしてプロジェクトで主に学んだことを伺った。

  • マイクロサービス実装時の課題 - なぜプログラミングスタイルが問題なのか

    Fred George氏がGOTO Amsterdam 2015で,“Challenges in Implementing MicroServices”および“The Secret Assumption of Agile”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,マイクロサービスをできる限り小さくする方法,マイクロサービス実装時の問題と対処方法,プログラムスタイルが問題となる理由,開発者がコードスキルを向上させるためにできること,などについて聞いた。

  • モデル駆動ソフトウェアエンジニアリングでの新しい開発

    VerumのCEOであるRob Howe氏にインタビューをし、モデル駆動ソフトウェア開発の現在の状況やこの開発手法の使われ方について話を聞いた。また、モデル駆動ソフトウェアエンジニアリングが成熟した技術になるかどうかについての氏の考えやこの開発手法が将来もたらしてくれるものについても話を聞いた。

  • レガシソフトウェアをメンテナンスするためのモデルベースのアプローチ

    Phillips HealthcareのソフトウェアアーキテクトであるHans van Wezep氏がBits&Chips Software Engineering Conferenceで,モデルを使用したマイグレーションについて講演した。InfoQでは氏にインタビューして,レガシソフトウェアをメンテナンスする上での問題点,手作業によるリファクタリングでのエラーの問題,コードベースのリファクタおよびマイグレーションにおけるモデルの利用,レガシソフトウェアをメンテナンスする上でのモデル利用のメリットなどについて話を聞いた。

  • 総保有コストを使った技術的負債の管理

    総保有コスト(TCO)は、投資の意思決定やファイナンスの分析で使われる。これをソフトウエアに適用すると、初期の開発コストや、製品が提供停止になるまでのメンテナンスのコストをカバーできる。TCOは設計上の決定や技術的負債の管理をサポートする。

  • "アンヘッジド・コールオプション"はバッドコードに対するメタファとして適当か

    バッドコードと技術的負債に関するブログ記事で,Steve Freeman氏は,Chris Matt氏がバッドコードを表す"ヘッジされない(unhedged)コールオプション"というメタファを思い付いた経緯について説明した。この記事が今,RedditとHacker Newsで激しく議論されている。InfoQでは,バッドコードとコードの臭い(code smells)に対するメタファの使用,低品質コードのトレードオフとコスト,コード品質に対する責任などについて,両氏にインタビューした。

  • ChromeのshowModalDialogサポート終了が企業向けウェブアプリで問題に

    Google Chromeがwindow.showModalDialogをサポートしなくなったが、これによって、OWA、EAC、SAPなど企業向けアプリに影響が出ている。

  • PayPal社がバックエンドをJavaからJavaScriptへ移行

    PayPal社はJSPとJavaで書かれたレガシーコードを捨て、ブラウザからWebアプリケーションのバックエンドサーバまで、幅広くJavaScriptを採用することに決めた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。