BT

TIBCO GIを使ってStruts2アプリケーションをAjaxに対応させる

| 作者: Rob Thornton フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 白石 俊平 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年8月31日. 推定読書時間: 1 分 |

Brian Walshは新しい記事 の中で、Struts2のCRUDアプリケーションをTIBCO General Interfaceを用いたRIAに変換する方法について述べている。WalshはStruts2のサンプルアプリケーションを、TIBCO GIのコンポーネントをいくつか使用するように変更してみせている。

TIBCO General Interfaceは2006年10月にオープンソースとしてリリース された、Ajaxアプリケーションを作るためのツールキットである。WalshはTIBCO GIとStruts2の概要について触れた後、Struts2によるCRUDアプリケーションについて掘り下げて見ている。彼はStrutsアクションに対応したXMLサービスを一つ作るところから始める。そのサービスはTIBCO GIの共通データ形式(Common Data Format: CDF)と相互に値を変換する。WalshはCDFをどう使用するかについてこう述べている。

まずここでは、CDFを返すXMLサービスをStruts2内に作成します。サービスがCDFでない何かを返した場合は、GIのXMLマッピングユーティリティが、非CDFとCDFの間のクライアントサイドにおける変換を行うためのビジュアルなツールを提供してくれています。この方法を使えば、既存のXML やSOAP、その他のHTTPサービスとともにGIを使用することができます。

Walsh は続いて、Ajaxによる編集可能なデータグリッドとそれを使用するためのマッピングルールについて述べている。最後に、TIBCO GIでJavascriptログを出力するにはどうしたら良いかについて述べたのち、変更がデプロイの構成にどう影響を与えたかについて述べている。

(原文は2007年4月4日にリリースされた記事です)

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT