BT

InfoQ ホームページ ニュース

  • 第13回State of Agileレポートが公開

    2019年5月7日に、CollabNet VersionOneは13番目のState of Agileレポートを公開した。 今年のレポートのハイライトには、アジャイル導入のレベルが含まれている。これは、アジャイル開発手法を実践していると回答した組織の97%に達している。アジャイル実践の習熟度はまだ低く、組織のわずか17%しか実践の習熟度が高いと主張していない。

  • AmazonがSageMaker Ground Truthを更新し、新しいラベリング機能、ベンダーサポートを提供し、リージョンを拡大

    Amazonは、SageMaker Ground Truthがシンプルなラベリングワークフロー、追加のラベリングベンダーのサポートを提供し、アジア太平洋(シドニー)AWSリージョンで利用可能になると発表した。それによって、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで合計6つのAWSリージョンでサポートされる。

  • Joseph (Joe) Armstrong: トリビュート

    EricssonのJoeの元同僚の何人かが、さようならのメモを書き、我々はそれを公開するよう頼まれた。

  • Googleが新しいJavaロギングFrameworkをリリース

    Googleは、Floggerという新しいオープンソースのJavaロギングフレームワークのリリースを発表した。これは、既存のロギングフレ��ムワークを改善しており、無効化されたログステートメントのコストを削減し、全体的な読みやすさを高め、拡張性を可能にしている。

  • Babel 7.3: スマートパイプライン,プライベートインスタンスアクセサ,他

    先日リリースされたBabel 7.3では,プライベートインスタンスアクセサと"スマート"パイプラインオペレータのパースとコンパイルが可能になった。正規表現の名前付きキャプチャグループや他の機能も,新たにサポートされている。

  • Xiaoya Wei氏,Airbnbのナレッジグラフを語る

    Airbnbのナレッジグラフは,同社の持つ世界中のインベントリ情報をグラフ構造にエンコードしたもので,その構造は階層的分類に基づいている。InfoQはAirbnbのソフトウェアエンジニアであるXiaoya Wei氏にコンタクトを取り、同社のナレッジグラフと、それがどのようにインベントリを分類し、ユーザに旅行のコンテキストを提供する上で役立っているかを聞くことにした。

  • Switch式とShenandoah GCを試験的に備えたJava 12がリリース

    3月19日は,Javaの最新機能リリースとなるJava 12がリリースされた日だ。注目すべき機能や改善が数多く含まれているが,このバージョンは長期サポートリリースではない。

  • Kubernetes KnativeのためのGlooゲートウェイがリリース

    Solo.ioの開発したEnvoyベースのAPIゲートウェイであるGlooは,Kubernetes Knativeサービス用として初の,Istioの公式な代替プロダクトだ。Soloの創設者であるIdit Levine氏に,GlooおよびそのKnativeとの統合について詳しく聞いた。

  • Swimが分散コンピューティングの一般概念に挑戦するプラットフォームをオープンソースとして公開

    昨今のカンファレンスでの講演を改めて見直せば,今日のソフトウェア・システムの多くがステートレスな処理,分散データベース,高性能なメッセージブローカで構成されている,と考えるのは理に適ったことだ。Swimは先頃,データベース、メッセージブローカ、アプリケーションサーバ、あるいはストレージといったものに依存せず,ステートフルな"デジタルツイン(Digital Twins)"を使用してストリームデータをリアルタイムに分析する,自社製のプラットフォームをオープンソースとして公開した。

  • OperatorsHub.io - Kubernetes Operatorの公開レジストリ

    Red Hatは先頃、Microsoft、Google Cloud、Amazon Web Servicesと共同でOperatorHub.ioをローンチした。OperatorHub.ioは,Kubernetes Operatorsが支援するサービスを見つけるための公開レジストリとしてデザインされている。

  • Rancher Labs,Kubernetesクラスタ間のネットワークを可能にするSubmarinerをリリース

    Rancher Labsは、Kubernetesクラス��間のネットワーク接続を可能にするオープンソースプロジェクトのSubmarinerを新たにリリースした。このプロジェクトは,Kubernetesクラスタ個々のオーバーレイネットワークを接続して,"マルチクラスタ"を形成するものだ。これにより,クラスタ間の通信や,アプリケーションと分散データストア間の同期が簡単にできるようになる。

  • Spring Boot 2.2が最初のマイルストンリリースに到達,パフォーマンスとメモリ効率が向上

    Spring Bootチームは先日、Spring Boot 2.2の最初のマイルストーンリリースとなるv2.2.0 M1をリリースした。パフォーマンスやメモリに関する改善の他、Kubernetesの検出、サードパーティのライブラリ更新などが行われている。さらに今回のリリースでは,140を超える問題が解決されている。また,今回のリリースから。JMXがデフォルトで無効になった。

  • RSocketとその通信モデル - QCon LondonでのRobert Roeser氏の講演より

    RSocketは、単一のネットワークコネクションの上で多重化されたメッセージのストリームとして通信をモデル化した,非同期ネットワーク通信プロトコルである。QCon London 2019で行ったプレゼンテーションの中で,Robert Roeser氏は,RSocketを開発した理由と,そこで使用されている通信モデルについて説明した。同じプレゼンテーションでは,Ondrej Lehecka氏が2つのユースケースを説明し,Andy Shi氏はRSocketを使用したデモを実施している。

  • セキュリティをもっとインテリジェントに,MicrosoftがAzure Sentinelをリリース

    先日のブログ記事でMicrosoftは,インテリジェントなセキュリティ製品にこれまで以上の投資を行う同社の方針を,Azure Sentinelというセキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)プロダクトの形で発表した。SIEMはセキュリティの専門家が,サーバやファイアウォール、ルータ、スイッチなど,さまざまなシステムを対象として,ログからセキュリティイベントを集約することのできるデータストアとして使用するものだ。

  • アジャイルの世界にAIを適用する

    人工知能(AI)システムとアジャイルの世界の融合は,我々が構築するソフトウェアの開発方法やプロダクトのあり方に破壊的な影響力を持つ,とAidan Casey氏は言う。マシンラーニングとディープラーニングの組み合わせにより,真に人のように学習するアプリケーションの開発が可能になった。一方で,AIシステムの能力はトレーニングに使用したデータセットによって制限されるため,AIバイアスは非常に深刻な問題である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。