BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ メッセージング に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftがハイブリッド接続に投資、オンプレミス データ ゲートウェイをリリース

    最近のブログ投稿で、Microsoftはオンプレミス データ ゲートウェイが一般公開(General Availability, GA)となったことを発表した。このゲートウェイは、多くのMicrosoft PaaS、SaaSサービスから、コーポレートファイアウォールの後ろにあるデータソースへのリモート接続を可能にする。

  • Confluentがマルチデータセンタレプリケーションを備えた企業向けKafkaを発表

    Confluent Enterpriseの最新バージョンは,マルチデータセンタレプリケーション,自動データバランシング,クラウドマイグレーション機能をサポートする。Apache Kafkaベースのストリーミングプラットフォームを提供するConfluentは先週,ストリーミングデータパイプライン構築とストリーム処理アプリケーション開発を支援するConfluent Enterpriseの新機能を発表した。

  • Azure RelayがWCFの枷から自由になりクロスプラットフォームになる

    Azure Service Bus Relayは、インターネットに接続する消費者に対して内部ネットワーク上のWebサービスを公開する機能を備えているが、そこに魅力を感じた開発者がそのようなサービスを構築する方法は、最近までWCFただ1つだけだった。 Azure Relayハイブリッド接続と呼ばれるパブリックプレビューになったばかりの機能を使用すると、開発者はWebSocketに親和性のあるプラットフォームなら何を使用していても、このクラウドベースのブローカーにローカルサービスを接続できるようになった。

  • Yahoo!がPub/SubメッセージングプラットフォームのPulsarをオープンソース公開

    Yahoo!は,同社がいくつかのサービスで社内的に運用しているパブリッシュ-サブスクライブ(Pub/Sub)メッセージプラットフォームのPulsarを一般公開した。

  • Azure Premium Messaging ServiceがGAに到達

    Microsoftは7月15日,Azure Premium MessageサービスがGA(General Availability)に到達したと発表した。Premium Messagingは,より予測可能性の高いメッセージパフォーマンスを求めるユーザを対象とするサービスだ。InfoQは今回のマイルストンについてさらなる洞察を得るべく,プリンシパルプログラムマネージャのDan Rosanova氏にコンタクトを取った。

  • Confluent Platform 3.0がKafka Streamsによるリアルタイムデータ処理をサポート

    Apache Kafkaメッセージングフレームワークの支援企業であるConfluentが提供するConfluent Platform 3.0メッセージングシステムでは,リアルタイムデータ処理にKafka Streamsをサポートしている。同社は先週,同オープンソースのConfluentプラットフォームの最新版を一般提供開始すると発表した。

  • Apple、Messagesフレームワークを開発者に公開

    WWDC 2016でAppleが紹介したiOSの新しいMessagesフレームワークは、AppleのMessagesアプリとやりとりするApp Extensionsの作成を可能にすることを狙っている。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • Android, iOS, Chromeにメッセージ送信可能なGCM 3.0

    GCM 3.0でGoogleが試みたのは,登録プロセスを簡略化すること,そして同社のクラウド通知システムをAndroid, iOS, Chromeで同じように動作させることだ。そのために,新たなトピックグループとメッセージ診断ツールが用意された。

  • STOMPとApache Camelの実装が追加されたHazelcastMQ v1.0.0

    先日リリースされたHazelcastMQ v1.0.0には,STOMPクライアントとサーバのJava実装,Apache Camelコンポーネントが加えられている。HazelcastMQは,インメモリ・データグリッドであるHazelcastの持つ,キューとトピックによるベーシックなデータ構造の上でメッセージング層を実現するソフトウェアだ。STOMPはSimple (またはStreaming) Text Oriented Message Protocolの略で,相互運用可能な通信フォーマットだ。

  • マイクロサービス - 重要なのはサイズよりも使い方

    マイクロサービスを定義するのにサイズを用いるのはサービスの責務を判断する上で意味がない - Jeppe Cramon氏は一連のブログ記事で,マイクロサービスに対する自身の見解を明確にすると同時に,同期双方向通信の問題点についても指摘している。

  • Udi Dahan氏がイベント駆動アーキテクチャと疎結合なシステムについて語る

    Udi Dahan氏がプレゼンの中でよりイベント駆動で非同期なパターンを使ったシステムのモデリングの仕方やこのような手法を採用したときに直面する課題について説明しながら、強靭さ、弾力性、スケーラビリティを確保するにはより弱く結合したシステムを構築する必要がある、と主張している。

  • RESTの代替は必要か

    SoapUIの開発者であるOle Lensmar氏が最近、RESTが本当にリアルタイムの非同期のバイナリプロトコルが必要なアーキテクチャにも適しているかどうか疑問を投げかけている。

  • ActiveMQ 5.9:LevelDB ストアのレプリケーション、およびHawtio ウェブコンソールに対応

    メッセージブローカの Apache ActiveMQ の最新バージョン5.9 は、200件以上の問題点修正とともに、LevelDBのレプリケーションをサポートする機能と、新しい Hawtio ウェブコンソールを追加した。

  • RESTベースのWeb APIをハイパーメディアでレベルアップする

    仕事で新しいWeb APIを作ろうとしたときのことだ。私たちは本当にすばらしいAPIを作りたいと思った。Internetにおける回答は、RESTful APIを作ることだった。Amy Palamountain氏はニュージーランドで開かれたTechEdのプレゼンテーションで、HTTPとWebの中心にある考えに基づいたRESTful APIの作り方について、自身の経験を語った。

BT