BT

InfoQ ホームページ Value & Metrics に関するすべてのコンテンツ

  • Agile採用を計測するときの疑問

    Agileコミュニティは、組織におけるAgile採用の効果を計測するためのベストな方法を決定するために、数年にわたりいくつもの試みをしている。最近の記事で、最も便利なメトリックについて議論が再燃している。

  • ベロシティにバグ修正を入れるべきか?...に依る。

    過去、バグ修正をベロシティに加えるべきか多くの議論や論争があった。「1つの」正しい答えは、なさそうである。しかしアジャイラには、どのような状況でバグ修正を追加すべきか、どのように追加すべきか、どこで追加しなくてよいかを提案している人達がいる。

  • アーンドバリュー (Earned Value) はアジャイルメソッドを活用できるか

    アーンドバリュー・マネージメント(EVM) の価値と,それをアジャイルに統合することに関して,激しい議論が巻き起こっている。アジャイルが EVM を必要とするほど大規模な IT プロジェクトに進出し始めたことがその原因だ。意見はさまざまだが,単にアジャイルが EVM に適用可能であるというだけではなく,アジャイルを適用した EVM がそうでないものより優れている,という考えもある。

  • 繰り返しタスクはアジャイルの臭い?

    ストーリーを水平方向のタスクに分割することは「アジャイルの臭い」か?これはスクラム/アジャイル計画会議によく見られ、チームの顧客価値へのフォーカスを損なう悪習なのか?代わりに提案されているのはどんなことなのか?

  • よいアジャイルなメトリクスとは何か?

    適切でアジャイルな計測とは何だろうか?もし伝統的な計測方法である、アーンドバリュー、労働時間、コード行数、テストによるコードカバレッジがアジャイルなプロジェクトにはあまり適さないのであれば、どういう方法があるのだろうか?よりよいアジャイルなメトリクスを選ぶ上で助けとなる、私たちが決められるルールは何だろうか?

  • デマルコ、ソフトウエアエンジニアリングの40年間を振り返る

    NATOのソフトウエアエンジニアリング会議から40年経ち、トム・デマルコはソフトウエアエンジニアリングの信念の進化において、自身が支持したメトリクス指向の方法論が、"変革を起こすこと。世界を変えるソフトウエアを作ること。"を目的にする現実の開発現場では、本当は邪魔になっていたのではないかと、振り返った。それとも、彼の当初の助言はやはり有効なのだろうか。彼自身は、"有効ではなかった"と、Software Engineering誌の"時代はやって来て、そして過ぎ去ってしまったのか"と題した記事で書いている。

  • 価値とベロシティ、そしてバリューベロシティの比較

    多くのアジャイルチームでは'価値'とチームの'ベロシティ'は正比例すると、暗黙的に前提している。幾つかのケースにおいては本当にそう見られる。しかしながら、多くの場合はチームのベロシティが本当に価値を提供できたかはほとんど示されない。

  • アジャイルが「チームの5つの機能障害」に取り組む

    ITマネージメント・ソリューションの大手プロバイダにおける部長である、Tathagat Varma氏は、アジャイルの生産性改善がチームワークの改善に繋がるのではないか、と思った。彼は、アジャイルの価値と実践をPatrick Lencioniのビジネス物語「チームの5つの機能障害」と対比させて、分析している。

  • アジャイルの生産性をドルで測る

    以前Scott Ambler氏は、加速度を利用してアジャイルチームの生産性を測る方法に関する記事を投稿した。最近、彼は引き続き別の記事を投稿したが、そこではアジャイルの生産性と加速度に関係のある、いくつかのよくある質問(FAQ)に答えている。

  • タスク単位ではなくストーリー単位で作業を行う

    実装作業をチーム内で分散して行うために、また、適度な粒度での進捗のトラッキングを行うために開発者はユーザーストーリーをタスクへと分割する。不幸なことに、ストーリーをタスクへと分割してみると重大なタスクばかりになってしまいイテレーション内にそのストーリーを終えることができない、といったことが起こりうる。

  • Article: スケーラビリティの構築とパフォーマンスの達成:バーチャルパネル

    InfoQ.com向けのこのバーチャルパネルでは、大企業やプロジェクトからスケーラビリティやパフォーマンスの著名人を招待し、みんなが夢に描いているような結果を達成するための秘密を明かしてもらいました。

  • ROIの最も高いアジャイルプラクティス

    投資利益率は、投資額に対して、その投資で得られた(あるいは失った)金額として定義される。予想されるROIは、ソフトウェア開発の特定の技術を採用する上で、非常に重要な決定的要因である。IBM developerWorksの記事で、Roger N.Dunn氏はアジャイルの採用を決める上で助けとなる手段の点から、アジリティを調べている。

  • ディベート: アジャイルへの転換の成功率, 救いか?痛みか?

    Khanna氏の「アジャイルへの転換の成功率に関して、誰かメトリックス(基準となる数値)を持っていますか?」というメールを受け、Kent Beck氏、Ron Jeffries氏、Alistair Cockburn氏、Chet Hendrickson氏を含む多くのソフトウェア業界のエキスパート達が議論に加わり、このような統計値を策定することによる価値とリスクについて議論を行った。

  • Article: AgileEVM: 製品ライフサイクル全体で費用対効果を計測する

    AgileEVMは、出来高管理の指標を使用した基準計画と比較し、コスト、スケジュール及びスコープの実際の値を計測する伝統的なプロジェクト管理手法を適応したプロジェクト管理手法です。

  • Agile Project Management ScrumWorks Pro 3.0のリリース

    Danube Technologiesは、ScrumWorks Proの3.0をリリースした。それが最後に語られたのは2007年8月のことである。ScrumWorks Proは、Agile Project Managementツールである。それぞれの反復やリリース全体を通じて、チームの進行をトラックする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。