BT

InfoQ ホームページ 方法論 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • .NETでドメイン駆動開発~ValueObject後編~

    近年とても注目度の高いドメイン駆動開発について、独自の解説を交えながら.NETでの実装例をご紹介します。前編での解説に引き続き、ValueObjectの実装例をご紹介します。

  • .NETでドメイン駆動開発~ValueObject 前編~

    近年とても注目度の高いドメイン駆動開発について、独自の解説を交えながら.NETでの実装例をご紹介します。まずはValueObjectパターン前編です。

  • ドメイン・フレームワークのススメ(第1回)

    簡単なゲームを題材として、ドメイン・フレームワークの考え方を数回の記事に分けて解説。第1回は題材となるゲームの説明と、概念モデルのイメージを解説。

  • デザインパターンの自動化

    コード1行あたりの総所有コストが高いにもかかわらず、定型的なコードの多くは、まだ書かれており、その多くは、よりスマートなコンパイラを使って回避することができる。実際、ほとんどの定型的なコードは、デザインパターンを繰り返し実装することに起因している。しかし、これらのデザインパターンのいくつかは、非常によく理解されており、もし我々がコンパイラにそれを教えることができれば、それらは自動的に実装することがでる。

  • RIA のアーキテクチャーとデザインパターン (リッチクライアント編)

    この記事では、Flex アプリケーションのアーキテクチャー概要を扱います。以下の内容は、Flex アプリケーション構築の際に一般的に起こる、と思われる問題への対応例を紹介することが目的です。Flex アプリケーションを常に同じ形で構築することを推奨するものではありません。 クライアント側とサーバー側を含めたアプリ全体のアーキテクチャーについては別記事 (アプリ全体編) をご覧下さい。

  • Java と ActionScript 3.0 の違い: 文法編

    この記事は、Java に精通した開発者の方に、ActionScript 3.0 (以下 AS3) がどのような言語なのか、どこが Java と異なっているのか (あるいは同じなのか) を一覧できるようまとめたものです。主に AS3 の静的な側面をまとめた、文法編 (文法編) およびクラス宣言編 (クラス宣言編)と、動的な側面をまとめた、属性操作編 (属性操作編) および振舞い編 (振舞い編) の 4 編に分けて、Java 開発者が引っかかりやすいと思われる点を中心に記述しました。厳密な言語解説よりは、まず AS3 の概要が分かること、を目的に書かれています。さらに詳しい言語仕様についてはActionScript 3.0 の学習をご覧ください。

  • FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ(page4)

    前記事『FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ』第4部です。

  • FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ(page3)

    前記事『FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ』第3部です

  • FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ(page2)

    前記事『FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ』第2部です。

  • FlexおよびJavaアプリケーションのアーキテクチャ(page1)

    Java EE Platformは、ナンバー1のエンタープライズWebサーバーです。Adobe Flash Platformは、ナンバー1のリッチインターネットアプリケーション開発環境です。これら2つを使用することで、エンタープライズバックエンドソリューションと優れたユーザー体験を利用した、印象的なデータ中心アプリケーションを実現できます。 この記事では、FlexとJavaで開発するアプリケーションのアーキテクチャに関して4回にわたりご説明します。

  • Hades - JPAリポジトリが簡単に作れる

    世の中にある、ほとんど全てのアプリケーションは、その仕事をするには、データにアクセスする必要がある。ドメイン駆動設計アプローチでは、ドメインを構成するエンティティ用のリポジトリを定義する。Javaの開発者は、よくJPAを使って、これらのリポジトリを実装する。Hadesは、オープンソースのライブラリでJPAとSpring上に作られており、データアクセス層の実装が著しく改善され、実際に必要なコード量を削減できる。

  • 「かんばん」をソフトウェア開発に適用する: アジャイルからリーンへ

    このInfoQの記事において、平鍋健児氏は、日本の製造業者と共に学んだことを適用する。多くのアジャイルチームはバリューストリームの一部だけを最適化するが、平鍋氏は、リーン生産のかんばんによる視覚的なトラッキングシステムから学んだことを適応させるシンプルな方法を提案する。このかんばんシステムは、多くの企業でプロセスを見える化し、よりよいコミュニケーションとプロセスの改善をもたらすものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。