BT

アジャイルは個人に対する金銭的報酬を制限するか?

| 作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2011年1月1日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2010/12/22)へのリンク

Tom Reynolds氏は、スクラムに移行するのに人々の気が進まないことを聞いたという興味深いコメントを述べた。ここで引用された理由は、スクラムが個人ではなくチームを非常に重視して、金銭的報酬に直接影響を与えることだ。

Tom氏は、金銭的報酬の決定は、スクラムでは非常に難しいことに同意しているようだ。Tom氏によると、報酬が個人のパフォーマンスに基づいていると、ヒーローになろうとする考え方につながり、人々はチームを手伝うことよりも、自分自身の作業により多くの関心を払うだろう。一方で、チームのパフォーマンスに基づいて金銭的報酬がチームに配分される場合、プラス面を見れば、作業の分担と情報の共有が進み、人々はお互いに支援して助け合おうとするだろう。このことは、弱いチームメンバを隠すことにもつながるだろうか? Tom氏によると、これは当てはまらない。

これは、実際のところ、弱いチームメンバをより素早く引き出すので、勝敗を握りつつ、チームが成功するために自分たちでできる最高の方法で、チームに価値を追加する必要があり、むしろ、より高いパフォーマンスのチームを生み出すことになります。

Tom氏は、チームに報酬を与えることは簡単に聞こえるかもしれないが、そうではないことを認めた。そして、チームと個人の報酬の組み合わせを提案した。

私たちは、個人ではなくチームによって報酬を得ることがあるでしょうか? 私は知りませんが、たぶん、これにはすでにチームのボーナスという形をとっています。そして、たぶん、個人の報酬を置き換えるのではなく、個人の報酬と共存する必要があります。おそらく、チームを認識して、報酬を与える幸せな媒体を見つける必要があります。そうすれば、チーム作業が傑出したものとなり、チームの損害にはならず、ヒーロー的な行動を勧めるものでない限り、個人的な美点を認識して報酬を与えることができます。

エクストリームプログラミンググループにおいて、Eliga Repoleved氏は、上記で述べたシナリオとかなり近い、実際の状況に出会った。Eliga氏はスクラムチームで昇給を求めるもっとも良い方法について疑問があり、次のように述べた。

私は、最近、上級ソフトウェアエンジニアから、指揮をとる立場に昇進しました。しかし、昇給はありませんでした。ほとんどのアジャイルプラクティスで、チームが高いレベルに達するようにうまく手助けしたにも関わらずです。[...] 私が昇給を得られるように、マネージャを説得する良い方法はありませんか?

Dave Rooney氏によると、Eliga氏は役に立つプラクティスの導入を手助けしたけれども、チームはそれらのプラクティスを使うことを拒否したのかもしれなかった。このため、金銭的報酬がある場合は、チーム内で均等に配分されるべきなのだ。Rooney氏は、チームがその支払いを決められる民主的な選択肢も提案した。

Tim Ottinger氏は、アジャイルチームが学び、成長し、もっと価値あるものになる理由を求めていると述べた。Ottinger氏が提案するのは、個人として、またはチームのメンバとして報酬を与えられたかどうかに関わらず、その人が十分に活躍していれば、アジャイルチームの中でその人自身の価値が高まることだ。

D.André Dhondt氏は、自分が適正な給与範囲にいるのかどうかを知るために、市場調査をするべきだと述べた。

昇給を求めることは、慎重に扱うべきです。特にチーム環境では。しかし、おおよそふさわしい給与をもらっていない場合は、公平に扱われていないと感じるでしょう。このことを改善しましょう。そうしなければ、チームにとっても良くありません。

Ilja Preuß氏が懸念したのは、チームパフォーマンスで支払いを決めることは、個人のパフォーマンスで決めるよりも、ずっといいけれども、これにより、会社内のチーム同士でお互いに競い合う状況につながるかもしれないことだ。Ilja氏は以下のように述べた。

個人のパフォーマンスよりも、チームのパフォーマンスを強調することはよいと思います。私が言いたいのは、*会社*のパフォーマンスがもっと重要であり、そのため、それが、おそらく給与を決定する主要要因になるべきだということです。

このように、個人に金銭的報酬を与える「1つの正しい方法」はないと言えるだろう。これは繊細な問題であり、同様の方法で扱われる必要がある。Tom氏は以下のように述べた。,

それでも、個人は自分の仕事に対して支払ってほしいでしょう。一般的にいえば、次のような考え方で条件付けられています。自分が優れていて良い仕事をしたら、給与は増え、それほど良いと認められていない人よりも多くなるはずです。そのため、人々は明らかにチームに動機付けられた環境になって、それが個人的にどのように査定に影響するかということに恐れを抱くでしょう。これが私の聞いたコメントであり、何かしら対応が必要でしょう。

あなたの会社では、どのようにこの問題に対応するだろうか?

関連する投稿を読もう。“アジャイルチームでボーナスを分けるのはダイナマイトで遊ぶようなもの

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT