BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Maven に関するすべてのコンテンツ

  • IG GroupがRESTdocletをオープンソース化

    IG GroupはSpring RESTベースのサービスからドキュメントを生成するMavenプラグインのRESTdocletのをオープンソースにした。

  • OSGiがスナップショット提案を破棄

    最近リリースされたOSGi Release 5早期アクセスドキュメントによると、次回の仕様で最も期待されていたフィーチャの1つ、OSGi向けSNAPSHOTスタイルバージョンが仕様から落とされた。既存のツール群への懸念のためである。読み進むとなぜかがわかる。

  • ThoughtworksのTechnology Radar 2012年3月版

    ThoughtWorksがTechnology Radarの最新版を公開した。このレポートはテクノロジーに関して意思決定する人が、ソフトウェア開発のテクニックやツール、言語、プラットフォームの新しいトレンドを理解するために作られている。アジャイルソフトウェア開発チームに対する関心について興味深い結果が示されている。

  • Nexus 2.0がリリース

    今日、SonatypeがNexus 2.0リリースした。これは、彼らの成果物リポジトリにおける大きな前進である。このリリースで新しいのは、NuGetによる.NETサポート、オープンソース版におけるOSGiとP2ホスティング、アクセスとPOMにおけるクロスリファレンスの頻度から計算した、成果物人気スコアを追加したことである。

  • モジュラリティ成熟モデル

    OSGiコミュニティイベントで、IBMのGraham Charters博士はモジュラリティ成熟モデルを詳解した。このモデルは組織やプロジェクトの開発がどの程度モジュール化されているかを評価する方法のひとつだ。

  • Sonatypeが企業のオープンソース利用を把握するための製品を発表

    Maven開発で指導的役割を果たしているSonatypeはSonatype Insightを発表し、組織のオープンソースの利用と監査を支援する企業の仲間入りを果たした。このようなサービスを提供する会社は増加している。

  • Java.Netの成果物がMaven Centralで利用可能に

    SonatypeとOracleは協力してJava.net Mavenの成果物の安定性と品質に注力した。Java.netではリポジトリ管理ソフトのNexus Proが使われている。幅広い利用を促進するため、Java.netの成果物がMaven Centralと同期するようになった。

  • Google Guice 3.0を利用したアノテーション駆動による依存性注入

    先月下旬Googleは、依存性注入(Dependency Injection、DI)デザインパターンを実装するJavaフレームワーク、Guice 3.0をリリースした。Guiceの裏にある動機は、決まり切ったファクトリを書く必要性を減らすことで、プログラマがDIコードを書くことを容易にすることである。この記事では、3.0の新機能について分析し、Guice 3.0がどのようにSpring DIをサポートしているかを見、さらに、(MiniGuiceとしても知られる)Guice 4.1を紹介する。

  • Maven 3.0リリース

    Sonatypeは本日、Maven 3のリリースを発表した(リリースノート)。このリリースは2005年のMaven 2のリリース以来の最大の変更になる。Maven 3のリリースでは後方互換性をなるべく維持するために、オープンソースのツールでの自動テストが十分に行われた。この結果、Maven 3はMaven 2を単純に置き換えるものになり、性能の向上以外にはほとんど目につく違いはなくなった。

  • Maven, Ant, Rake: JRuby 1.5 の構成管理強化

    4月末に予定されている1.5へのバージョンアップに向けて、JRubyプロジェクトはJavaとRubyの相互運用性を改善し続けている。これによって、Ruby開発者はJavaプラットフォームの利点をもっと強力に利用できるようになる。一方でJava開発者は既存のプロジェクトにRubyのツールを利用する利点を見つけるようになるだろう。

  • MavenとJRuby - MavenライブラリをRubyGemsにするMaven_gemとGemCutterから生まれたJavaGems

    JRubyのCharles Nutter氏が、Mavenの成果物をRubyGemsとしてインストール可能にしている。Mavenを使う代わりに、RubyGemsやBundler、Gemcutterで作られたJavaGemsを使えば、ScalaやClojure、その他のJVM言語のライブラリをより簡単にインストールできる。また、JRubyは、実際にJavaクラスを生成する機能を手に入れている。

  • Clojure総まとめ:Craneによる配布、Incanterによる算術計算、Leiningen 1.0によるビルド

    Clojureインスタンスwの配布と遠隔操作のためのツールであるFlightCasterのオープンソースCraneは、現在EC2に特化されている。IncanterはClojureを使って簡単にR風の統計計算ができるClojureライブラリとツールである。また、ビルドと依存関係管理ツールであるLeiningen 1.0がリリースされた。

  • Bundle.update: Java EEがOSGi化し、JSR 294 が凍結に

    前回のbundle.update以来、OSGiとモジュールJavaの世界に、いくつかのおもしろい事が起きた。JSR 294が(自動的に)凍結とマークされ、Enterprise Expert Groupがドラフト4をリリース、WebSphereで、OSGiアプリケーションが直接動作するようになり、来るべくOSGiコンファレンスの早期ディスカウントと講演者の募集がまもなく終わる。

  • ClojarsとLeiningenを使ったClojure向け自動ライブラリ依存関係管理

    ライブラリと依存関係を管理するのはうんざりする作業だ。Clojarsは Clojureライブラリのための新しいリポジトリで、Ruby GemsとGemcutterに発想を得ている。新しいビルドツールであるLeiningenと一緒にClojarsを使えば、ライブラリ管理の苦痛から解放されるだろう。InfoQはこのClojarsについてAlex Osborne氏に話を聞いた。

  • Simple Module SystemはJSR294を救えるか?

    この1ヶ月の間、Java Modularityワーキンググループ(JSR 294)の現状について多くの議論がなされた。JSRは、異なるモジュールシステム(特にSunのProject JigsawとOSGi)間の共通基盤を見つけようとしているが、現在の提案はあまりにも複雑であり、世界初となるメタモジュールシステムという概念を導入している。Simple Module SystemはJSR294を救えるか?

BT