BT

JetBrains IntelliJ IDEA 7 M2 追加 Groovy/Grailsサポート、依存解析

| 作者: Scott Delap フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年8月27日. 推定読書時間: 2 分 |

 JetBrainsにおいて、複数の強化および新機能を含むIntelliJ IDEA 7の2番目のマイルストーンをリリースした。それらの中に、Dependency Structure Matrix技術を使用しているプロジェクトクラスの依存を分析するための新しいツールがある。これは開発者にトップ・レベルの潜在的な問題を発見させ、次に、個人詳細にドリルダウンさせる。

さらに、M2は、以下の完全なGroovy および Grailsサポートを含んでいる。

  • メソッド、フィールド、クラスおよびキーワードのための文脈依存、type inference-aware完了コード
  • GroovyおよびJavaクラス、メソッドおよびフィールド間のクロス解像度
  • ストラクチャ表示、クラスおよび使用検索によるSmart codeナビゲーション・アシスタンス
  • 構文エラーハイライト
  • Groovy-aware リファクタリングおよびインポートによる最適化
  • 専用 Grails SDK構成
  • コントローラ、ビュー、ドメイン・クラス、ジョブ、スクリプト、サービスおよびtaglibsのための組み込みGrailsジェネレータ

Grails 作成者の Graeme Rocher氏はGroovy/Grailsサポートについて以下のコメントをした:

 私はそれ(JetGroovyプラグイン)が一般公開されるのが待ち遠しい。あなたが若くて、セッティングに費やすための時間とエネルギーがあれば、ドライバー問題(読取プラグイン)に対処して、異なったドライバー(読取プラグイン)の間で再三ものをインストールし、非互換性に対処して、あなたはPCに問題ない(読取Eclipse)。このフェーズを通過し、プラットホームで思うように物事を成し遂げたいとき、Mac (読取 IntelliJ IDEA)のようにプラットフォームを選択する。ボックスは作動し、全てはうまく組み込まれる。それにはGroovyプラグインを含む。

プレスリリースより、他の機能は以下の通り。

  • Spring および Hibernateの統合
  • Spring および Hibernateの統合
  • より柔軟なプロジェクト設定
  • 新しいリファクタリング、Mavenサポート、優れた性能
  • 改善された変更リスト管理と、ClearCase UCMおよびPerforceオフライン・モードを備えたより柔軟なバージョン管理オペレーション

新しいGroovy、SprinおよびHibernate機能のScreencastsは、Jetbrainsウェブサイトで利用可能である。また、利用可能であれば、JetBrainsは、年内にIntelliJ IDEA6を購入する全てのユーザにIntelliJ7へ無料アップグレードを行なうと発表した。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT