BT

InfoQ ホームページ Value & Metrics に関するすべてのコンテンツ

  • DevOpsDays NZでの講演についてAlison Polton-Simonhへのインタビュー

    ThoughtWorksのAlison Polton-Simonへインタビューし、DevOpsDaysNZでの、計測するべきメトリクスに関する講演について話を聞いた。

  • DevOpsとハイパフォーマンスの鍵 - DevOps Enterprise Summit LondonでNicole Forsgren博士に聞く

    間もなくロンドンで開催されるDevOps Enterprise Summitを前に、InfoQは、DORAのCEOでチーフサイエンティストのNicole Forsgren博士と席を共にして、DevOpsの基本、組織の目標を設定することの難しさ、パフォーマンスを測る方法などについて議論した。

  • 心理学の手法で見積もりを改善する

    バイアス、プライミング、サリアンスは見積もりの能力に影響を与える3つの代表的な心理要因だ。見積もりをしているときに心理的に何が起こっているのかを知ることは、これらの要因に対処して見積もりを改善するのに繋がる、と心理学の研究者であるJoseph Pelrine氏は言う。

  • 新技術を使用したプリンタを開発するためにスクラムをスケールさせる

    新しい印刷技術に基づいて高速プリンタを開発するとき、ものごとはどんどん変化する。多くの規律が存在する大規模プロジェクトを管理するための効果的で柔軟なソリューションが必要である。Océ Printing Systemsはスクラムをカスタマイズして協調作業を可能とし、進捗を見える化するた��にスクラムをスケールさせることを決めた。

  • Mike Cohn氏が見積もりのインフレを防ぐ方法を説明

    Mike Cohn氏が見積もりのインフレを防ぐ方法を説明する。

  • ソフトウェア契約における#NoEstimates

    InfoQはVasco Duarte氏にインタビューして,プロジェクト規模の設定と合意,契約の締結,信頼の確立といったニーズに直面する契約環境において,どうすれば#NoEstimatesテクニックを適用できるかを聞いた。

  • アジャイルチームを評価する

    Agile Tour London 2015でDoug Talbot氏が,“Do you know how fast you’re going?”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,見積と計画の難しさ,アジャイルチームが採用している計測手法,生産性を測ることの意味,#NoEstimates運動に対する氏の見解などを聞くとともに,チームが有意義な計測を行う上で役立つアイデアを求めることにした。

  • スプリット分割が見積に与える影響

    プロダクトバックログのリファインメントは,プロダクトバックログを分割し,多くの場合は再見積を行うプラクティスである。この記事では,ユーザストーリの分割と再見積を取り上げる。

  • アジャイル,DevOps,自社製品の社内利用

    DBmaestro共同創設者でCTOのYaniv Yehuda氏にインタビューした。彼らがアジャイル開発をどのように実行し,DevOpsを利用しているのか,継続的デリバリや困難だと言われるアジャイルプラクティスをどのように実践しているのか,さらにはアジャイルやDevOpsプラクティスを使うことによって,どのようなメリットを得られているのだろうか。

  • #NoEstimatesを使って価値を提供する

    Vasco Duarte氏は#NoEstimatesを学び、予算内で価値を提供するのに役立てる方法を探すのが良い、という。氏は#NoEstimatesについての本を書き、見積もりがなぜうまくいかないのか、#NoEstimatesを使ってどのようにプロジェクトを管理するのかを説明している。

  • 見積もりなしの意思決定戦略

    Debbie Madden氏とVasco Duarte氏が見積もらないことに関する意見を述べている。

  • スライシング・ヒューリスティックによるサイクルタイムの経験則的測定

    見積を使用しない(NoEstimates)アジャイルチームは,スライシング・ヒューリスティックを使うことによって,実作業に先立って経験則的にサイクルタイムを計測し,作業量予想に役立てることができる。

  • チームの改善のためにベロシティを計測することへの懸念

    アジャイルチームは自分たちのスプリントごとのベロシティを計測する。そうすることで彼らは、計画をたて、進捗をトラッキングし、プロダクトオーナーにプロダクトのリリースプランを作るための手がかりを与えることができるようになる。チームは、自らを改善したいときに、ベロシティのデータを利用できるのだろうか? 何人かの著者がベロシティについて書いており、チームの生産性を高めることを目的としてベロシティを計測することについての懸念を伝えている。

  • アジャイルチームが正しい方向にスタートするのを助ける「Scrum Kickoff Planner」

    「Scrum Kickoff Planner」がAdam Weisbart氏によってリリースされた。このガイドの目的は、新しいアジャイチームやプロジェクトを始めるときに、重要なポイントに関するチームのディスカッションをうまくファシリテートすることだ。

  • VelocityによってAgileは死んでしまうのか?

    チームによって完遂され、完遂するまでにかかった時間で分割される仕事の尺度であるVelocityは、チームの生産性を管理するためやチーム間の比較の尺度として用いられるようになっている。Jim Highsmith氏、Mark Levison氏、そしてScott Ambler氏は生産性の尺度としてのVelocityの間違った使い方に関して議論する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。