BT

InfoQ ホームページ メッセージング に関するすべてのコンテンツ

  • Confluent Platform 5.0がLDAP認証とIoTインテグレーション用のMQTT Proxyをサポート

    Confluent Platform 5.0は、Apache Kafka上に開発されたエンタープライズストリーミング用のプラットフォームである。LDAP認証、Kafkaトピックインスペクション、IoT(Internet of Things)統合用のConfluent MQTT Proxyなどをサポートする。

  • Amazonは、AWS LambdaがイベントソースとしてSimple Queue Service(SQS)をサポートすることを発表

    AmazonはSimple Queue Service(SQS)のアップデートを発表した。開発者はSQSを使用してAWS Lambda Functionsを起動できる。さらに、開発者がポーリングサービスを実行したり、SQSからSNSへのマッピングを作成するためにを必要がなくなった。

  • RESTは新たなSOAPなのか?

    数週間前にPakal de Bonchamp氏が著した、RESTのさまざまな面を批判し、それをSOAPに準えた記事を発端として、今REST論議が再燃している。詳細にわたる元記事に対して多数のコメントが飛び交い、最後にはWeWorkのPhil Stugeons氏が、Pakal氏の不平を基本的に否定する記事を書いた。両氏の議論は現在も続いている。

  • KubernetesでのKafkaクラスタの管理と運用

    Amadeus社のプラットフォームソリューションアーキテクトであるNenad Bogojevic氏はKubeCon + CloudNativeCon North America 2017 Conferenceで、Kubernetes環境でKafkaクラスタを実行および管理する���法について講演した。彼は、Kafkaクラスタをプロビジョニングし、KubernetesカスタムリソースまたはConfigMapsを使用して設定することについて話した。

  • イベントはいかに現代のシステムを変えたか - Jonas Boner氏の講演より

    Jonas Boner氏がイベント駆動サービスについて講演し、イベント駆動アーキテクチャ(EDA)とイベントストリーム処理(ESP)テクノロジが、分散システムを基盤とする現代的なアプリケーション設計において果たす役割について説明した。講演は先日のReactive Summit 2017カンファレンスで行われた。

  • Twitterのリアルタイム通知アーキテクチャ

    TwitterのエンジニアリングマネージャであるSaurabh Pathak氏がQCon London 2017で、自社サイトの通知アーキテクチャについて講演した。取り上げられた話題は、Twitter特有の重要な課題であるソーシャルネットワークのバイモーダル性、スパイクの処理、リアルタイムで通知を提供する必要性などだ。

  • Microsoftがハイブリッド接続に投資、オンプレミス データ ゲートウェイをリリース

    最近のブログ投稿で、Microsoftはオンプレミス データ ゲートウェイが一般公開(General Availability, GA)となったことを発表した。このゲートウェイは、多くのMicrosoft PaaS、SaaSサービスから、コーポレートファイアウォールの後ろにあるデータソースへのリモート接続を可能にする。

  • Confluentがマルチデータセンタレプリケーションを備えた企業向けKafkaを発表

    Confluent Enterpriseの最新バージョンは,マルチデータセンタレプリケーション,自動データバランシング,クラウドマイグレーション機能をサポートする。Apache Kafkaベースのストリーミングプラットフォームを提供するConfluentは先週,ストリーミングデータパイプライン構築とストリーム処理アプリケーション開発を支援するConfluent Enterpriseの新機能を発表した。

  • Azure RelayがWCFの枷から自由になりクロスプラットフォームになる

    Azure Service Bus Relayは、インターネットに接続する消費者に対して内部ネットワーク上のWebサービスを公開する機能を備えているが、そこに魅力を感じた開発者がそのようなサービスを構築する方法は、最近までWCFただ1つだけだった。 Azure Relayハイブリッド接続と呼ばれるパブリックプレビューになったばかりの機能を使用すると、開発者はWebSocketに親和性のあるプラットフォームなら何を使用していても、このクラウドベースのブローカーにローカルサービスを接続できるようになった。

  • Yahoo!がPub/SubメッセージングプラットフォームのPulsarをオープンソース公開

    Yahoo!は,同社がいくつかのサービスで社内的に運用しているパブリッシュ-サブスクライブ(Pub/Sub)メッセージプラットフォームのPulsarを一般公開した。

  • Azure Premium Messaging ServiceがGAに到達

    Microsoftは7月15日,Azure Premium MessageサービスがGA(General Availability)に到達したと発表した。Premium Messagingは,より予測可能性の高いメッセージパフォーマンスを求めるユーザを対象とするサービスだ。InfoQは今回のマイルストンについてさらなる洞察を得るべく,プリンシパルプログラムマネージャのDan Rosanova氏にコンタクトを取った。

  • Confluent Platform 3.0がKafka Streamsによるリアルタイムデータ処理をサポート

    Apache Kafkaメッセージングフレームワークの支援企業であるConfluentが提供するConfluent Platform 3.0メッセージングシステムでは,リアルタイムデータ処理にKafka Streamsをサポートしている。同社は先週,同オープンソースのConfluentプラットフォームの最新版を一般提供開始すると発表した。

  • Apple、Messagesフレームワークを開発者に公開

    WWDC 2016でAppleが紹介したiOSの新しいMessagesフレームワークは、AppleのMessagesアプリとやりとりするApp Extensionsの作成を可能にすることを狙っている。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • Android, iOS, Chromeにメッセージ送信可能なGCM 3.0

    GCM 3.0でGoogleが試みたのは,登録プロセスを簡略化すること,そして同社のクラウド通知システムをAndroid, iOS, Chromeで同じように動作させることだ。そのために,新たなトピックグループとメッセージ診断ツールが用意された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。