BT

InfoQ ホームページ ニュース Event Serverを使用したJavaにおけるコンプレックスイベントプロセスアプリケーションの構築

Event Serverを使用したJavaにおけるコンプレックスイベントプロセスアプリケーションの構築

ブックマーク
コンプレックスイベントプロセッシングとは従来のイベント駆動型アーキテクチャの拡張版である。ウィキぺディアは次のように説明している。”CEPは イベントのコンプレックスパターン、イベント相互関係、イベント抽出、イベント階級、また因果関係、メンバーシップ、タイミング、イベント駆動型プロセス等のイベント間関係の発見機能を採用している。"

BEAは最近新たなWebLogicEvent Serverに基づいたコンプレックスイベントプロセスアプリケーション構築のチュートリアル”イベント駆動型SOAリアルタイムJavaコンテナー”を公表した。 このチュートリアルは読者達が”リアルタイムイベント駆動型アーキテクチャのデザイン規則に対する理解”を深めるために作られておりまたOSGiSpring Frameworkがアプリケーション設定を支えることに関して説明している。
 Web Event Serverにサポートされているイベント駆動型プログラミングパラディムはSpring基盤の宣言型アッセンブリと設定のために備わっている。
CEP基盤のアプリケーションにおいてルールは外部から発生するイベントストリームにフィルターをかけ関連させるために使用されている。BEAは独自のEvent Processing Language(EPL)を開発した。
EPLは外来データからイベントを抽出するクエリの実装を可能にし、またビジネスロジックを起動する強力な言語である。EPLがすごいのはアプリケーションのプログラム観点外で定義されていることにより開発者の生産性を上げ、柔軟性を増加させることだ。 実際のところリアルタイムで状況や状態に対応するためのソリューションを可能にするため関連したアプリケーションをリコンパイル、バンドル、リパブリッシュする必要なしに大幅にクエリを変更することができるのだ。
WebLogicEvent ServerはBEAのmsA(マイクロサービスアーキテクチャ)の使用を考慮してリアルタイム要求で作られた。

BEAはWebLogic Event Serverアプリケーションを構築するためのEclipseプラグインを提供し、またHelloWorldサンプルを用いることによって開始するのを簡単にしている。例の中でシンプルなアプリケーションに必要なファイル全てはJavaソースとEPN(Spring設定)ファイルとEPL定義を含んで供給される。 JavaソースファイルはWebLogic EventSink インターフェースを実装することによってイベントプロセッサーを生み出したイベントに従うHalloWorldBeanを含んでいる。HelloWorldAdapterはイベントを作成するのに使われ、またActiveAdapterフレームワーククラスを拡張する。

このチュートリアルはIED機能に関して次のような主張を論じている。”この機能は開発者達がダイナミックな創造物と新たなWebLogic Event Serverアプリケーションのデプロイメント(パブリッシング)を簡潔にすることを可能にしているのだ。”

Event ServerとWebLogic Rea Time製品に関する詳細はここを参照されたい。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。