BT

LiquiBaseがDiff、Eclipseプラグイン、また更なるデータベースのサポートを搭載

| 作者: Geoffrey Wiseman フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年9月28日. 推定読書時間: 2 分 |

データベースリファクタリング、移行ツールであるLiquiBaseに とって今年は多忙な一年となりそうだ。テストコンテキスト(サイト・英語)、30のリファクタリング、4つの共通リレーショナルデータベース、分散開発、自動ロールバッ クのサポートと共に行われた6月の1.0バージョンリリースの勢いに乗り、新たに二つのマイナーリリースとポイントリリースが発表された。

  • DB2、Derby、Sybase、HSQL、H2、InterSystemsCache、サポートされていないデータ-ベースに対するサポート
  • 周知のスキーマとマイグレーションの生成に対するデータベース比較用のデータベースdiffツール(サイト・英語)
  • チェンジログのステータスを立証、またチェックする新たなコマンド
  • データベースリファクタリングのサポートをEclipseに追加するためのEclipseプラグイン(サイト・英語)

Eclipseプラグインは、データベースの変化を生成、適用しながらEclipseが作動中であることを示すコンパニオンスクリーンキャスト、デモ(source)を備えている。

更に、LiquiBaseブログ(source)には下記のようなことも記載されていた。

  • 進化的データベースデザイン
  • しかしながら今日では頂点にたどり着く道のりとして強固なツールと技術のベースを構築する必要がある。リファクタリング管理用のLiquiBaseとユニットテスト用のDBUnitの形で必要なツールが始まりとなるのだが、リファクタリングのIDEサポート、最良の実践方法、データベーステストのパターンカタログを含みまだまだ不十分な部分がたくさんあるのだ。
  • Rails Active Migrationsの問題
  • 基本的な問題はRailsがシングルインクリメント整数として”データベースバージョン”を記録することである。それはただ一人のデベロッパがただ一つの ブランチにマイグレーションを付け加えている場合には問題ないのだ。しかしながら複数のデベロッパ、ブランチに追加する場合には”データベースバージョン”の生産性はマイグレーションで新たに合体したものよりも高いため、重複されたバージョンナンバーと失われたマイグレーションの問題に直面するだろう。
  • 崩壊しないデータベーステストの構築とデータベースアクセスレイヤーのユニットテスト
  • データの定義がスキーマと不同期になる問題を防ぐためにあなたのデータベースと共にテストデータを構築する必要がある。そうすればそれはそれが最初に生成された後に作られたデータベースリファクタリングに修正されるのだ。

LiquiBaseとJavaプロジェクト用のそのほかのデータベースツールに関する更なる情報は、今後もInfoQが流し続ける。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/09/liquibase-diff-plugin-more-dbs

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT