BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Maven に関するすべてのコンテンツ

  • eBayで分散アーキテクチャによって複雑な依存関係を管理

    eBayエンジニアリングチームは最近、彼らがどのようにしてスケーラブルなリリースシステムを考案したかについてその概要を説明した。リリースソリューションは、分散アーキテクチャを活用して、約2時間で3,000を超える依存関係にあるライブラリをリリースする。チームはJenkinsをGroovyスクリプトと組み合わせて使って、リリースを実行する。

  • 開発者エクスペリエンスの向上したApache NetBeans 13

    Apache Software Foundationが統合開発環境(IDE)のApache NetBeans 13をリリースした。Maven、Gradle、PHPの部分的アップグレードに加えて、従来よりもシンプルでスムーズな起動エクスペリエンスが実現されているという。Javaで記述され、当初はJavaコミュニティを対象としていたNetBeansだが、現在はHTML5、PHP、C/C++などの言語サポートを備えた、クロスプラットフォームの多言語IDEである。

  • Neo4j Migrationsを使ったNeo4jグラフスキーマの移行

    Neo4j Labsは、Neo4j Migrationsをリリースした。これはデータベース移行およびリファクタリングツールで、リレーショナルデータベースのバージョン管理を提供する。Neo4j Migrationsは、FlywayDBにインスピレーションを受けており、Neo4j Javaドライバと、クラスパス上の移行を検出するために使用されるClassGraphからなる。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2021.1をリリース

    JetBrainsは、Java 16のサポート、HTMLの変更を即座にレンダリングする新しいプレビュー機能、およびWSL 2のサポートを特徴とするIntelliJ IDEA 2021.1をリリースした。Docker、WSL 2、またはSSH経由でアプリケーションを実行することもできる。その他Docker、Kubernetes、Kotlin、Gitなどのサポートのさまざまな改善が含まれる。

  • Spring BootアプリをSpring Native BetaでGraalVMに変換

    Springは、JavaまたはKotlinで記述された既存のSpring BootアプリケーションをGraalVMネイティブイメージに変換するための新しいツール Spring Native Beta をリリースした。目標は、Spring NativeでSpring Bootアプリケーションをサポートすることだ。GraalVMネイティブイメージは小さく、最適化され、すばやく起動する。ただし、トレードオフとして、JVMと比較して、ビルド時間が長くなり、実行時の最適化が少なくなる。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年4月5日週

    4月5日週のJavaエコシステムのストーリーの総まとめ。

  • JFrogはJCenterとBintrayを閉鎖へ

    JFrogは、GradleやAndroidビルドでよく使用されるJavaリポジトリ JCenterを含むBintrayアセットホスティングサービスを閉鎖すると発表した。 Bintrayへのアップロードは月末にブロックされ、アセットは4月末以降ダウンロードできなくなり、その後すぐに削除される。 これがJavaビルドパイプラインにとって何を意味するかを知るために読んでください。

  • mvnd: Mavenを速くするDaemon、Peter Palaga氏とGuillaume Nodet氏との対談

    ほぼ20歳のMavenは、依然としてJavaの世界ビルドツールであり、最大の市場シェア (60%以上) を誇っている。敏捷性とリリースサイクルの短縮という今日のニーズに適応するため、Maven Daemonは、TakariまたはGradleによって普及した手法を使用して、必要な速度を実現する。

  • Maven 3.7はWrapperがデフォルトで含まれる

    Apache 3.7.0には新しいWrapperユーティリティが同梱され、既存のMavenインストールがなくてもプロジェクトを簡単に構築できる。

  • Java 9への適応状況の定量化がJavaコミュニティの目標

    ロンドンJavaコミュニティとJavaチャンピオン数人がリードするJavaコミュニティが著名なオープンソースプロジェクトのJava 9への適応状況を定量化する試みを始めた。

  • ZeroStackがDevOps Workbenchの提供開始

    プライベートクラウドプロバイダのZeroStackは、開発者が独自のワークベンチを作成できるセルフサービス機能を発表した。ZerostackのIntelligent Cloud Platformを介して、DevOps Workbenchのユーザは、オープンソースと商用のプロバイダから提供されている40の開発ツールを利用できる。

  • fat JAR問題を解決する - HubSpotの例

    Spring で,fat JARはデプロイ機構として一般に普及しつつある。HubSpotは過去,maven-shade-pluginでのエクスペリエンス上の問題や,10Boot 1.4とDropwizard 1.0が7月末,いずれもfat JARを使ってでリリースされた。このようなフレームワークやマイクロサービスでの採用が増えていること0,000以上の小さなファイルをJARにパッケージングする際の効率問題の原因として,fat JARによるデプロイの問題を報告している。

  • ZeroTurnaround社はRebelLabsの開発者生産性レポートを公表した

    本日ZeroTurnaround社のRebelLabsは年2回の2016年の開発者生産性レポートを公表した。これは2000人以上が仕事で何のツールを使っているかを回答したものだ。InfoQはレポートに接近し、結果をまとめた。

  • Twitterが多言語ビルドツールPants 1.0をリリース

    5年間の開発期間を経て,TwitterがビルドツールPantsのマイルストンとなるバージョン1.0をリリースした。複数のプログラム言語をサポートし,スケーラビリティに優れる。

  • Maven Central、Googleにミラー

    Mavenにフォーカスした会社 Takari(MavenのファウンダーであるJason van Zyl氏が創業)が、Maven CentralをGoogle Cloud Storageにミラーすることを発表した。Maven Centralは多数のオープンソースJavaライブラリがその成果物を登録しているセントラルリポジトリだ。

BT